技術ガイドライン

  • すべてのコンテンツは、広告配信サーバーのドメインからのみ配信される必要があり、配信されるコンテンツは、他のドメインのコンテンツを呼び出すことはできません。
  • すべてのドメイン/URL参照は、名前付きドメインでなければなりません。未加工IPアドレスは許可されません。
  • ランディングページURLには、ブラウズノードを使用するバージョン(URLに表示される「ノード」)を含めることはできません。
  • すべての広告では新しいウィンドウが生成され、既存のAmazonウィンドウは開いたままにする必要があります。Amazon.comランディングページにリンクする広告は、新しいウィンドウを生成する必要はありません。
  • 広告のリンク先Webサイトがユーザーに通知されるようにするため、表示URLは、広告の実際のリンク先URL(リダイレクトではなく、広告のリンクが移行するWebサイト)でなければなりません。
  • 広告のリンク先URLは正しく動作し、機能しているWebサイトに移行する必要があります。Eメールアドレスやファイルに接続することはできません。また、接続先が作成中であってはなりません。
  • すべての広告では、ポップアップやポップアンダーを含めることはできません。また、ランディングページからユーザーに対してポップアップ広告やポップアンダー広告を生成してはなりません。
  • 広告では、Amazon.comでのナビゲーションの妨害、他のコンテンツや広告を隠すこと、ユーザーのコンピューター設定やその他の設定へのアクセスと変更、Amazon.comのAmazonの運営またはユーザーエクスペリエンスに対する不当または不適切な妨げがあってはなりません。
  • 広告では、ソフトウェアのインストール、操作、削除に関する明確な開示情報を最初にユーザーに示し、このような開示情報の表示後にユーザーがソフトウェアのインストールを中止する機会を与えない限り、ユーザーのコンピューターにソフトウェアをダウンロードする操作を開始してはなりません。
  • 広告にサードパーティのタグが使用されており、Amazonの書面による事前の同意がある場合は、具体的なトラフィック処理に関する指示を組み込んでください。サードパーティの連絡先担当者が必要であり、この連絡先担当者の情報はキャンペーン開始日よりも前にAmazonに提出する必要があります。Amazonサードパーティ広告配信ガイドラインの詳細については、以下をご覧ください。
  • 広告に組み込まれるリンク先URLは、Amazonアソシエイトプログラムのトラッキングまたはその他の技術を使用してフォーマットしてはなりません(つまり、アソシエイトプログラム運営規約で定義されている「特別リンク」であってはなりません)。
  • インプレッションの配信と請求は、該当する広告掲載申し込みに特に指定がない限り、Amazonレポート番号に基づいて行われます。
  • すべての広告で「https」がサポートされている必要があります。
  • お礼掲載枠のすべてのタグは、セキュリティで保護されている必要があります(https:)。
  • Amazon.comおよびその提携サイトに広告を掲載することで、広告主様はAmazonが広告主様の広告に対してセキュリティチェックを実施することに同意したものとみなされます。
  • 広告のリンク先URLは、専用トラッキングドメインのインプレッショントラッカーを利用する必要があります。また、Amazon.com、Amazon.comのサブページ、未承認のサードパーティドメインなどのURLを含めることはできません。

サードパーティHTMLデスクトップ広告ガイドライン

技術ガイドライン:AAPおよびIAB標準

以下の技術ガイドラインは、Amazon.com、AAP、および所有管理ドメインにおけるさまざまなIAB標準掲載枠の非展開デスクトップ広告に適用されます。

ミディアムレクタングル*:

  • 300x250ピクセル
  • 承認済みサードパーティ広告サーバーからの最大200キロバイトのHTML広告タグ
  • 最大40キロバイト、静的(.jpg、.gif、.png)

リーダーボード型*:

  • 728x90ピクセル
  • 承認済みサードパーティ広告サーバーからの最大200キロバイトのHTML広告タグ
  • 最大40キロバイト、静的(.jpg、.gif、.png)

ワイドスカイスクレーパー*:

  • 160x600ピクセル
  • 承認済みサードパーティ広告サーバーからの最大200キロバイトのHTML広告タグ
  • 最大40キロバイト、静的(.jpg、.gif、.png)

ラージレクタングル(別名: ハーフページ)*:

  • 300x600ピクセル
  • 承認済みサードパーティ広告サーバーからの最大200キロバイトのHTML広告タグ
  • 最大50キロバイト、静的(.jpg、.gif、.png)
  • 最大15秒間、最大3つのループを含むアニメーションを組み込むことができます。デバイス/ブラウザの機能に応じて最大60fpsまでサポートされます。具体的な情報については、「HTML広告の要件」を参照してください。

