Stop Asian Hate

スポンサーディスプレイ広告のガイドラインおよび承認ポリシー

目次

1.概要
2.広告フォーマットと機能

1.概要

このセクションのポリシーは、スポンサーディスプレイ広告および商品ディスプレイ広告に適用されます。広告主には、広告および広告が表示される場所に適用されるすべての適用法、規則、規制に準拠する責任があります。これには、広告主がAmazonで広告を掲載する、または広告に含める商品の販売、流通、または広告に関して、地域の規制当局から必要な承認または許可を得ることが含まれます。

加えて、広告主はAmazonで実施する広告キャンペーンに関するAmazonの広告ポリシーに準拠する必要があります。広告がAmazonの広告ポリシーに準拠していない場合、ポリシーに抵触している箇所が修正されるまでキャンペーンが承認されない可能性があります。このセクションの広告ポリシーで、スポンサーディスプレイ広告、商品ディスプレイ広告での広告表現に関する制限と、この広告タイプにおいて掲載対象または掲載対象外となる商品について確認してください。

本ポリシーは、Amazon Advertisingガイドラインおよび承認ポリシーを補足するものです。Amazon Advertisingガイドラインおよび承認ポリシー、および商品固有のポリシーの両方が広告キャンペーンに適用されます。

スポンサーディスプレイ広告は現在、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、インド、日本でご利用いただけます。Amazon内でのスポンサーディスプレイ広告の詳細については、スポンサーディスプレイ広告をご覧ください。

2.広告フォーマットと機能

広告フォーマットが以下のガイドラインに準拠していることを確認してください。

  • 画像は読みやすく、高解像度でなければなりません。
  • クリエイティブ要素を優先するあまり、広告テンプレートの読みやすさが妨げられることがあってはなりません。
  • アニメーション広告は禁止されています。すべての広告は静的な広告である必要があります。
  • スポンサーディスプレイ広告のクリエイティブサイズには、300x250、414x125、および320x50(モバイルウェブとモバイルアプリの場合)、および320x50、300x250、160x600、300x600、650x130、728x90、970x250、980x55(デスクトップの場合)が含まれます。
  • 商品ディスプレイ広告は、728x90、300x250、160x600、245x135または900x45のフォーマットでなければなりません。

3.コンテンツ要件

以下のコンテンツ要件は、見出しテキスト、ブランドロゴ、画像、ASINの表示画像など、広告のすべての要素に適用されます。

3.1 一般要件

広告は次の条件を満たしている必要があります。

  • 一般のオーディエンス向けに適切なものであること。
  • ランディングページの内容を正確に反映していること。
  • 広告が表示されるAmazonサイトの主要言語が使われていること。
  • 広告に興味を持ったり商品の購入を決定したりする前に、お客さまが正しい情報を受け取ることができるように、明確かつ正確にします。
  • 広告主様が所有している、または再販または配布が許可されている商品のみを宣伝すること。

