広告、データ保護、およびプライバシー

Amazonは、長年にわたってプライバシーとデータセキュリティの改善に取り組んでいます。Amazonでは、広告のシステムとプロセスの継続的な見直しを行い、Amazonの高い基準およびすべての該当するデータ保護法の要件を満たすように努めています。これには、一般データ保護規則(GDPR)、およびプライバシーと電子コミュニケーションに関する規則(eプライバシー規則)が含まれます。Amazon Adsのサービスは、GDPR、eプライバシー規則、およびその他適用法の要件に準拠しています。Amazonの広告システムには以下の保護機能が含まれています。

  • プライバシー。 Amazonの広告サービスは、興味・関心に基づく広告を配信する際に、ユーザーのプライバシーを保護するように設計されており、匿名化された情報(ユーザーを直接特定しない情報)のみを使用します。Amazon Adsは、プライバシー通知および適用法に従い、サービスの提供に必要な期間を超えてデータを保持することはありません。
  • 通知。Amazonストアでは、興味・関心に基づく広告に関する情報を提供しています。これには、広告の表示に使用される情報の種類などが含まれます。
  • 選択。 ユーザーは、Amazon広告設定ページ、またはEuropean Interactive Digital Advertising AllianceのYourOnlineChoicesサイト(http://www.youronlinechoices.com/)にアクセスすることで、興味・関心に基づく広告表示の設定を解除できます。ユーザーは、Amazonストアにアクセスした際に広告クッキーへの同意を求められます。また、クッキーの設定ページにアクセスすることで、いつでもクッキーの設定を管理できます。Amazon Adsは、欧州IABの透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)に登録されているベンダーです。サードパーティパブリッシャーが現行のTCF v2.0に準拠している場合、ユーザーはWebサイトまたはモバイルアプリでAmazonから興味・関心に基づく広告を受信することに同意または拒否することができます。
  • アクセス。 Amazon Adsは、お客様が広告関連データにアクセスできるようにします。詳細については、プライバシー通知の「どのような設定変更ができますか?」セクションをご覧ください。
  • セキュリティとデータ管理。Amazon Adsのサービスには、データの収集、保管、転送、処理に対する、物理的、電子的、手続き上の保護措置があります。Amazonによる欧州経済領域外へのデータの転送は、欧州委員会によって発行された標準契約条項を含む、適用される法的要件に準拠して行われます。
  • サードパーティ。 興味・関心に基づく広告を配信する際にAmazonは、適用される法律に準拠する取り組みを実施しているパブリッシャー、広告主、代理店、広告ネットワーク、その他のサービスプロバイダーと提携しています。Aamzonで使用されるサードパーティの広告クッキーの詳細については、こちらをクリックしてください。