ビューティー(スキンケア)マーケティング

Amazon Advertisingは、スキンケアブランドのマーケティング戦略にどのように適合しますか? ブランドの認知度の向上やコンバージョンの促進をお考えの方は、Amazon内外を問わず、Amazonが提供できる広告ソリューションについてご覧ください。

それでは、消費財の購入について見てみましょう。消費財(CPG)の購入の95%は実際の店舗で行われているにもかかわらず、購買決断の77%がデジタルマーケティングによるものです。1これは、スキンケア商品などの消費財の購買が、オンラインとオフラインのタッチポイントの両方を含むオムニチャネルによるものであることを示します。この傾向は、店舗で買い物をするお客さまがオンラインで商品を調査することに時間を費やしている可能性が高いことを意味しています。ブランドにとって、デジタル広告を通じてお客さまを魅了し、興味を持ってもらう貴重な機会であることがわかります。

Amazon内外で購入者にエンゲージするAmazon Advertisingは、スキンケアブランドのマーケティング戦略を実行するための広告ソリューションとして役立ちます。

1IRI、デジタルメディアの最適化、2018年、米国。

Amazon Advertisingがスキンケアのマーケティング戦略推進に役立つ仕組み

Amazon Advertisingは、ブランドの発見や検討からオムニチャネルでのリーチと結果の促進まで、Amazonやオフラインでの購入までの全過程にわたる対象範囲を広げるのに役立ちます。

スキンケア商品の購入者に大規模にリーチする

Kantarによるカスタム調査では、Amazonはスキンケア商品の購入者の30%にリーチしていることが明らかになりました。2Amazonは、世界中に3億以上のアクティブなお客さまアカウントを有しているため、3Amazonのスキンケアカテゴリーにエンゲージメントを示さないスキンケアの購入者にも、大規模にリーチすることができます。

ブランドおよび商品の認知度を高める

Amazonを訪問するスキンケア商品購入者の33%が、新しいブランドや商品を見つけています。店舗にいながらAmazonを訪問する購入者の場合、オーディエンスは40%に増加します。4

購入までの過程全体における測定結果

Amazon Advertisingのキャンペーンは、インプレッションから商品詳細ページの閲覧数や購入率まで、さまざまな指標を提供するため、カスタマージャーニー全体での広告のパフォーマンスを追跡することができます。

2Kantar、2019年、米国。
3Amazon四半期決算発表、2020年第1四半期。アクティブなお客さまアカウントとは、過去12か月間に注文を行ったアカウントを指します。
4Comscoreのプラン指標、2019年。

事例: The Honest Company

ビジネスの成長を加速するために、The Honest Companyは、ブランドの認知度を高め、売上を促進する効率的な方法を探していました。

スキンケアブランドがAmazon Advertisingを活用できる方法

Amazonの広告商品の中から、マーケティング目標に合ったものを選ぶことができます。

ブランドの認知度

Amazon外の広告やブランドサイトにリンクアウトするクリエイティブを中心に、OTT動画広告音声広告Amazon DSPなどの広告商品を通してブランドの成長をサポートします。このような広告戦略では、ほとんどの影響はオフラインチャネルで見られます。

オンラインリテールの目標に基づくブランド広告

Amazonにリンクインするクリエイティブを中心に、Amazon DSPの動画広告やディスプレイ広告などの広告商品を通じて、Amazonとオフラインの両方における影響力を強めることができます。

パフォーマンス広告

運用型のディスプレイ広告スポンサーディスプレイ広告スポンサープロダクト広告、およびスポンサーブランド広告などの広告商品や、Prime Dayなどの季節イベントにより、Amazonにおける影響力を強めることができます。

効果測定

Amazonの効果測定ソリューションは、Amazonやサードパーティのサイトおよびアプリにおける購買行動に対する広告の影響を理解し、Amazonやオフラインでのパフォーマンスを包括的に把握するのに役立ちます。ファーストパーティのインサイトを活用して、Amazonのさまざまなタッチポイントにおける影響を測定することができます。サードパーティレポートを活用して、オフラインでの影響を測定することができます。広告主様は、オフラインでの売上やブランドの向上率などの高度な広告インサイトを確認することができます。

スキンケア業界のインサイト

スキンケアの消費者動向を常に把握することで、広告戦略を成功に導くことができます。直近の1か月のうちに、スキンケア商品を購入した1,066人を対象に実施されたKantarによるカスタム調査により、購買過程に関するインサイトが明らかになりました。これは、スキンケアを購入する米国女性人口を代表するものとします。

オムニチャネルでの買い物

カスタム調査によると、オンラインのタッチポイントを持っていたインストアのスキンケア購入者が、Amazonを頻繁に訪れていることがわかりました。5この傾向はブランドがAmazon Advertisingを通じて、オムニチャネル化したカスタマーエクスペリエンスを構築する絶好の機会があることを示しています。

スキンケアに関するその他のインサイト6:

• スキンケア商品購入者の大半である88%は、
インストアで購入しています。
• インストアのスキンケア商品購入者の半数以上は、購入前にオンラインでのタッチポイントを持っていました。

オンラインのタッチポイントの重要性

スキンケアの購入者は、オンラインサイトを利用することについて以下のような理由を挙げました。

• すでに検討している商品についての調査/詳細を確認する(47%)
• ニーズに合った最適な商品を見つける(39%)
• お買い得情報やプロモーションのある商品を見つける(28%)

こうした傾向は、スキンケア商品の購買過程がオムニチャネル化していることを示します。インストアの購入者はオンラインのタッチポイントにエンゲージメントを示しており、オンラインとインストアの両方の購入者は、Amazonにエンゲージメントを示しています。

5Kantar、2019年、米国。
6Kantar、2019年、米国。

スキンケアのマーケティングリソース

ブランドストーリーの重要性

お客さまはブランドを重視しています。このようなお客さまの傾向を自社の広告戦略に反映することが大切です。

Amazon DSPによるブランディング

お客さまはブランドを重視しています。このようなお客さまの傾向を自社の広告戦略に反映することが大切です。

ご利用開始にあたって

成功の基本: Amazon Advertisingについてから、広告ソリューションの概要について説明します。