3.2 禁止されているコンテンツ

広告要素で禁止されているコンテンツ
  • Amazonの商標または商品、あるいはAmazonの商品またはサービスへの言及。
    • 「Alexaで使用可能」などの互換性を紹介することを目的としたAmazonの商品への正確な参照は許可されます。ただし、主要商品が画像や動画内で目立つように、見出しまたは画像の最初に配置され、Amazonの商品が正しく参照されている場合に限ります。
  • 銃器に囲まれている、爆発物の近くにいる、飲酒または薬物を摂取しているなど、子供が大人向けの状況や違法行為の発生する状況に置かれており、危険にさらされている場面。
  • 選挙運動、選挙、または公開討論の政治問題に関連したコンテンツ、または特定の政治家や政党に対する支持・不支持を表明したり、政治家個人を攻撃したりするコンテンツ。
  • Eメールまたはウェブアドレス、電話番号の一部または全部、ハッシュタグ、ソーシャルメディアのアドレス、QRコードなどの連絡先情報。
  • 破壊行為、反社会的行動、または公共財産/私有財産の損傷を奨励もしくは助長するコンテンツ。
  • 広告が表示される地域で、文化的に不適切とされる可能性のあるコンテンツ。
  • 人種、肌の色、国籍、宗教、障がい、性別、性的指向、年齢、またはその他のカテゴリーに基づき、憎悪を助長する内容、暴力または不寛容を煽り立てる内容、あるいは保護の対象となるグループを支持または差別するコンテンツ。
  • 「あなた/あなたの」の使用など、お客さまに質問をしたり、直接話しかけたりするコンテンツ(例:「あなたがxxxをお探しなら、こちらをお試しください」、「望むような減量の成果が得られませんか?」など)。
  • 喫煙、違法薬物の使用や合法薬物の乱用、薬物用具、または薬物検査をごまかすための商品の使用を促進または美化しているコンテンツ。危機感をあおる言葉(「数に限りがありますのでお急ぎください」など)。
  • 人や動物に肉体的または精神的な害をもたらす可能性がある行為を促進するコンテンツ。
  • 私的、個人的、または配慮を要する身体的や医学的状態、人によっては不快感をもたらす身体機能または状態に言及するコンテンツ。
  • 物議を醸す、または頻繁に論じられている社会的なトピックを題材とするコンテンツ。
  • 人間や動物に対する残酷な行為。
  • ごまかし、虚偽、または誤解を招く内容。
  • 配慮を要する出来事(自然災害、人的災害、多くの人にトラウマを与えたり多大な犠牲者を出したりした事件、公的人物の死去など)の悪用。
  • 「再生」ボタンやログイン要求などのフェイク機能。
  • 不快、下品、わいせつ、または冒とくを含む表現(婉曲的な言い回しや排泄物への言及、示唆する表現、不適切な二重の意味を含む)。
  • 危機感をあおるプレッシャーとなる言葉(「数に限りがありますのでお急ぎください」など)。
  • 商品を宣伝するために、他のブランドや商品を過小評価、比較、または利用する仕方で、他の社名や商品に言及するもの(「[他の商品] より高品質」など)。
    • 見出しで他の商品との互換性を伝えている場合、見出しの後半にもそのブランド名または商品名を含めて「互換性あり」などの条件を明示する必要があります。
  • 宗教を支持する、または宗教を非難するもの。
  • 配送または配信に関する主張。
地域固有の要件
  • フランスおよびドイツ: サイエントロジーに関連するコンテンツは禁止されています。

3.2.1禁止画像

画像のガイドライン

上記の要件に加えて、広告内の画像には以下の禁止コンテンツガイドラインが適用されます。

  • 次のような武器の画像(現実的または非現実的な銃器、剣、弓、矢など):
    • 暴力的または脅迫的な方法で表現されている(他のキャラクターを傷つけるなど)。
    • 残忍な方法で表現されている(血で覆われているなど)。
    • キャラクターに狙いを定めている。
    • お客さまに向けられている。
    • 未成年者が所持している、または未成年者に関連付けられている。
    • 発砲しているシーン(たとえば、銃から発射されている弾丸、銃身の周りの煙や燃え殻)。
    • これらの商品における固有の制限については、以下の「スポーツ&アウトドア商品」のセクションを参照してください。
  • 写実的または過度な暴力、残虐行為、恐怖画像、血の生々しい描写、開いた傷口または縫合された傷口、拷問シーン、身体の切断。
  • 性器、女性の乳房、臀部などの陰部の表示。
    • 広告では、控えめに行われ、宣伝する商品またはサービスに関連が高い場合、ある程度露出した服装(モデルが陰部を隠した状態で、または陰部の輪郭やしぐさを示さずに素肌を露出する)を掲載できます。たとえば、ビキニの宣伝では、ビキニ姿の女性の画像を使用できます。ただし、ビキニ姿の女性は自動車とは関連性がないため、同じ画像を自動車の宣伝には使用できません。
  • 性的なコンテンツ:
    • 開脚、髪の毛をつかむ行為、臀部の強調などの性的に挑発的なポーズや性的ニュアンスを示す顔の表情。
    • 性的な方法で、胸や臀部などの局部に過度の注目を引く画像。
    • 未成年者の性的状況の描写。
    • ブラジャーのストラップや下着を下ろすなど、挑発的な脱衣の画像。
    • ストッキング、サスペンダー、鞭や鎖のような道具など、セクシーなランジェリーを着用または使用したモデル。
    • 挑発的な抱擁または挑発的な設定(シャワーやベッドなど)での抱擁。
    • テキスト、画像、動画での性的なほのめかしの表現。

