検討段階の広告と
ミッドファネルのマーケティングソリューション

Amazon Advertisingのミッドファネルのマーケティングソリューションを使用して、ブランドストーリーを紹介し、購入者とつながることで検討を促します。

タブレットを見ている男性と女性。

検討段階の広告とは何ですか?

検討段階の広告では、新しいオーディエンスにビジネスを紹介して、そのオーディエンスと永続的なつながりを築くことを目的としています。これは、発見の後押し、購入者とのつながり、またはミッドファネルのマーケティングとも呼ばれます。

女性が台所に立ってAmazonの箱を開けている。

検討段階の広告が重要な理由

検討段階の広告は、フルファネルマーケティング戦略の一環として、ブランドの認知度に基づいて作成されます。ショッピングは、機能やプライスポイントに基づいて商品を選ぶプロセス以上のものです。つまり、お客さまはブランドについて知りたいと考えています。検討を促すとは、ブランドについてオーディエンスに知ってもらい、競合他社とビジネスを差別化し、購入者のロイヤルティを高めることです。

Amazon Advertisingが検討を促進する仕組み

Amazonによるブランドコンテンツソリューションのセレクションにより、ブランドストーリーで簡単かつ効果的にアピールして、購入者とつながることができます。

円の中にいる2人のユーザー

リーチを拡大する

お客さまの75%は、新しい商品やブランドを見つけるためにAmazonを使っています。1世界中で3億以上のアクティブなカスタマーアカウントを擁する2Amazonのリーチにより、新しいオーディエンスにおけるブランドの認知度とエンゲージメントを促進することができます。

手の中にあるハート

オーディエンスとつながる

信頼性の高い環境で発見を促すことで、既にブランドや商品の購入を検討しているお客さまとの関係性を構築することができます。52%の購入者が、他のストアよりもAmazonで馴染みのないブランドを購入する意欲が高いと回答しています。3

上向きの推移のグラフ

広告パフォーマンスを測定する

ファーストパーティの効果測定により、ブランドはブランド新規顧客の獲得などの成果を実証することができます。

1Tinuiti(旧CPC Strategy)およびElite SEM、The 2019 Amazon Consumer Shopping Study、2019年、アメリカ。
2Amazon四半期決算発表、2020年第1四半期。アクティブなカスタマーアカウントとは、過去12か月間に注文を行ったアカウントを表します。
3Tinuiti(旧称CPC Strategy)およびElite SEM、The 2019 Amazon Consumer Shopping Study、2019年、アメリカ。

検討段階の広告向けのミッドファネルのマーケティングソリューション

オーガニックのブランドコンテンツソリューション(ストア、Amazon Live、Posts)と、スポンサーブランド広告を組み合わると、検討の目標を達成する上で役立ちます。

複数のデバイスでのマーケティングソリューションの紹介。
{"blocks":[{"key":"4m8bp","text":"デスクトップとモバイルでのスポンサーブランド広告の掲載枠","type":"unstyled","depth":0,"inlineStyleRanges":[],"entityRanges":[],"data":{}}],"entityMap":{}}

スポンサーブランド広告

Amazonでのショッピング検索の75%以上は、特定のブランド名が指定されない状態で開始されます。スポンサーブランド広告キャンペーンを使用すると、お客さまがカテゴリー内の商品を探している時点でリーチすることができます。スポンサーブランド広告に高画質のカスタム画像を掲載して、ブランドストーリーを紹介し、認知度を高めることができます。
詳細はこちら
{"blocks":[{"key":"7cf6r","text":"デスクトップとモバイルでのストアの広告掲載枠","type":"unstyled","depth":0,"inlineStyleRanges":[],"entityRanges":[],"data":{}}],"entityMap":{}}

ストア

ストアを作成して、自社ブランドのカスタマイズしたAmazonのリンク先を提供することで、購入者は商品の品揃えを確認し、ブランドストーリーを理解することができます。スポンサーブランド広告で購入者にストアを紹介したり、Amazon外のマーケティングや広告キャンペーンを通じてトラフィックを誘導することができます。臨場感あふれる動画や画像を使用すると、購入者とブランドをつなげる上で役立ちます。
詳細はこちら
{"blocks":[{"key":"en48r","text":"モバイルデバイスをタップしているユーザー","type":"unstyled","depth":0,"inlineStyleRanges":[],"entityRanges":[],"data":{}}],"entityMap":{}}

Posts

Posts(ベータ版)は、画像主体のブランドコンテンツで、ブランドのカテゴリーで積極的に閲覧している購入者に表示されます。カスタムフィードで厳選されたライフスタイル画像を使用することで、発見と検討を促します。


詳細はこちら
{"blocks":[{"key":"csdpi","text":"ストリーミング動画","type":"unstyled","depth":0,"inlineStyleRanges":[],"entityRanges":[],"data":{}}],"entityMap":{}}

Amazon Live

購入可能なAmazonのライブストリームを通じて、商品の特徴、メリット、特典を購入者に伝えることができます。チャット機能を利用して、視聴者の質問にライブ形式で回答し、リアルタイムで関係性を構築することができます。


詳細はこちら

4Marketplace Pulse、Amazonの検索で22%のみがブランド名を指定、2019年。

ご利用開始にあたって

広告の開始にあたっては、登録いただくか、Amazon Advertising担当者までお問い合わせください。

検討段階の広告に関するリソース

Hippeasのスナック菓子

事例

ヘルシースナックのパイオニアがAmazon Advertisingでブランドの認知度を向上させる

ひよこ豆でできたオーガニックのスナック菓子を販売するブランドが、スポンサー広告、ストア、ディスプレイ広告、Amazon DSPの動画広告を使用して、認知度、検討、コンバージョンを向上させた方法をご覧ください。

AmazonのVermont Teddy Bearストア。

ストアの例

Vermont Teddy Bear

Amazonのリステリンストア Vermont Teddy Bearストア。

ストアの例

リステリン

Amazon LiveでのLemonbug

Amazon Liveの例

Lemonbug

Amazon LiveでのBeachwaver

Amazon Liveの例

Beachwaver

よくある質問

ブランドコンテンツの使用は有料ですか?

ストアの設定、ポスト(ベータ版)への参加、独自のAmazonライブストリームの作成は、すべて無料です。Amazonが制作したライブストリームでは、商品特徴の表示を保証する時間枠を購入する際に費用が発生します。スポンサーブランド広告キャンペーンの料金は、クリック単価(CPC)に基づいて設定されます。詳細については、Amazon Advertising担当者までお問い合わせください。

ストアを作成したら、どのようにして見つけやすくすることができますか?

ストアは、Amazon内外のオーガニック、または有料チャネルの両方からアクセスすることができます。スポンサーブランド広告やディスプレイ広告のキャンペーンのランディングページとしてストアを使用し、参照元タグを用いて、Amazon外のマーケティング活動からストアへのトラフィックを誘導します。

また、お客さまは、ストアの短縮URL(amazon.co.jp/stores/ブランド名)やAmazon外の検索リストからストアにアクセスすることができます。

ミッドファネルのマーケティングにおいて、広告パフォーマンスを測定するにはどうすれば良いですか?

Amazon Advertisingでは、ブランド新規顧客の指標など、マーケティングファネル全体で広告の効果を把握できるように、指標やレポートオプションを各種ご用意しています。広告パフォーマンスの測定について詳細はこちら。