業界のマーケティング

食料品マーケティング

野菜や卵などの商品のオンラインショッピングは人気が高まっています。米国では、2025年までにオンライン食料品業界が2,500億ドルを超えるビジネスになる見込みです。自分のがブランドをどのようにアピールできるかをご覧ください1

スイカ、ピーマン、ブドウのイラスト
食料品の袋を持っているコートを着た男性

食料品マーケティングを理解する

ここ数年にわたって、食料品のオンラインショッピングは加速しています。消費者が新しいデジタル食品ショッピング方法を採用するにつれ、ブランドはAmazonの広告ソリューションを使用して、オンラインとオフラインの両方でこれらの新規のお客様にリーチする機会があります。

現代の食料品業界

ライフスタイルのニーズに対応するために、食料品のオンラインショッピングを利用する消費者が増えています。たとえば、Amazon.com、Amazon Fresh、Whole Foods Marketの購入者を含むAmazonのオンラインの食料品購入者は、利便性と時間を節約する方法を探しています2。業界が進化するにつれて、ブランドはオーディエンスにリーチする新しい方法を見つけ、自社の商品を購入者に最初に思い浮かべてもらうようにする必要があります。

食料品マーケティングの傾向

内円の83%

83%の食料品購入者は、オンライン購入や店舗での受け取りなど、柔軟な配送とフルフィルメントのオプションを使用したいと考えています3

内円の33%

米国の消費者の33%は主に店舗で食料品を購入しており、48%は実店舗とオンラインの両方で購入するオムニチャネル購入者です4

内円の44%以上

調査対象となったAmazonのオンラインの食料品購入者は、対面で食料品を購入するお客様よりも、食料品を購入する前にオンラインのタッチポイントにエンゲージメントを深めている可能性が40%高くなっています。5

食料品ブランドが直面している課題

2人の人とマイクを示す青いアイコン

オムニチャネルでの買い物に適応する

2020年以降、米国における食料品の支出は3~4%から10~15%に増加していま。6。この消費者のショッピング行動の変化により、広告主様は新しいオーディエンスにリーチするために戦略を適応させる必要があります。

マーケティングチャネルに囲まれて中央にショッピングカートが表示されている青いアイコン

分割されたチャネル

ブランドが広告を掲載する場所は増えますが、チャネルが分割されるため、食料品のオンラインショッピングで一貫性のあるアクセス可能な情報を探している購入者を混乱させる可能性があります。

青い頭と電球を示すアイコン

デジタルディスラプションに対応する

この数年間で、食料品の需要と収益が増加している一方で、非接触型決済や集配を伴うオンライン食料品の利用も増加しています。広告主様は、消費者が店舗で買い物を楽しむ時間が短くなっていても、広告戦略で新しい消費者行動に働きかけ、売上を促進する方法を検討する必要があります。

食料品広告掲載のヒント

オムニチャネル広告ソリューションでお客様に働きかける

Amazonのオンラインの食料品購入者の5人中1人には、広告が有効なストリーミングサービスを使用してリーチできる可能性があります7。 AmazonのストリーミングTV広告を使用すると、ショッピング、食料品、ライフスタイルオーディエンスに働きかけることができます。

ショッピング中のお客様にリーチする

Amazonのオンラインの食料品購入者は、対面での購入者よりも、週に数回食料品を買う可能性が2倍になります8。ブランドは、オンラインショッピングジャーニーにおいて複数のタッチポイントでこれらの購入者とつながる機会があります。また、Amazonのランディングページを使用して、ブランドはオーディエンスが新商品を見つけるのを支援します。

お客様がブランドを見つけるのをサポートする

約29%のお客様が探索的マインドセットであるか、27%がAmazonで食料品を購入しているときに閲覧しています9。Amazon Adsは、ブランドが食料品のプロモーションをお客様のニーズに合わせることを中心とした広告戦略を構築するのに役立ちます。Amazon DSPを使用すると、ブランドはAmazon内外でオーディエンスにリーチし、上位商品を紹介できます。また、ブランドはAmazon音声広告で、画面を見ていない時間にオーディエンスとつながることができます。

  • 参照元:

    1「Grocery’s New Reality: The Pandemic’s Lasting Impact on US Grocery Shopping Behavior」、Mercatus(Incisivと連携)、2020年
    2食料品ショッピングオーディエンス調査、Kantar社とAmazon Ads、2020年12月
    3 Salesforce「State of the Connected Consumer」2020年、米国
    4 Supermarket News、「U.S. grocery shoppers head back to stores as COVID-19 vaccinations rise」、2021年
    5 US Supermarket News、「U.S. grocery shoppers head back to stores as COVID-19 vaccinations rise」、2021年
    6米国 - Kantar社とAmazon Advertisingの食料品調査、2020年、米国
    7 食料品ショッピングオーディエンス調査、Kantar社とAmazon Ads、2020年12月
    8、9食料品ショッピングオーディエンス調査、Kantar社とAmazon Ads、2020年12月