3.3 ASIN画像

商品画像は、Amazonのポリシーに準拠している必要があります。

広告には必ずブランドロゴを含め、お客さまが広告主を識別できるようにします。ブランドロゴはさまざまな広告フォーマットで使用される場合があるため、以下のガイドラインを満たす必要があります。

ロゴは、宣伝するブランドロゴを使用する法的権利を有していない限り、宣伝するブランドのロゴではなく、広告主のブランドの登録ロゴでなければなりません。ブランドロゴは以下の要件を満たす必要があります。

  • 画像全体を占めているか、白または透明の背景を使用している。
  • 宣伝するブランドまたは商品を正確に反映している。

ブランドロゴは、複雑なグラフィックを背景として掲載することは許可されておらず、見た目が魅力的である必要があります。ロゴでは、以下のことが禁止されています。

  • 商品画像、ASIN画像(トリミングしたバージョンを含む)、ライフスタイル画像またはその組み合わせ。
  • 見出しの延長として使用されている、または追加のテキストが含まれる。
  • ロゴを組み合わせたもの。
  • 込み入って雑然とした要素が含まれる。

エンターテインメントや本の広告主の場合も、以下の画像が商品パッケージ、商品詳細ページ、著者ページに掲載されていれば使用できます。

  • 著者、俳優、関連人物の画像。
  • 広告対象商品と同義のアイコン。
  • 書籍、映画、TVシリーズの広告でも、クリエイティブシリーズのタイトルを使用できます。

3.5 広告コピー

3.5.1 編集スタイルガイド

広告はプロフェッショナルである必要があります。以下のガイドラインは、画像に表示されるテキストを含め、すべての広告コピーに適用されます。

  • 適切な文法、スペル、句読点、書式を使用してください。
  • 疑問符や感嘆符の繰り返し(「!!!」)など、不適切な句読点、または省略記号の過度の使用は禁止されています(通常許可されるのは見出しごとに2個以下)。
  • アルファベットを使用する場合、大文字のランダムな使用や、すべての単語の頭文字を大文字にすること、大文字と小文字を不自然に組み合わせて使用すること(例:「MIXED case」)、すべて大文字・小文字での表記は禁止されています。ただし、大文字の一般的な略語(DIYなど)や、大文字で登録された商標は使用できます。
  • 特殊文字を文字の代わりに使用すること(例:「汚れが嫌ですか?」を「汚れが18ですか?」とする表現)、または単語内/周囲で特殊文字を使用すること(例:「B.E.S.T.E.V.E.R」)、または単語を短縮すること(w/outなど)は許可されていません。
    • 特殊文字は、ブランドまたはスローガンの一部、単語やフレーズの典型的な用法(AC/DCやAM/PMなど)、または通常の用法に従って使用される場合(たとえば、米ドルを表す「$」、数字を表す「#」など)に限り許可されます。
    • 絵文字やアスキーアートは禁止されています。
  • 見出しは、広告対象商品と関連性の高いものでなければなりません。
    • 広告で高品質のクリエイティブバーを維持するために、見出しをセンテンスケース(文頭のみ大文字)にすることをお勧めします。文章の最初の単語、固有名詞、または商標(公式ブランド名、商品モデル、またはスローガンを含め)のみを大文字にします。

3.5.2 CTA(コールトゥアクション)

追加のCTA(コールトゥアクション)ボタンやテキストは広告では許可されていません。スポンサーディスプレイ広告のクリエイティブは、デフォルトでこれらの要素を動的に組み込みます。

