ガイド

メディアバイイングの完全ガイド

メディアバイイングは、適切なオーディエンスに広告を表示するうえで役立つため、マーケティング戦略において重要です。このガイドでは、次の質問に回答します。 メディアバイイングとは何か、プログラマティックメディアバイイングとは何か? また、このガイドでは、メディアバイイングが重要な理由、バイイングとプランニングの違い、Amazon Adsが広告主様をどのようにサポートできるかについても説明します。

Amazon Adsの利用を開始して、商品を掲載し、キャンペーンを作成しましょう。

コースアイコン

経験があまりない場合は、お問い合わせの上、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

コースアイコン

メディアバイイングとは何ですか?

メディアバイイングは、広告プロセスにおいて重要なステップです。これには、広告を掲載する理想的な場所や掲載枠、掲載回数を確保して、特定のオーディエンスにおける効果を最大限に高めることが含まれます。目標は、多くオーディエンスが広告を見る可能性があるタイミングで、ブランドのオーディエンスに最も関連性の高いチャネルの掲載枠を購入し、アクションあたりのコストを最低限に抑えることです。メディアバイイングには、テレビ、ラジオ、印刷物、屋外などの従来メディア、およびウェブサイト、ソーシャルメディア、ストリーミングサービス、アプリなどのデジタルチャネルの購入が含まれます。

メディア購入者は通常、広告の背景情報とメディアを一致させることを目指して、メディアバイイングを行います。たとえば、メディア購入者が、美容関連のウェブサイトやAmazon内のビューティー&パーソナルケアチャネルで、フェイスクリームのベスト成分トップ10に関する記事の横にフェイスクリームの広告掲載枠を確保することなどです。メディアバイイングは適切に行うと、お客様に情報を提供し、新しい商品やブランドを簡単に見つけられるようにすることができ、ブランドが主なオーディエンスに適切にリーチするのに役立ちます。

メディア購入者は、メディアプランナーと協力して取り組みます。メディアプランナーはキャンペーン目標の概要を記したメディアプランを作成します。また、メディア購入者は、キャンペーン予算のパラメーターに沿って、希望するタイミングと頻度で掲載枠を確保するために、メディアや広告チャネルとの交渉を行う場合もあります。

メディアバイイングが重要な理由

メディアバイイングが重要なのは、メディアを戦略的に購入すると、キャンペーンを成功に導ける可能性があるからです。魅力的なコピーやビジュアルを作成するだけでは不十分です。適切なオーディエンスに広告が表示されるように、適切な場所とタイミングおよび頻度で広告を掲載する必要があります。メディア購入者は、最善の成果を上げることを目指して、複数のメディアで広告を購入して役立てることができます。たとえば、ラジオとデジタル広告、テレビとAmazonのディスプレイ広告など、従来メディアとデジタルメディアで並行して広告を実施するなどです。

また、経験豊富なメディア購入者は、広告主様がキャンペーン目標に対してパフォーマンスを最大化できるように、メディアやチャネルと交渉を行う場合があります。効果的に交渉を行うと、メディア購入者は次のことができます。

  1. 広告のインプレッション数や閲覧数を低コストで実現することを目指し、予算に対して可能な限り最善の結果を達成します。
  2. 理想的な広告掲載枠を確保します。
  3. 場合によっては追加費用なしで「付加価値のある」インプレッションを獲得して、キャンペーンをより成功に導きます。たとえば、ブランドがテレビ広告から予想されるインプレッション数に加えて、一定数のデジタルインプレッションを獲得するなどです。

メディアバイイングとメディアプランニングの違い

マーケティング担当者は、メディアバイイングとメディアプランニングという用語を同義語として使用することがあります。両者は連携していますが、広告のパズルに例えると異なるピースになります。

メディアプランニング

メディアプランニングは、メディアバイイングの前段階であり、メディア購入者が広告を交渉して購入する際に従うロードマップです。メディアプランニングとは、広告主様が広告を購入して開始する前に、効果を測定し費用対効果(ROI)を最大化するために、リサーチを基本とした戦略的プロセスです。

メディアプランには以下が含まれます。

  • キャンペーン目標と目的: 一般的な目標には、ブランドの認知、検討、コンバージョン、ロイヤルティなどがあります。
  • マーケティング指標と注目すべきパフォーマンス指標(KPI): これらは、広告主様の目標と目的によって異なります。KPIの例としては、インプレッション数、ストア訪問数、アプリのインストール数、広告エンゲージメント、動画視聴回数、メーリングリストへの登録、ウェブサイトの訪問数、売上、リピート購入などがあります。
  • オーディエンス: キャンペーンでリーチする対象に関する詳細
  • 予算: キャンペーンの最大支出
  • リサーチまたは関連性の高い市場に関するインサイト: この情報は、オーディエンスの選択、メッセージ、メディアミックスを決定する際に役立ちます。
  • メディアミックス: 主なオーディエンスに最もリーチでき、なおかつ最も費用対効果の高いメディアタイプの理想的な組み合わせ
  • タイムライン: クリエイティブを作成、デザイン、制作する時間を含む
  • 効果測定ツール: キャンペーンの進捗状況をモニタリングする方法と場所
  • クリエイティブの仕様

