スポンサーディスプレイ広告

発見し、働きかけ、インスピレーションを与える

わずか数クリックで作成できるセルフサービスのプログラマティックディスプレイ広告を使用し、ショッピング過程やエンターテインメント過程を通じて関連性の高いオーディエンスにリーチしましょう。

Twitchのウェブサイトにスポンサーディスプレイ広告の例が表示されている白いノートPC
ゲームコントローラーを持って笑いながらゲームしている女性

発見から購入へと促す

Amazonの豊富なショッピングおよびコンテキストシグナルを活用すれば、関連性の高いオーディエンスに対して、ブランドの認知度、検討、購入、さらにはロイヤルティを創出するのに役立ちます。

スポンサーディスプレイ広告掲載枠が強調された携帯電話上のAmazonリテールWebサイトのグラフィック

重要なコネクションを築く

Amazonトップページ、Twitch、サードパーティのアプリやウェブサイトで、特定の商品詳細ページを閲覧しているオーディエンスに働きかけましょう。

キャンペーン結果を表示している広告コンソールUIのグラフ

目標を達成する

リテールを中心とした直感的なコントロールを使用して、独自のキャンペーンニーズに対応しましょう。販売状況対応の広告は、パフォーマンスの向上に役立ちます。広告が配信されるのは、商品の在庫がある場合、またはおすすめ商品になっている場合のみです。

使いやすいディスプレイ広告を活用してビジネスの成長に役立てる

インプレッションの2倍増加を示すグラフィック

インプレッションが2倍増加

Amazonの商品ターゲティングの推奨事項を使用したキャンペーンでは、平均でインプレッション数が2倍、クリック数が1.5倍高くなりました。1

増加を示す棒グラフ

売上の82%はブランド新規顧客から

スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスを使用している広告主様は、平均して売上の最大82%がブランド新規顧客によるものです。2

上向きの増加を示す2本の棒グラフ

売上は前年比15%増

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、およびスポンサーディスプレイ広告をバランスよく活用している広告主様は、スポンサープロダクト広告のみを使用している広告主様と比較して、前年比売上高が最大15%上昇し、広告費用対効果(ROAS)が向上しています。3

スポンサーディスプレイ広告を始める

4つのステップで、人目を引くスポンサーディスプレイ広告を作成できます。キャンペーンの作成を開始する方法をご紹介します。

1

1日の予算を設定する。

2

商品を選択する。

3

戦略を選択する: 商品ターゲティングまたはオーディエンス

4

入札額を設定する。

よくある質問

スポンサーディスプレイ広告とは?

スポンサーディスプレイ広告は、セルフサービスのディスプレイ広告ソリューションです。Amazon内外であらゆる購入過程の購入者に働きかけることで、ビジネスやブランドの成長をサポートします。

スポンサーディスプレイ広告を利用できるのは誰ですか?

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告を利用できるのは、Amazonブランド登録に登録されている出品者様、書籍のお取引会社様、お取引会社様、Amazon内で商品を販売しているクライアントを担当する代理店です。

北米
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • PL
  • SE
  • TR
  • UK
中東
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP
  • SG

Fire TVのスポンサーディスプレイ広告(ベータ版)

プロフェッショナルブランドも、自社アプリ、テレビ番組、映画をFire TVで特集できます。このサービスは、Fire TVアプリ開発者、Prime Videoチャンネル、Prime Video Directのパブリッシャー、映画配給会社がご利用いただけます。Fire TVのスポンサーディスプレイ広告に関する詳細はこちら

北米
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • SE
  • UK
中東
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP
  • SG
スポンサーディスプレイ広告はどこに表示されますか?

Amazonのトップページ、商品詳細ページ、商品検索結果ページ、Twitch、または一部のマーケットプレイスではサードパーティのウェブサイトやストアのアプリ(オフサイト広告は現在、インド、日本、オーストラリアでは利用不可)で、商品を閲覧、調査、購入するオーディエンスにリーチできます。

スポンサーディスプレイ広告にはどのくらいのコストがかかりますか?

スポンサーディスプレイ広告は、CPC(クリック課金制)またはvCPM(ビューアブルインプレッション1000回あたりの費用)ベースで購入されます。最低予算は不要で、1日の入札額と予算を指定できます。いつでも好きな時に入札額を変更したり、キャンペーンを一時停止したりすることもできます。

スポンサーディスプレイ広告キャンペーンにキーワードを追加する必要がありますか?