3.6 主張と証拠

広告で行う主張は真実かつ正確でなければなりません。広告の主張には裏付けとなる証拠が必要です。広告の見出しで何らかの主張をする場合、その主張と商品詳細ページに矛盾がないようにします。

表彰、賞賛または研究について主張する場合、18か月より前のデータは使用できません。

証拠

以下の主張を商品詳細ページ、広告の見出し、または商品のパッケージに記載する場合は、証拠が必要です。

  • 表彰および受賞: 受賞した日付や賞を付与した団体名などの詳細情報による裏付けが必要です。
  • 比較: 独立した参照元を引用してあり、過去18か月以内の日付を持つもの(たとえば、「Americas best hat、Hat Makers magazine、2019年」など)。競合他社ブランドと直接比較することはできません。
  • 成分に関する主張: 商品の成分に関する主張(「有機原材料」、「グルテンフリー」、「ナッツ類不使用」など)。
  • 数値化されたパフォーマンス: 客観的な測定調査が行われたことを顧客に示唆する主張。たとえば、「シワを99%減らす」、「歯の白さが3レベルもアップ」、「このカテゴリーで最高の保湿クリーム」など。
  • 調査結果: 消費者アンケートの結果に関する主張は、主観的な意見を収集した調査だとしても実証が必要です。たとえば、「33%の人がXXXを高評価」と記載する場合、引用した調査の出典と日付を明記する必要があります(「*US Surveys Ltd、2019年1月」など)。

以下のような主張の場合、追加の証拠は必要ではありません。

  • 梱包に関する主張: 商品パッケージに明確に表示される主張。
  • 商品説明: 比較を含まない客観的な商品説明(「Bluetoothと互換」など)。
  • 主観的な主張: 主観的な意見に関する主張(たとえば「あなたもXXXが気に入るはずです」、「最も効果的な保湿クリーム」など)。
  • 主観的なパフォーマンスの主張: 客観的に証明できない主張(「このシャワージェルで気持ちをリフレッシュ」など)。
保証表現

商品詳細ページには、適用される制限を含め、保証が明確に記載されている必要があります。

保証の責任を負う当事者は、商品詳細ページまたは広告見出し上に記載している必要があります。

3.7 プロモーションメッセージとホリデーメッセージ

プロモーションメッセージの使用は、以下の要件に準拠している必要があります。

  • 「最高にお得」や「超大幅な割引」など、最上級の表現の使用は禁止されています。
  • 広告キャンペーンの開始日と終了日は、オファーの期間または割引期間を反映した日付にする必要があります。オファーや割引が適用されない日に広告が掲載されないようにします。
  • キャンペーンはプロモーションの最終日に終了するようにスケジュールする必要があります。
  • 特定の休日や季節性のあるイベント(ハロウィーン、バレンタインデー、クリスマスなど)のキャンペーンの日付は、イベントまでの適切な期間内に開始する必要があり、イベントの日付から24時間以内(またはイベントによっては適切な時間内)に終了する必要があります。
  • オファーまたは割引期間が終了した後にキャンペーンを延長する場合は、適用されなくなったプロモーションメッセージを削除して広告コピーを変更する必要があります。
  • 特定の割引価格への言及は禁止されています。これには、「{商品}が50%オフ」、「{商品}が20ドル引き」といった割引情報、オファーまたはセールが含まれます。
  • 商品詳細ページに表示され、キャンペーンの期間中有効である場合、以下のタイプのプロモーションメッセージ(その類似のバリエーションを含む)は許可されます。
    • [商品] の割引。
    • [商品] のディスカウント。
    • 今だけお得。
    • [商品] の大幅値下げ。
    • [商品] の大幅割引。
    • [商品] のまとめ買いセール。
    • [商品] の購入で [追加の無料商品] をプレゼント。
  • 「セール」に言及するキャンペーンでは、キャンペーン期間中にすべての広告対象商品で、Amazonのセール(本日の特選商品など)が実施中の商品のみを表示する必要があります。
  • その他の値引きキャンペーンでは、キャンペーン期間中に広告対象商品で有効な割引が必要となります。
地域固有の要件

