ガイド

音声マーケティングと音声広告の説明

音声マーケティングは、音楽、ポッドキャスト、その他のサウンドを使用してブランドを宣伝するマーケティングの一種です。オーディオ広告は、体験型で非常に魅力的になり得るという点で、他の形式のマーケティングとは異なります。

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

お気に入りのオーディオコンテンツの合間に定期的に再生される10~30秒の音声広告を通して、ブランドメッセージが聞かれるようにしましょう。

クリック課金制広告を作成して、お客様がAmazon内で貴社の商品を見つけるようサポートしましょう。

Amazonのエンドツーエンドの制作サービスが音声広告の有効化にどのように役立つかについては、お問い合わせください

音声マーケティングは、ブランドがキャンペーンメッセージを画面を超えて拡げるのに役立ちます。音声マーケティングには、ジングル、スコア、ブランドコンテンツなど、幅広いコンテンツが含まれます。また、音声広告も含まれます。音声広告はコンテンツマーケティングの重要な一部であり、広告対応音楽ストリーミングやポッドキャストなどの音声エクスペリエンスに広告を組み込むことで、広告主様はお客様が自分に関連性の高い商品やサービスを見つけられるよう支援することができます。

音声マーケティングが重要なのはなぜですか?

音声マーケティングでは、広告の選択肢が増えています。Edison Researchのシェアオブイヤー調査の2021年第1四半期版によると、ラジオによる従来の音声に加えて、ストリーミング音声は2014年以降 64% 増加しています。1 これにより、ソーシャルメディア、アプリ、オーディオブック、音声版ブログ投稿、ポッドキャストなど、どこにいてもデジタルマーケティングがお客様にリーチできるようになります。たとえば、eMarketerは18歳から34歳までの米国の成人の60%が毎月のポッドキャストリスナーであることを発見しました。2

ヘッドフォンで音楽を聴いている人

デジタル音声広告のメリット

音声広告をデジタルコンテンツ戦略に統合することには、さまざまなメリットがあります。米国の41%の世帯にスマートスピーカーが少なくとも1台存在する状況では、広告対応プレミアムコンテンツをオーディエンスが1日のさまざまなタイミングで聴いているので、音声広告はブランドがオーディエンスにリーチするのに役立ちます。3 また、テクノロジーを活用した画面を見ていない時間や、インタラクティブコンテンツを見ているときなど、さまざまなコンテキストでオーディエンスにリーチすることで、新しい方法でオーディエンスとのエンゲージメントを効果的に高めるのに役立てることができます。

リーチが広範囲の音楽ポッドキャストニュースアイコン

1.音声広告は広範囲にリーチできる

音声広告の素晴らしいところは、音楽ストリームやニュースストリームなど、広告対応のさまざまな場面で宣伝できることです。Amazonの音声広告はプログラマティックであるため、ブランドのクリップをさまざまな場面で取り上げることができます。これにより、ブランドはキャンペーンメッセージを広範囲に共有し、より多くのお客様とつながるのに役立ちます。

電話アイコン

2.音声のお客様が注意を払っている

最近の調査では、コネクテッドデバイスを利用するAmazon Alexaユーザーの38%が、スマートデバイスでコンテンツを視聴している間、広告に最も注意が向いたと答えています。4 また、 Amazonコネクテッド音声のお客様の29%が日常的に購入に至っています。一般人口の場合は18%に過ぎません。5 広告対応の音楽ストリームやニュースストリームを聴いているときに関連性の高い広告を聞くと、お客様は日常の中で必要な商品を見つけるのに役立つ可能性があります。

エコースマートスピーカーアイコン

3.自宅で画面を見ていない時間が増加

2021年のEdison Infinite Dialのレポートによると、スマートスピーカーの所有者は急速に増加しており、2021年には前年比で50%増加しました。6 実際同じレポートでは、米国の各家庭には平均2.3台のスマートスピーカーがあることを示しています。7 とても多くのスマートスピーカーがあることがわかります。

クリックして購入アイコン

4. 音声広告はインタラクティブにできる

さらに、お客様は音声広告と直接やりとりする機会を持つことができます。たとえば、スマートスピーカーでお客様がハンズフリーで購入できるようにしたり、ポッドキャストでクリック可能なコンパニオンバナー広告をアプリに表示したりできます。さまざまなコンテキストのオーディエンスにリーチすることにより、音声広告は新しい方法でオーディエンスとのエンゲージメントを効果的に高めるのに役立ちます。

