業界のマーケティング

ビューティーマーケティング

ビューティーカテゴリーは急速に成長しているグローバル産業です。2021年のビューティーおよびパーソナルケア業界の収益は5000億ドルを超えました。1 また、業界の複合年間成長率は4.76%と予想されています。2 Amazon Adsのサポートによってビューティーブランドがどのように目立った存在になれるのかをチェックしましょう。

支度をしながらアイクリームを塗っている女性のイラスト

最近のビューティー業界

ビューティーカテゴリーの購入者はますますオンラインで商品を購入するようになっており、ブランドにとってはカスタマージャーニーに沿って購入者が最初に思い浮かべるブランドであり続けるチャンスです。Kantarと共同で実施した調査に基づく:

28%

28%を示す棒グラフ

オンライン購入者は低価格の商品を探しています。3

22%

22%を示す棒グラフ

実店舗での買い物を避けたいと考えていました。4

21%

21%を示す棒グラフ

実店舗では通常取り扱っていない、見つけにくいブランドや商品を検索しています。5

39%

39%を示す棒グラフ

オンラインで入手可能な商品を検索しています。6

Amazon内でのビューティーマーケティング

Amazonはビューティー商品を発見するための主要な小売業者と言えます。7 Amazonのビューティーカテゴリーには、マスビューティーブランドとラグジュアリービューティーブランドがあります。これらのブランドには、化粧品、ヘアケア、スキンケア、フレグランス、ビューティー家電、ネイルなどさまざまなカテゴリーがあります。

ビューティーマーケティングを理解する

化粧品の購入の45%はある程度計画的である。
ある程度計画的な購入には、商品を購入したいが、どの商品がいいかよくわからなかったり、購入したいブランド/商品は決まっていても、どのモデルがいいかよくわからなかったりする購入者による購入が含まれます。8

数字で見るビューティーマーケティング

データの視覚化が84%を占める

Amazonにアクセスしたプレミアムスキンケアの購入者の84%は、広告を見たことを覚えています。9

Amazonのデバイスに触れる手

プレミアムスキンケアの購入者の2人に1人は、AlexaやFire TVなどのAmazonデバイスを所有しています。10

ナンバーワン

Amazonのビューティーカテゴリーの購入者は、スキンケアで一番必要なのは保湿だと答えました。11

笑顔で化粧をしている女性

ガイド

ビューティー広告を最適化すると、長期的な見返りを得られる可能性があります。ブランドのビューティー広告の作成開始に役立つ6つのポイントをご覧ください。

ビューティーブランドが直面している課題

メール、カレンダー、クリック、吹き出しアイコンに囲まれたショッピングカートの青いアイコン

オムニチャネルでの買い物

広告主様は、オムニチャネルリテールに適応することが求められています。ストリーミングTV広告、ストリーミング音声広告、ソーシャルメディア、リテールメディアなどのオンラインメディアは、リテールの意思決定の77%に影響を与えているものの、CPGの購入の90%は依然として実店舗で行われています。12 オンラインで商品を購入するお客様の数が増えるにつれて、ブランドは関連性の高いオーディエンスに対するリーチを強化するために広告戦略を適応させることを検討するとよいかもしれません。

青いショッピングカートアイコン

消費動向の変化

オンラインショッピングの人気はますます高まっています。2020/2021年にオンラインでショッピングを始めた購入者の89%は、オンラインでの商品購入を続ける可能性が極めて高い、またはかなり高くなっています。13

2人の人が中にいる青いアイコン

クロスカテゴリー購入者にリーチする

マスビューティー購入者は、プロフェッショナルかつラグジュアリーなスキンケアカテゴリーで買い物をする傾向もあります。Amazon Adsは、広告主様がビューティーサブカテゴリー全体で最初に思い浮かべるブランドであり続けるよう支援できます。14

ビューティー広告掲載のヒント

1

Amazon AdsでストリーミングTV広告を掲載することは、ブランドがビューティーおよびライフスタイルカテゴリーのオーディエンスにリーチするのに役立ちます。また、Fire TVデバイスやPrime VideoやAmazon Freeveeなどのサービスを使用する、ケーブルテレビ契約を止めた人たち/したことのない人たちにリーチすることもできます。

2

ビューティープロモーションをお客様の興味や関心に合わせることにより、戦略を最適化します。Amazon DSPを使用すれば、ブランドはAmazon内外のオーディエンスにリーチできます。動画広告とディスプレイ広告により、ブランドや上位商品をオーディエンスがすでにいる場所で紹介できます。また、Amazonの音声広告を使用すれば、エンゲージメントの高いオーディエンスで溢れる成長チャネルに加わることができます。

3

調査対象のプレミアムスキンケア購入者の半数以上が、購入決定においてブランド名が重要だと答えました。15 スポンサーブランド広告やスポンサープロダクト広告などのAmazon Adsソリューションでオーディエンスにアピールしましょう。

出典:

1、2 ビューティーおよびパーソナルケア用品のレポート、Statista、グローバル、2021年
3~8 KantarとAmazon Adsのビューティー用品オーディエンス調査、2021年11月、米国
9~11 KantarとAmazon Advertising P2P Liteの調査、2021年6月
12 NielsenIQのオムニチャネルの基礎2021
13 KantarとAmazon Adsのビューティー用品オーディエンス調査、2021年11月、米国
14 Amazon Internal、2021年1月~2021年12月、米国
15 Amazon Internal、2021年8月