ガイド

リテールマーケティング

定義、重要性、戦略、事例

リテールマーケティングとは、さまざまな形態のデジタル広告、インストアキャンペーン、没入感のある体験を通じてお客様に商品を提示することです。効果的なリテールマーケティング戦略は、売上を伸ばし、ターゲットオーディエンスにリーチするのに役立ちます

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

クリック課金制広告を作成して、お客様がAmazon内で貴社の商品を見つけるようサポートしましょう。

オンラインセミナー、コース、認定資格、ブートキャンプ、動画を活用して、広告に関する知識を深めましょう。

コンサルティングサービスを利用しながら、Amazon DSPの在庫へのアクセスを希望する広告主様や、プログラマティック広告の実施経験が少ない広告主様向けに設計されています。

リテールマーケティングとは?

リテールマーケティングとは、物理的な広告またはデジタル広告を活用して、お客様を商品に誘導するあらゆる形態のマーケティングです。これには、実店舗のリテールストア、オンライン広告、あるいはその両方を組み合わせた没入感のある体験など、商品やサービスをお客様に提供するために使用するものは何でも利用できます。リテールマーケティングは、オムニチャネルマーケティング戦略の重要なコンポーネントであり、さまざまな手段で広告を展開します。

リテールマーケティングが重要な理由

リテールマーケティングは、お客様が商品を見つけるのに役立つため、重要です。ソーシャルメディア、インタラクティブキャンペーン、印刷広告などの媒体を通じて商品を共有することで、ブランド力をアップし続けることができます。効果的なリテールマーケティング戦略は、売上による下流への影響や、ブランの認知向上につながる可能性があります。

リテールマーケティングのタイプ

リテールメディアは、リテールマーケティングのデジタル形態です。ただし、他のタイプのリテール広告には、インストア、ビルボードなどで行われるマーケティングキャンペーンが含まれます。リテールマーケティングの最も一般的な4つのタイプをご紹介します。

1.インストア広告

リテールマーケティングの最も一般的な形態の1つは、インストア広告です。これは、ストアのウィンドウディスプレイをデザインすることや、利用可能な営業時間を提示することなどを検討して、お客様にとって快適な環境を作ることから始まります。実店舗のリテールストアにお客様を誘導することのメリットは、ライブイベントやインスタ映えするストアディスプレイなどで商品への興味をそそり、お客様にはたらきかける機会を持てることです。

2.印刷広告

印刷広告には、ビルボード、新聞広告、カタログを含む、さまざまな広告の形態があります。デジタルコンポーネントをリテールマーケティング戦略に組み込む場合でも、これらのタイプの広告は依然としてキャンペーンの重要なコンポーネントとなり得ます。また、理想的なオーディエンスと、そのオーディエンスがどこでコンテンツを利用しているかを検討することも重要です。

3.デジタル広告

デジタル広告をリテールマーケティング戦略に組み込む機会は数多くあります。2023年に広告主様は、米国のデジタルリテールメディアに推定451.5億ドルを費やしました。1デジタル広告には、Eメールのフォローアップやニュースレター、SEO最適化、プログラマティック広告、オンラインでのお客様からのレビューやコメントによる無料のマーケティングなどが含まれます。また、Amazon内にストアを作成して、リテールマーケティングのバーチャル会場を提供することもできます。

ソーシャルメディアは、特に国際的なマーケティングキャンペーンで、デジタル広告において大きな役割を果たす可能性もあります。2022年には、中国の消費者の約84%がソーシャルメディアで買い物をしました。2 商品をソーシャルメディア広告、ハッシュタグ、インフルエンサーの投稿に統合することで、見込み客がいる場所でリーチできます。

4.体験型広告

体験型マーケティングおよび広告は、没入感のある、想像力を掻き立てる方法で、お客様が商品にかかわることができます。これは、インストア広告とデジタル広告を組み合わせて、お客様が商品に実際にアクセスできるようにする方法が考えられます。また、創造性を発揮して、サンプルを郵送したり、ポップアップイベントを主催したりする方法もあります。