日本: 日本では、プロモーションメッセージは禁止されています。

4商品の適合性

このセクションでは、広告の対象外となる商品、および広告の対象となる商品のプロモーションの形式や方法に適用される制限について記載しています。

4.1 一般要件

広告主様は、自分が所有している商品、または合法的に再販売または配布可能な商品のみを宣伝することができます。

広告は真実かつ正確でなければなりません。広告の作成時には、広告掲載商品が正確に説明されているかどうかを確認してください。

4.2 掲載禁止商品

以下の商品はすべての国で禁止されています。

許可された商品カテゴリーに適用される追加の要件については、以下のセクション4.3を参照してください。Amazonトップページ固有の商品の適合性については、Amazon全体のクリエイティブ承認ポリシーページを参照してください。

  • アダルト商品(ポルノや他の性描写を含む商品など)、性的行為を高めると主張する商品、その他の「成人向け」の性的商品やサービス。
  • エアゾール塗料。
  • アルコール、アルコール商品、および飲酒時の回復および二日酔いの治療を目的とした商品。
  • 自然の身体的特性を永久かつ物理的に変えると主張する美容商品とパーソナルケア商品。
  • コンペや懸賞。
  • 薬物検査キット。
  • 病気診断キットや健康診断キット。
  • デジタルおよびコンピューターハッキングサービスと商品。
  • エッチングクリーム、その他の苛性のクリーム、ゲル、液体、または溶液。
  • 偽造書類サービス。
  • 代謝を高めたり、性欲を増強したり、食欲を抑えたり、他の自然な身体機能を高めたりすると主張する、脂肪燃焼サプリメントやそれに類する商品。
  • エフェドリンアルカロイド、サルビアジビノラムまたはサルビノリンAを含む食品およびサプリメント。
  • 性別予測検査キット。
  • 一攫千金的な商品。
  • グラフィティ関連の塗料、マーカー、クリーム、ノズル、リフィル、ハウツー動画およびその他のコンテンツ。
  • 違法薬物およびレクリエーショナルドラッグ、薬物関連商品、薬物検査装置、または薬物検査をごまかすための商品。
  • 違法または取り扱いが難しい医薬品、健康商品または美容商品およびサービス。
  • 医療従事者向けに販売する医療機器。
  • 亜酸化窒素キャニスターと充電器。
  • 麻に由来する、麻を含有する油、サプリメント、摂取物(たとえば、麻ベースの栄養補助食品、ビタミンサプリメント、ヘンプオイル、ヘンプタンパク質)、カンナビジオール(CBD)、THCなど、大麻に関連する商品。
  • 出生前の性別予測および同様の検査商品。
  • 処方薬と器具。
  • 本質的に個人的、配慮を擁する、またはデリケートな商品。
  • 病気や依存症の診断、治療、緩和、手当て、あるいは予防を行うと主張する商品。
  • プライバシー侵害の用途で作られた商品(スパイカメラなど)、または法執行を回避するために作られた商品(警察無線スキャナなど)。
  • 疑わしい、または潜在的に危険な活動に使用される可能性がある花火などの商品。
  • ギャンブルサービスに関連した商品。
  • 知的財産権または個人の権利を侵害する、侵害を奨励する、または侵害を可能にする商品。
  • タトゥーとボディブランディング商品。
  • ニコチンを含む商品、巻きタバコ、電子タバコ、および類似商品(ニコチンを含まない同等物)を含む、タバコおよびその他の喫煙商品とアクセサリー。
  • UV日焼けサービスおよび器具。
  • 武器には以下が含まれます(詳細なリストについては、爆薬、武器、関連商品を参照してください)。
    • エアソフト武器および弾薬。
    • 弾薬または再装填された弾薬、貯蔵容器や金庫などの弾薬補完商品。
    • 対人殺傷用武器のパーツまたはアクセサリー、あるいは対人殺傷用武器のパーツまたはアクセサリーとして販売される商品(さまざまな対人殺傷用武器モデルへの言及を含む)。
    • BB銃およびBB弾。
    • 弓と矢、矢の先端、クロスボウ、ぱちんこ、その他の飛び道具。
    • 破壊的で爆発的な性質を持つ装置(花火など)。
    • EDC、多機能、タクティカルペン。
    • 拳銃の安全性証明書。
    • レーザー、テレスコープ型および非テレスコープ型、固定式照準器。
    • ペイントボールガンおよびペイントボール弾。
    • 催涙スプレー。
    • ピストル、リボルバー、または黒火薬、銃の部品、銃のクリーニングキット、ホルスター、保管庫、ガンレスト、ガンレストバッグ、銃用スリングなど、あらゆる形式の銃器および銃器の付属品。
    • 現実的または実際の武器、武器部品、弾薬に似た商品、または弾薬を含む商品。
    • 狩猟用ステッキ。
    • タクティカルケース、バッグ、パラコード。
    • スタンガンやテーザーなど、法執行または軍事目的での利用のみを意図した武器またはその他の物品。