HTML広告のセキュリティ

HTML広告はセキュアに配信する(https:)必要があり、AMG担当者により承認されていない限り、あらかじめ決められた変数(例:天候、IP、日付)に基づいて変化する動的クリエイティブコンテンツを組み込むことはできません。

承認済みの認定サードパーティドメインでホストされている共有ライブラリ(Webフォントの使用を含む)は、初回の広告読み込みを免除されます。広告クリエイティブでWebフォントを使用するための適切なライセンスを所有していることを確認してください。Amazonは、Webフォントのライセンスの取得、付与、または延長についての責任を負いません。オープンソースのWebフォントは許可されています。

HTML広告の要件

  • すべての広告は、Amazonの既存のクリエイティブ承認ポリシーを満たしている必要があります
  • すべての広告は、JavaScriptまたはiFrameタグとして.txtまたは.xlsフォーマットで提供される必要があります。
  • ローカルストレージ、ジオロケーション、マイク、カメラなどのデバイスAPIへのアクセスは禁止されています。
  • 古いブラウザでの詳細なログ記録とエラーを回避するため、コンソールステートメントを省略する必要があります。
  • 広告の配信とトラッキングはhttpsで行われる必要があります。
  • クリックは3つのリダイレクトに制限されています。
  • 広告ではhttpsリクエストの数を10に制限する必要があります。
  • 最大CPU:ホストが開始した処理の実行中に、広告のCPU使用率が30%を超えないようにします。
  • アセットは、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)でホストされている必要があります。
  • 外部CSS/JSライブラリは、gzippingをサポートするサーバーから取得する必要があります。
  • すべてのコードを縮小して連結する必要があります。
  • 新しいCSSプロパティをスタイル目的のみで使用する場合には、クロスブラウザサポートのために適切なベンダープレフィックスを含める必要があります。広告では、Flexboxなどの新しいCSSレイアウトプロパティを使用しないでください。
  • JavaScriptが「noscript」で無効になっている場合、広告は静的なバックアップを提供する必要があります。また、広告の読み込みに失敗した場合は静的な画像を動的に読み込む必要があります。
  • 広告では、var clickTag = “https://www.example.com”を使用してクリックタグを参照する必要があります。
  • クリックによるリンク先が複数ある場合、広告ではクリックタグをclickTag1、clickTag2...として参照する必要があります。
  • アニメーションは、インライン動画、CSS、SVG/SMIL、またはJavaScript(WebGL、Canvas、DOM)駆動にできます。
  • アニメーションのプログレッシブインバナー動画は、2.5mbs以下でなければなりません。
  • JavaScriptアニメーションを使用する広告ではrequestAnimationFrame APIを使用する必要があります。このAPIがサポートされていない場合は適切に失敗する必要があります。
  • 広告では、最新のブラウザがすべてサポートされ、古いバージョンのブラウザ用の適切なフェイルオーバーがなければなりません。古いブラウザが検出された場合には、静的なバックアップ/デフォルトを提供する必要があります。
最新のブラウザ古いブラウザ
Chrome 37+IE10
Firefox 37+IE9
Safari 7+IE8
IE11/EdgeIE7
Opera 28+IE6
Chrome36-
Firefox 36-
Safari 6-
Opera 27-

HTML広告に関する推奨事項

HTMLデスクトップ広告に関するAmazonのベストプラクティスを以下に示します。AMGアカウント担当者から特別な許可を受けていない限り、以下の指示に従ってください。

  • WebFontの使用は許可されていますが、これは広告の合計サイズに影響します。クロスブラウザでのWebフォントのサポートのため、広告は適切なファイルフォントタイプと適切なフェイルオーバーを提供する必要があります。
  • WebFontグリフの動的なサブセット化を強くお勧めします。
  • Amazonは、サードパーティが提供する広告ユニットで使用されるWebFontのライセンスについて責任を負いません。
  • .WEBP画像フォーマットがサポートされている場合は、このフォーマットを使用することをお勧めします。
  • サポートされている場合は、画像スプライトシートやbase64エンコード画像を使用することが推奨されます。

動画アセットのガイドライン

動画を利用する非標準広告ユニットの場合は、以下のフォーマットの動画アセットを提供してください。

  • 使用可能な動画の未加工フォーマット: .MP4、.M4V、.MOV、.MPEG、.AVI、または.DVの非圧縮フォーマット。
  • 高さが250ピクセル以上(プログレッシブスキャン、29.97 FPS)
  • 最大長: 2分
  • オーディオ:ステレオ、高品質(44100Hz以上でサンプリング)