いいえ。スポンサーディスプレイ広告は豊富なショッピングおよびコンテキストシグナルを活用して、広告主様が関連性の高いオーディエンスにリーチするのをサポートします。

独自の広告クリエイティブを作成する必要がありますか?

広告主様が選択できる広告クリエイティブフォーマットは2つあります。1つは自動的に生成され、商品画像、価格、セールと割引バッジ、レビューの星の数、商品詳細ページにリンクする「今すぐチェック」ボタンが表示されます。このオプションでは、広告主様がご希望に応じて商品ターゲティングのクリエイティブにカスタムロゴと見出しを追加することもできます。もう1つのクリエイティブオプションは、カスタム商品画像をサポートしています。これは、ブランドがカスタム背景色やアートディレクションを含む独自のグラフィックをアップロードし、ブランドや商品ストーリーを伝えるのに役立ちます。

スポンサーディスプレイ広告の結果はどのように測定されますか?

スポンサーディスプレイ広告の結果は、広告費用対効果(ROAS)、ブランド新規顧客の注文、クリックスルー率などの指標を使って測定されます。

スポンサーディスプレイ広告が「販売状況対応」であるとは、どういう意味ですか?

販売状況対応とは、商品の在庫があり、おすすめ商品である場合にのみ、スポンサーディスプレイ広告が表示される可能性があるということです。商品の在庫がない場合や、おすすめ商品として表示されていない場合、広告の配信は自動的に停止されます。また、Amazonの機械学習アルゴリズムは、配信契約を考慮して入札額を調整し、広告費の効率的な支出を支援します。

スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスと商品ターゲティングの違いは何ですか? 両者を併用することはできますか?

どちらも関連性の高いオーディエンスにリーチするのに役立ちます。商品ターゲティングでは、Amazon内の商品詳細ページにある特定の商品やカテゴリーをターゲットに設定することができ、検討および売上の促進に役立ちます。スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスでは、Amazonの豊富なショッピングおよびストリーミングシグナルを活用することができ、ビジネスの成長に役立ちます。商品ターゲティングは、スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスと組み合わせて使用できます。商品ターゲティングを活用すれば、商品詳細ページのトラフィック生成に役立ちます。さらに、スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスを活用すれば、オーディエンスに再度働きかけ、一度逃した販売機会を確保したり、ブランドロイヤルティをさらに高めたりするのに役立ちます。

スポンサーディスプレイ広告とAmazon DSPの違いは何ですか?

スポンサーディスプレイ広告はセルフサービスの広告商品で、Amazon内のすべてのブランド所有者がビジネスを成長させるためにディスプレイ広告を使用することができます。スポンサーディスプレイ広告はCPCまたはvCPMベースで購入されます。スポンサーディスプレイ広告の独自の機能としては、カテゴリー外の目立つ商品詳細ページ掲載枠や出品者様自身の商品詳細ページで、オーディエンスにリーチするのに役立つ機能などがあります。Amazon DSPは、広告主様が広告をプログラマティック広告として大規模に購入できるデマンドサイドプラットフォームです。Amazon DSPで購入したディスプレイ広告は、CPM(1000インプレッションの単価)ベースで販売されます。

スポンサーディスプレイ広告、スポンサーブランド広告、およびスポンサープロダクト広告の違いは何ですか?

これら3つの商品は、すべてセルフサービスの広告オプションです。スポンサーディスプレイ広告は、さまざまなショッピングシグナルに基づきAmazon内外の商品検索結果を超えてオーディエンスにリーチし、スポンサーブランド広告スポンサープロダクト広告とは異なる場所に表示されます。広告主様は、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告に投資することで、オーディエンスを理解し働きかけるのに役立つ、マルチソリューション戦略を検討することができます。3つのソリューションをすべて実装した広告主様は、スポンサープロダクト広告のみを使用した広告主様と比較して、前年比売上高が最大15%増加し、広告費用対効果(ROAS)が向上しました。

出典

1 Amazon Internalデータ、米国、2021年
2 Amazon Internalデータ、米国、2021年
3 Amazon Internalデータ、米国、2021年