4.3 制限対象商品

以下の商品は広告に掲載することはできますが、広告は下記の制限に準拠している必要があります。

4.3.1 アルコール

商品の適合性
  • アルコール飲料(ビール、ワイン、スピリッツ)、ノンアルコール飲料(ビール、ワイン、スピリッツ)、アルコールブランドの商品やスポンサーシップ、飲酒時の回復および二日酔いの治療を目的とした商品、酒気検知器などの広告は禁止されています。「アルコールブランドの商品やスポンサーシップ」は、アルコール飲料、製造元、販売業者のマークがついた商品や、アルコールの製造業者や販売業者による広告キャンペーンを意味します。
  • アルコール以外の広告に掲載されているアルコールコンテンツ(アルコールを飲む俳優が主演する映画予告編など)は、以下のコンテンツ要件に準拠している必要があります。
コンテンツ要件

広告にアルコール飲料の画像が使用されているものの、アルコールそのものではない商品(たとえば、ワイン保管商品の広告や、飲酒する人物が描写されている書籍の表紙など)には、以下の要件が適用されます。

  • 広告には、次の場合にアルコールのコンテンツを掲載できます。 1)宣伝対象の商品と関連性があり、2)広告内の目立つ位置に主要商品が掲載されている。
  • 広告では、アルコール飲料の責任ある消費を促進する必要があります。広告は商品自体に重点を置くものでなければならず、その商品でのアルコール摂取が安全であることを示唆するものであってはなりません。
  • 広告では、以下のことが禁止されています。
    • 飲酒が自動車、運転、または機械の操作と関連付けられている。
    • 妊娠、出産または子育てと関連付けられている。
    • 未成年者向けの、または未成年者にアピールするような画像やコンテンツを含む。
    • アルコール飲料の節制を非難する。
    • 無責任に飲酒を奨励する。
    • 過度の飲酒を推奨する、飲酒による治療上またはその他の益(アルコールによってパフォーマンスが向上、成功に貢献、問題解決に役立つなど)を示唆する、または飲料のアルコール度数を際立たせる。
    • 25歳未満に見える成人を含む。
  • 商品ターゲティングは、宣伝対象の商品に直接関連している必要があります。
  • 地域固有の要件

    ドイツ、イタリア、スペイン: 広告の画像および動画やテキストをスポーツに関連付けることはできません。

    インド: アルコール飲料を紹介する広告は、ノンアルコール商品の広告を含めて禁止されています。

    4.3.2 芸術と産業用品

    Amazonでは、家庭、産業、自動車、アート関連での使用のみを目的として販売されている芸術・産業用品の広告を許可しています。

    上記の禁止コンテンツポリシーに基づき、広告は、公共財産/私有財産の損傷、破壊行為、反社会的行動を奨励もしくは助長するものであってはなりません。

    掲載禁止商品

    以下のような広告は禁止されています。

    • 苛性ソーダ入りクリーム、ゲル、液体または類似の溶液。
    • エッチングクリーム。
    • グラフィティ関連の塗料、マーカー、クリーム、ノズル、リフィル、ハウツー動画およびその他のコンテンツ。
    • スプレー塗料と詰め替え用品、エアゾール塗料、スプレー塗料やエアゾール塗料とセットで販売されているスプレーガン。