音声広告戦略の策定

コンテンツマーケティング戦略用に音声を作成する際、注意すべき点がいくつかあります。お客様はさまざまなチャネルを使用するので、ブランドは、適切な場面で適切なタイミングでメッセージを共有し、リスナーにとって最も関連性の高いものにするために、音声広告キャンペーンで何が最も効果的かを意識する必要があります。最後に、音声キャンペーンの結果を測定することは、成功の判別に役立ちます。

1.チャネルを決める

焦点を絞るのにサポートが必要ですか? まず、スマートスピーカーでの主要なインタラクションは音楽ストリーミングであることを念頭に置いてください。8 たとえば、プレイリストに広告のコンパニオンバナーを追加できます。音楽だけでも音声広告には多くのオプションがあります。

2.オーディエンスを把握する

コンテンツマーケティング戦略では、広告の理想的なオーディエンスについて考えます。お客様が何を求めているか、どのトピックがお客様にとって最も興味深いかを考慮します。ジングル、スコア、ブランドコンテンツなど、さまざまな音声コンテンツがあり、ブランドが音声広告のメッセージやクリエイティブを判断するのに役立ちます。

3.結果を考える

音声は、主に広告主様のためのブランド構築ツールです。それで、役に立つパフォーマンス分析指標がいくつかあります。リーチ、頻度、音声の完了率を測定することから始めるのが良いでしょう。また、音声がブランドの存在感をどれほど高めるかを考慮するため、ブランドリーチとリフトについても同様です。

Amazon制作サービスで魅力的な音声広告を作成する

ご存知でしたか? 対象となるAmazon広告オーディオキャンペーンでは、最初のアイデアからすぐに実行できる音声広告まで、エンドツーエンドの制作プロセスにクリエイティブサービスを提供します。詳細についてはお問い合わせください。

音声広告のお客様事例

音声広告は、ブランドが新しいオーディエンスにリーチするのに役立ちます。Amazon AdsとIpsosの最近の調査に基づき、これらの広告でリーチできるAmazonコネクテッド音声のお客様の例をいくつか見つけました。

オーディエンスアイコン

若くて裕福なオーディエンス

Amazonコネクテッド音声のお客様は一般的に若年成人で、その中心は35~44歳です。9 これは一般集団よりもわずかに若く、ブランドが新世代のユーザーと広告を共有できる機会になる可能性があります。

また、Amazonの音声広告のオーディエンスは、一般集団よりもやや裕福で、購買力も高く、その29%が毎日オンラインで購入していると報告されています10

音楽アイコン

音楽好きのお客様

スマートスピーカーでは、音楽ストリーミングが主要なインタラクションであることを忘れないでください。11 そして、音楽のカテゴリーもまた、違いを生みます。 カントリーミュージックは、米国のAmazon Musicの広告対応層で最も多く再生されているジャンルです。12 これらのリスナーは、オンラインまたはアプリでの食料品の購入が米国の一般集団よりも多く、スマートホームデバイスへの関心が高くなっています。13 また、カントリーミュージックの後にはポップミュージックが続き、このリスナーはテレビや映画をオンラインでストリーミングする可能性が高くなります。ロックミュージックのリスナーはバンキングや投資目的で、オンラインにアクセスしたりアプリを使用したりする可能性が高くなります。14~15

結論

Amazon音声広告は、音声コンテンツマーケティングを始めるうえで最適です。まず、ブランドはAmazon Adsのアカウントエグゼクティブと連絡を取り、音声を使用してリーチを拡大することができます。その後、ブランドはAmazon Musicの広告対応層に音声広告を追加できます。これには、モバイルとデスクトップも含まれます。

1 Edison Research、2021年、米国
2 eMarketer、2021年4月、米国
3 MRI Simmons Cord Evolution Study、2021年4月、米国
4~5 Connected Consumer Study、2021年、米国
6~7 Edison Infinite Dial Report、2021年、米国
8、11 MRI Simmons Cord Evolution Study、2021年7月、米国
9 MRI Simmons、2021年春、米国
10 Amazon AdsおよびIpsos、2021年、米国
12 Amazon Musicの広告対応層の平均総再生回数、米国、2021年7月~9月
13Global Web Index: カントリーミュージックリスナー(1,700万人のリスナー)米国一般集団(2億200万人)
14Global Web Index: ポップミュージックリスナー(1,700万人のリスナー)米国一般集団(2億200万人)
15Global Web Index: ロックミュージックリスナー(1,700万人のリスナー)米国一般集団(2億200万人)