また、お客様が買い物をしている場所についても検討します。タブレット、スマートフォン、ストリーミングTVはすべて、商品をクリエイティブな方法で一体かできる場所です。たとえば、米国では18~49歳のお客様の91%がスマートフォンで購入したことがあると回答しています。3 さらに一歩進むために、リテールマーケティングの2つの場を組み合わせて、お客様が実店舗にいる間にやり取りできるアプリやQRコードなどのモバイル広告を試すこともできます。

5つの手順でリテールマーケティング戦略を策定する方法

リテールマーケティング戦略を始める準備はできていますか? 商品を前面に押し出すために従う5つの手順をご紹介します。

ステップ1.オーディエンスを検討する

最も重要なのは、オーディエンスを検討することから始めることです。オーディエンスがどこでコンテンツを利用する傾向があるかに応じて、印刷とデジタルのどちらが合理的でしょうか。 お客様が閲覧や買い物を行う場所を認識することは、商品の広告を掲載すべき場所を知るうえで不可欠であり、ブランドポジショニングを正確なものにするのにも役立ちます。

ステップ2.計画を立てる

次に、リテールメディア戦略の概要を示します。特に競合他社と比較して、広告予算と商品の価格を検討します。自社ブランドが最良の選択肢であることを知ってもらい、可能な限り目立つようにしたいと考えています。また、今後のマーケティングキャンペーンのカレンダーや、バーチャルイベントやインストアイベントのスケジュールを作成して、最初に思い浮かべるブランドであり続けるようにすることもできます。

ステップ3.キャンペーンを開始する

広告とプロモーションを開始する準備ができたら、マーケティング戦略のアクセシビリティに取り組みます。インストアかオンラインか、どこに広告を掲載するべきですか? 広告を掲載できるタッチポイントには多数の選択肢があり、正解も多数ある可能性があるため、いくつか試して、1つの選択肢に限定しないでください。新商品をディスプレイする際には、適切なオーディエンスに表示されるように、パーソナライゼーションのオプションを検討することもできます。

ステップ4.コミュニケーションを改善する

キャンペーン全体を通して、お客様とコミュニケーションを取る方法と場所を検討します。いくつか例を挙げると、オンラインで投稿されたレビュー、Eメールによるフィードバックアンケート、カスタマーサービスへの質問など、お客様からのフィードバックを活用するようにします。また、紹介者割引やロイヤルティプログラムを作成して、既存のお客様に特典を提供し、再訪問を促すこともできます。

ステップ5.進捗状況を測定する

キャンペーン中とキャンペーン後の両方で、定期的にパフォーマンスを評価し、最適化を行うようにします。リテールキャンペーンのKPI分析を確認すると、何がうまくいっていて推進すべきか、何がうまくいっていなくて規模を縮小すべきなのかが分かり、売上促進に役立つ可能性があります。

リテールマーケティング戦略と事例

ブログ

ニューバランスは、AmazonファッションにあるThe Dropコレクションでインフルエンサーと協力して、限定版商品をお客様に提供しました。商品はInstagramやTwitchなどで共有され、オーガニック視聴者からの口コミ広告を促進しました。

The Drop商品

事例

2022年の映画「バットマン」への興味・関心を高めるために、ワーナー・ブラザースは広告とエンターテイメントを組み合わせたアドバテインメントを利用しました。IMDbページを没入感のあるカスタマーエクスペリエンスに変えることで、映画へのエンゲージメントを促すことができました。

ワーナー・ブラザースバットマン

ブログ

2022年のサウスバイサウスウェスト(SXSW)フェスティバルで、CheetosとAmazon Adsは、お客様が実際に商品とかかわることができる没入感のある家を作りました。さらに、バーチャルツアーを作成して、直接そこに来られなかった視聴者に体験を届けました。

ホームスナックの未来

ブログ

Tyson FoodsとAmazon Adsは、お客様がモバイルフィルターで卵をスキャンしてJimmy Deanソーセージの「クーポン」のロックを解除できるキャンペーンを作成しました。このキャンペーンは、デジタルマーケティングとお客様からの実際のエンゲージメントを統合したものです。

Tyson Foods商品

1 Statista、米国、2023年
2 Statista、中国、2022年
3 ピュー研究所、米国、2022年