    4.3.3 ビューティーおよびパーソナルケア用品

    ビューティーおよびパーソナルケア商品の広告では、以下のことが禁止されています。

    • 正常な身体機能または状態を永久に変えることを主張する。
    • 使用前、使用後の画像を含めること。
    • 私的、性的、または配慮を要する身体の状態に直接言及する。
    • 病気、慢性の疾患、不快感、傷害、心理的な状態に関連する治療上または健康上の主張を行う。
    • 「あなた/あなたの」の語を使用するなどして、お客さまに質問したり、お客さまに直接話しかけたりすること(たとえば、「あなたの見た目が気になるなら、 これを試してみて」)など。

    広告やランディングページには、補足情報のない、または誇張した主張を使用したり、商品の有効性について非現実的な期待をさせたりしてはなりません。

    配慮が必要な商品や個人的な性質の商品は許可されていません。たとえば、膣洗浄器、局部の消臭剤、女性用衛生スプレーなどの肌に直接触れるパーソナルケア用品や、尿漏れ予防商品など。

    4.3.4 家庭用検査キット

    Amazonでは、家系および高度な健康関連の情報を提供するが、病気、健康状態、疾病を診断、治療、あるいはそれらのリスクを評価することを主張しない家庭用検査キットの広告を許可しています。広告が表示されるすべての地域で、適用される現地の規制に準拠した商品のみを宣伝できます。広告主は、必要に応じて、Amazonに広告を掲載する商品の販売、流通、宣伝に関して、規制当局から必要なすべての承認または許可を取得する責任を負います。

    遺伝性のがんや心臓病のリスクなどの詳細な健康結果を提供するサービス、血糖値測定キット、血圧モニター、尿検査キット、妊娠検査の広告は禁止されています。

    地域固有の要件

    フランス、インド、日本: すべての家庭用検査キット商品は禁止されています。

    4.3.5 乳児用粉ミルクおよびフォローアップミルク

    乳児用粉ミルクおよびフォローアップミルクの広告には、母乳育児に反対するメッセージや、母乳育児の代わりとなると主張するメッセージを含めることはできません。

    生後6か月未満の乳児の授乳または育児に関する画像やテキストを使用する広告は禁止されています(病院で生まれた出産直後の新生児の画像など)。

    • 乳児用粉ミルクの広告は禁止されています(生後6か月以下)。
    • カナダ、米国でのみ、年長の乳児(12か月以上)を対象としたフォローアップミルクの広告が許可されます。
    地域固有の要件

    •インド: 乳児用粉ミルクや哺乳瓶などの授乳用品の広告は禁止されています。

    4.3.6 ナイフ

    主な使用目的または販促方法が、戦闘または軍事的使用、自己防衛、または暴力行為を奨励するナイフは禁止されています。これには、ゾンビナイフ、戦闘ナイフ、アサルトナイフ、投げナイフ、ダガーナイフ、ブーツナイフ、スプリングアシストナイフ、短剣やファイティングナイフ、グラビティナイフ、銃剣、剣、自己防衛ナイフ、手裏剣が含まれます。

