ガイド

ホリデーの広告

Amazon Adsのお客様による、成功した6つのホリデー広告キャンペーン

ホリデー広告には、10月から12月にかけて季節イベントの前後に実施されるキャンペーンや広告が含まれます。ブランドはホリデーマーケティングを使用することにより、割引、セール、キャンペーンをギフトの贈り主や商戦期の買い物客に提供できます。

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

クリック課金制広告を作成して、お客様がAmazon内で貴社の商品を見つけるのをサポートしましょう。

その他のポイントについては、祝祭シーズンの広告に関する完全ガイドをご覧ください。

ホリデー広告とは

ホリデー広告とは、通常、1年の第4四半期の主に11月から12月までの広告を指しますが、10月という早い時期の広告にも使われることがあります。この時期は、ホリデーシーズンと呼ばれ、クリスマスなどのたくさんのギフトを贈るホリデーがあることや、ブラックフライデーやサイバーマンデーなどの割引率の高い主要なショッピング期間があることでも知られています。

ホリデーマーケティングキャンペーンは、ギフトを提案するソーシャルメディアの投稿や、特別な割引を宣伝するメールキャンペーン、買い物客にホリデーギフトとして商品を検討するよう促すディスプレイ広告など、いくつものチャネルで構成することができます。ホリデーマーケティング戦略とは、ホリデー広告を特定の方法で作成することや、ウェブサイトをホリデーをテーマにしたものに見えるようにすることではなく、適切な時に関連性の高いメッセージをオーディエンスに届けることです。

ホリデー広告が重要な理由

多くの企業は、ホリデー商戦期がショッピングのピーク時期になるため、1年で最も重要な時期の1つとみなしています。非常に多くの買い物客が購入に意欲的なため、ホリデー広告はブランドが適切なオーディエンスにリーチするのに役立ちます。

ホリデー広告の6つの成功例

ここでは、Amazon Adsのお客様によるホリデーマーケティングキャンペーンの成功例を数件ご紹介します。これは、独自のホリデー広告を作成するときのヒントになります。

事例

パンデミックの影響でCoca-Colaがイタリアの非営利フードバンクのBanco Alimentareのために毎年行ってきた対面募金イベントを開催できなくなったとき、同社はオンライン環境に軸を移しました。同ブランドはAmazon Adsと連携してAmazon.it内にデジタルクリスマスマーケットを作成しました。このマーケットでは、Banco Alimentareに貢献する限定版のCoca-Colaクリスマスギフトボックスが呼び物でした。キャンペーンの成功により、2020年に15万食分の資金をBanco Alimentareに提供できました。1

Coca Cola

事例

2020年はチャリティーの資金調達が厳しい年でした。全米児童虐待防止協会(NSPCC)は、デジタルでの資金調達の促進に役立てるために「サンタからの手紙」ホリデーマーケティングキャンペーンを展開しました。NSPCCは、メディアエージェンシーであるOMD UKと共にAmazon Adsと提携し、オーディエンスが集まるあらゆる場所で関連性の高いオーディエンスの認知度とエンゲージメントを向上させました。このチャリティー団体は英国の800万人以上の消費者にリーチし、目標を400%超える寄付を集めました2

1人の男性と2人の子供

ブログ

「ぺんてる」は、ホリデーマーケティングキャンペーンでブランドの認知度、検討、売上の促進に役立てるためにAmazon Adsを活用しました。同社は、スポンサー広告、ストア音声広告Amazon DSPを介したディスプレイ広告を組み合わせて、競争の激しいホームオフィスと筆記具カテゴリーでブランドメッセージと商品ラインを拡大しました。このブランドでは、2019年に比べて、広告に起因するインプレッション数が5倍以上、広告に起因する売上が3倍以上、広告に起因する商品の注文点数が2倍以上増加しました。3

電話中の女性

事例

Church & Dwight Canada Corp.は、ホリデーシーズンに買い物客とつながりたいと考え、Amazon Adsと連携して売上を伸ばすのに役立つキャンペーン戦略を作成し、Amazon DSPを使用してディスプレイ広告を掲載しました。その結果、ベンチマークと、以前のホリデーキャンペーンを上回りました。

バティステ

事例

キャンペーンを最適化するためにホリデーマーケティングの成功度を測定することは、キャンペーンそのものと同じく重要です。排便時の姿勢を改善するために設計されたスツールの世界的なメーカーおよび販売者であるSquatty Pottyは、Amazonアトリビューションでそれを行いました。ホリデーシーズン中の配送の課題は、12月25日までに到着を保証できないことでした。ホリデーセールを見逃したくなかったので、Squatty PottyはAmazonの保証付き配送を利用することにしました。 Squatty Pottyのウェブサイトで、購入者がカートに商品を追加するための典型的なCTA(コールトゥアクション)の下に、「早めにお届けします」というメッセージを付けた別のCTAを追加しました。クリックすると、購入者がAmazon内の関連性の高い詳細ページに誘導されるようにしました。Amazonアトリビューションのおかげで、同社は2番目のCTAがAmazonでのショッピングアクティビティと売上につながったかどうかについてのインサイトを得ることができました。

バスルームにあるポット

事例

掃除機からコーヒーメーカーまで幅広い家庭用品を扱うブランドのSharkNinjaは、ホリデーシーズン中にAmazon内での売上を促進する戦略を採り入れたいと考えていました。 同社はMarketplace Strategyに依頼し、Amazon Adsと、SharkNinjaの商品の利点をフルに特集した商品詳細ページを活用して、最新のホリデー広告戦略を作り上げました。

Sharkninja

ホリデー広告を始める

ホリデー広告の計画を始める準備ができたら、Amazon Adsで利用できるソリューションを検討できます。Amazon内で販売する企業は、スポンサー広告を使ってホリデーマーケティングを開始できます(または、Amazonの書籍の広告に関するホリデーガイドを参照)。当社のマネージドサービスソリューションを使用したホリデー広告の詳細については、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

1 広告主様提供データ、イタリア、2020年
2 Amazon Internalデータ、英国、2020年
3 Amazon Internalデータ、米国、2020年