メディアバイイング

適切なメディアプランニングがなければ、メディア購入者が従うべきガイドがなく、効果的なメディアバイイングを行えない可能性があります。メディアバイイングでは、キャンペーン目標を効果的に達成するために、適切なメディアミックスを購入することに重点を置き、メディアプランを実行に移します。

メディアを購入するには、いくつかの方法があります。

  • ダイレクト: 特定のチャネルまたはパブリッシャーで広告を直接購入する
  • ネットワーク: デマンドサイドプラットフォームとサプライサイドプラットフォームを通して、広告スペースの入札と購入を行う
  • プログラマティック: テクノロジーを使用したデジタル広告の売買

メディアバイイングのプロセス

メディアバイイングのプロセスには、いくつかの重要な手順があります。

1.保証型在庫と非保証型在庫に費やす総予算の割合(特定の在庫数が購入された場合と未指定の在庫数が購入された場合など)を決定します。これは通常、割引率です。

2.必要に応じて、提案依頼書(RFP)のリクエストをメディアに送信し、キャンペーンパフォーマンスを最大限に高める可能性のある組み合わせを評価します。

3.広告掲載申し込み(IO)を作成して注文を確定します。

4.選択したメディアにクリエイティブを配信し、各広告の掲載枠に合わせて適切にサイズ調整を行えます。

5.キャンペーンを開始し、指標を設定して結果を測定します。

6.メディアやチャネルからの指標、および内部インサイトをモニタリングして、成功度合いを測定し、必要に応じて調整を行い、注目すべきパフォーマンス指標(KPI)に基づいてキャンペーン全体をモニタリングします。

7.メディアプランに記載されている予算を基に支出を調整します。

8.配信が不十分な広告については、コストを調整し、「改善」に向けた交渉を行います。

メディアを購入する際に考慮すべき4つのこと

メディアの購入や交渉を行う際に考慮すべき重要な要素は4つあります。

ブランドを保護する

1.ブランドを保護する

社外のメディアバイヤーと協力する場合、ブランドは、メディアやパブリッシャーと強固な関係性を持つ熟練した信頼できるバイヤーと提携して、広告費の設定、購入、調整を行うことが重要です。さらに、ブランドの安全性を最も重視し、ブランドセーフティブランドの信頼が優先されるように、適切なデジタルパートナーと協力することが大切です。

メディアバイイングを最適化する

2.メディアバイイングを最適化する

最適化とは、パフォーマンスを最大限に高めるために頻度と入札額を調整ことに加え、特定のドメインをブロックする方法です。プログラマティック広告の購入の多くの利点の1つは、デフォルトとして、プログラマティック広告バイイングが最適化を実行することです。これは単に、プログラマティックキャンペーンが適切なパラメーターで設定されていることを確認するということです。

調和を目指す

3.調和を目指す

マーケティングミックスとクリエイティブが相互に対立することなく、うまく連携し、広告投資の収益率を最大限に高めるようにします。メッセージやクリエイティブを個別にするのではなく、メディアミックス全体で一貫したストーリーを伝えます。

効果測定に優先順位を付ける

4.効果測定に優先順位を付ける

キャンペーン全体を最適化するには、どのキャンペーンとクリエイティブが最も低コストで最良の結果をもたらしているのかを理解することが重要です。デジタルメディアのメリットの1つは、キャンペーンが終了するのを待ってから結果を把握するのではなく、掲載期間中にキャンペーンを測定して微調整できることです。

メディアバイイングの傾向

数十年の間に、メディアバイイングは成長してきました。従来のメディアバイイングは、メディア購入者がレディーズ・ホーム・ジャーナルつまり女性誌で、単一の紙面広告を購入するというものでした。それが現在では、オーディエンスシグナルを分析するという広大な世界を持つ機械学習が登場しています。お客様が自社商品やサービスをどのように発見しているのかをブランドがより良く理解するのに役立つ、ソーシャルメディアなどのオンラインコンテンツによるインサイトが活用されるようになっています。

プログラマティックディスプレイ広告は、テクノロジーを使用して、ブランドが対象とするオーディエンスにリーチします。メディアパートナーに応じて、広告主様は、さまざまな行動シグナルやライフスタイルシグナルによる情報に基づき、オーディエンスに表示する広告をカスタマイズできます。これには、インサイトを使用して適切なオーディエンスにリーチしたり、リアルタイムで分析に応じてメッセージをカスタマイズしたり、コネクテッドホーム戦略などの革新的なアプローチによりオーディエンスがいる場所でオーディエンスにリーチしたりすることが含まれます。

もう1つの主要な傾向はソーシャルメディアバイイングであり、メディアバイヤーはTwitch、Instagram、TikTok、Snapchat、Twitterなどのソーシャルメディアサイトをメディアミックスに組み込んでいます。有料のソーシャル広告は、単純なオーガニック投稿よりもブランドに利益をもたらすことがよくあります。