    家庭用ナイフ、包丁、カトラリーまたは銀製品、ポケットナイフやデイリーキャリーナイフなどの汎用ツール、キャンプなどの野外活動を主な用途とするナイフは許可されます。

    地域固有の要件

    中国、インド、日本、英国: キッチンナイフ、カトラリーまたはシルバーウェアの広告のみが許可されています。

    4.3.7 一般用医薬品およびサプリメント

    医療機器、一般用医薬品、サプリメント(ビタミン広告を含む)などの医薬品の広告に関しては、以下のことが禁止されています。

    • 「あなた/あなたの」の語を使用するなどして、お客さまに質問したり、お客さまに直接話しかけたりすること(たとえば、「あなたの見た目が気になるなら、 これを試してみて」)など。
    • 病気や依存症を診断、治療、緩和、手当てする、あるいは予防すると主張すること。
    • 非処方薬が処方薬と同じ効力を持つと主張すること。
    • 使用前、使用後の画像を含めること。
    • お客さまに対し、医療有資格者へ相談、受診しないように促すこと。
    • 商品の効能に関する非現実的または無関係の主張をすること。
    • 私的、性的、またはデリケートな医学的状態や、デリケートな身体的機能または状態に言及すること。

    ペット向けの薬物およびサプリメントは、明示する必要があります。

    地域固有の要件
    • 日本:
      • 一般用医薬品および非臨床医療機器の広告は禁止されています。
      • 医薬部外品およびトクホ商品の広告は許可されています。
      • 広告は、商品名および医薬部外品であることに言及する必要があります。
      • 同じ広告に異なる分類の医薬品を含めることはできません。
      • 広告では、主要機能のみで商品に言及する必要があり、有効性に関する主張を含めることはできません。

    4.3.8 減量商品と体重管理のための商品

    体重減少を支援することを主な目的とする商品は許可されていません。広告は、お客さまに直接話しかけたり、次のような非現実的または過剰な主張をしたりしてはなりません。

    • カロリー制御の食事や運動プログラムに従わずに商品を使用するだけで体重を減らすことができる。
    • すべての人に効果がある、または効果は永続的である。
    • 使用前、使用後の画像を使用すること。
    • 指定された期間に特定の量を減量できる。
    • 何をどのくらい食べても、大幅に減量できる。
    • お客さまが身体に商品を着用したり、皮膚に塗ったりして体重を減らす。
    • 商品は脂肪燃焼、代謝アップ、食欲抑制、または他の自然な身体機能の促進を可能にする。
    • 不健康な食事やネガティブな身体イメージあるいは自己認識を奨励するもの。

    4.3.9 スポーツおよびアウトドア用品

    以下に該当する、スポーツ&アウトドア用品の広告は許可されていません。

    • お客さまの健康と安全への配慮や責任を弱めようとする。
    • 暴力的または反社会的な行動を容認または推奨する。
    • お客さまに誤解を与える。たとえば、適切な注意や予防措置を講じないと安全でないと一般にみなされる商品を、安全な商品として提示するなど。
    画像のガイドライン

    スポーツ&アウトドア用品の広告に武器の画像が含まれている場合、その武器やアクセサリーの使用画像、イメージを表示することはできません。また、宣伝中の商品に無関係な商品や余分な商品は含めないでください。

    武器の付属品を宣伝する広告の画像は、次の条件を満たしている必要があります。

    • 武器そのものではなく、武器の付属品に焦点を当てます(たとえば、エアソフトグローブの広告では、エアソフトの武器を掲載することはできません)。
    • 使用中または使用が予想される武器の表示はできません。
    • 主要商品に無関係、または余分な商品やアクセサリーを含んでいない。

    画像と動画は、上記のコンテンツ要件に準拠している必要があります。

    商品の適合性

    以下のスポーツ用または屋外用武器アクセサリー製品は許可されます。

    • マスクや手袋などのエアソフトアクセサリー。
    • アローレスト、矢羽、弓弦。
    • 双眼鏡、単眼鏡、単眼鏡型暗視スコープ。
    • デコイ。
    • 懐中電灯。
    • 狩猟用カメラとトレイルカメラ。
    • 小型フィールドスコープ。
    • ペイントボールマスク、ヘッドギア、保護ゴーグル。
    • 距離測定器。
    • 標的。

    地域固有の要件

    インド: おもちゃの武器は本物に見えない限り許可されます。