最後に、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)の台頭は、メディアバイイングにおけるもう1つの主要な傾向です。広範なリーチ、優れたカスタマーサポート、洗練されたインサイト、分析、効果測定ツールを備えたDSPを使用することは、効果的なメディアバイイングプロセスにおいて非常に役立ちます。

プログラマティックメディアバイイングとリアルタイム入札

プログラマティック広告は、主なオーディエンスセグメントに重点を置くことができるため、広告主様にとって特に魅力的です。プログラマティック広告では、ワークフローの自動化と機械学習アルゴリズムにより、デモグラフィックや買い物パターンなどのさまざまなマーケティングシグナルに基づいて、最も効果的な広告をオーディエンスに配信します。

プログラマティックバイイングでは、広告主様はプログラマティックディスプレイ広告を直接購入したり、オークションを通じて購入したりできます。プログラマティックバイイングでは、広告主様はAmazon DSPなどのデマンドサイドプラットフォームと連携して、固定価格で広告を購入できます。DSPは、広告在庫の購入プロセスを促進し、広告主様が関連性の高いオーディエンスを発見してリーチできるようにサポートします。

リアルタイム入札(RTB)は、運用型広告を購入する方法です。RTBを使用すると、広告主様はあるインプレッションが利用可能になったときにオークションに参加できます。入札額がオークションに勝つと、その広告はすぐにパブリッシャーのサイトに表示されます。RTBは効率的であるだけでなく、広告主様が最も関連性の高い広告在庫に重点を置くのに役立ちます。

DSPの選び方

DSPを評価するときは、次の要素を考慮します。

在庫を分析する

グローバル企業の場合は、検討しているDSPが広告掲載地域の在庫に強みを備えていることを確認しましょう。広告在庫はリーチ以上に大切です。最も重要なのは、在庫の品質と、独自性があり包括的であるかどうかです。トラフィックソースと広告在庫の評判について調べましょう。

ブランドセーフティへのアプローチを確認する

特定のDSPにおけるブランドセーフティと品質基準の重要性を評価し、ブランドにとって安全な環境でブランドを紹介できることを確認します。

カスタマーサポートの詳細を確認する

リアルタイムのプログラマティック広告の購入は、毎秒が重要です。DSPはどれくらいの頻度で更新されるか。 テクニカルサポートの対応に関して、サービス水準合意はどのようなものか。 マネージドサービスオプションを提供しているか。 マネージドサービスオプションは、大規模な広告主様や広告を始めたばかりの広告主様にとって有用な場合があります。

オーディエンス、およびオーディエンスにリーチする方法を評価する

ブランドに最も関連性の高いオーディエンスにリーチできるか。 インサイトはどの程度高度な内容であるか。 どのようなデータパラメーターを使用できるか。 ブランドのオーディエンスの行動やライフスタイルを使用して、広告掲載枠をテストします。

プログラマティックメディアバイイングのためのAmazon DSP

Amazon DSPは、お客様が時間を費やすあらゆる場所で、広告主様がディスプレイ広告、動画広告音声広告を運用型広告として購入できるデマンドサイドプラットフォームです。Amazon内で販売している広告主様だけでなく、販売していない広告主様にもご利用いただけます。各ブランドは、IMDbTwitchなどのAmazonの自社サイト、および大手パブリッシャーのサイトを含む、高品質でブランドセーフな広告在庫を通じて、新規およびエンゲージメントの高いオーディエンスにリーチできます。Amazon DSPは、追加費用なしで、キャンペーン中およびキャンペーン後のレポートを広告主様に提供します。

Amazon DSPは、さまざまなマーケティング目標をサポートするために使用でき、広告主様はキャンペーンを管理したい度合いを柔軟に決定できます。ハンズオンアプローチであるため、独自の広告を作成でき、バイイングプロセスを完全に管理することができます。または、Amazon Adsのクリエイティブテンプレートや動画クリエイティブビルダーを利用することや、マネージドサービスを選択することもできます。

メディアバイイングは、広告のROIに直接影響を与えるため、広告キャンペーンプランにおいて重要です。Amazon DSPなどのサービスがメディアバイイングプロセスを最適化し、戦略的かつ効果的なキャンペーンを計画するのにどのように役立つかについて詳しくは、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

推奨ソリューション

Amazon Adsメディアプランニングスイートは、広告主様が機械学習とチャネル間をつなぐツールを使用して、カスタマージャーニー全体でオーディエンスにリーチし、コンバージョンできるようにサポートします。

動画広告

ストリーミングTV広告やオンライン動画広告は、関連性の高い個々のオーディエンスにブランドメッセージを伝えるのに役立ちます。

Amazon DSP

Amazon DSPは、お客様が時間を費やすあらゆる場所で、新規および既存のオーディエンスにリーチするために、広告を運用型広告として購入できるデマンドサイドプラットフォームです。