Alexaホーム画面

Alexaホーム画面ディスプレイ広告は、Amazon Echo Showデバイス上にローテーションで表示されるフルスクリーン静的画像です。広告はアンビエント表示での使用中に表示され、天気、レシピ、スポーツ、ニュースなどの他のコンテンツと共にローテーションで表示されます。この掲載枠は、エンターテイメント広告主様にのみご利用いただけます。

エクスペリエンスの概要

お客様は、「アレクサ、予告編を見せて」または「アレクサ、動画を再生して」をタップまたは発声して広告を表示できます(「予告編を見せて」は予告編動画に使用し、「動画を再生して」はコマーシャルを含むその他の種類の動画コンテンツに使用します)。CTA(コールトゥアクション)をタップまたは発声すると、Echo Showデバイス上で動画が全画面で再生されます。動画が終了すると画面は静的広告に戻り、全画面画像のローテーション表示が再開されます。

さまざまなデバイス上の動画広告

デバイス上の広告付き動画の例

クリエイティブガイドライン

クリエイティブコンポーネント

Alexaホーム画面広告には、ロゴ画像と背景画像の2つのカスタム画像コンポーネントが必要です。背景画像には半透明のオーバーレイが自動的に適用され、クリエイティブの背景画像とロゴ画像のコントラストがより強くなるように、画像の左半分、上辺、下辺が暗くなります。

動画も必須であり、すべての年齢層に適している必要があります。過度に暴力的な動画、または成人向けの言葉やテーマを含む動画は受け付けられません。推奨される長さ: 60秒以下。

オーバーレイ、デバイス要素、CTAヒントなどのUIコンポーネントは変更できません。

クリエイティブコンポーネントグラフィック

アセット仕様

画像コンポーネント未加工アセットの要件*最終ファイル要件
背景画像サイズ: 1920x1080px、またはそれ以上
フォーマット: PSD(高品質でレイヤー化されている)
サイズ: 1920x1080px
最大ファイルサイズ: 450 KB
フォーマット: JPG
ロゴ画像サイズ: 700x350px、またはそれ以上
フォーマット: PSD(高品質でレイヤー化されている)、
AI、EPS、またはSVG
サイズ: 700x350px
最大ファイルサイズ: 450 KB
フォーマット: PNG
動画コンポーネントサイズ最大ファイルサイズフォーマット再生時間
動画1280x720px、またはそれ以上(アスペクト比16:9)500 MBMP4、M4V、MOV、MPEG6秒以上3分以内(60秒を推奨)

*未加工アセットは必須です。すべてのアセットチェックリストをご覧ください。

背景画像

デバイスインターフェイスのオーバーレイがあるため、重要な要素は画像の上部に配置しないでください。重要な要素は画像の右側に配置してください。最も重要な要素(主要なキャラクターの顔など)は、オーバーレイやテキストで覆われるように、緑色のフェイスセーフエリア内に配置する必要があります。水色のエリアにある要素は、小さいデバイスの場合はテキストでブロックされたり、部分的にブロックされることがあります。

セーフゾーン

背景画像のセーフゾーン
オーバーレイなしの背景画像

オーバーレイなし

オーバーレイ付きの背景画像

オーバーレイあり

最終ファイル要件

サイズ: 1920x1080px
フォーマット: JPEG
最大ファイルサイズ: 450 KB

ガイドライン

  • 背景画像は、1920x1080pxのフルサイズで鮮明に見えなければなりません。拡大画像は使用しないでください。
  • ロゴ、広告コピー、免責条項、法的テキスト、コンテンツ評価は、背景画像には使用できません。それらはロゴ画像内に配置する必要があります。
  • 画像はコンテンツの主要なキャラクターや商品のエキサイティングな要素を使い、お客様が引き込まれるような、魅了されるようなものにします。
  • 背景画像の焦点(例:主要な被写体や登場人物の頭部など)が緑のセーフゾーン内にあることを確認します。
  • 背景画像の左側(ロゴ画像が重なる位置)に十分な空きスペースがあることを確認します。
  • セーフゾーンは、可能な限り背景画像の主要な被写体で埋まっているようにします。構成のバランスがとれていることを確認します。主要な被写体の一部が切れて表示されたり、大きすぎる顔が表示されることがないようにします。
  • 大部分が白または明るい背景の画像は、白いテキストと区別が付きにくいため、使用しないでください。
  • コントラストの強いパターンは使用しないでください。コントラスト比は5:1以下にすることを強く推奨します。
  • 背景画像にテキストやロゴを追加しないでください。
  • マルチタイトルクリエイティブは使用しないでください。コンテンツタイトルは1つだけ使用してください。
  • 背景画像をエクスポートする場合は、半透明のオーバーレイを含めないでください。
  • ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – comicstaan

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – カットオフ、低コントラスト

    主要な被写体が切れて表示されるのを避け、背景とロゴ画像のコントラストは十分に確保してください。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – absentia(『アブセンシア~FBIの疑心~』)

    主要な被写体でセーフゾーンが埋まり、すべてのデバイスサイズでバランスが取れています。

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – 小さすぎる

    特に小型のデバイスで、主要な被写体が小さすぎます。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – goliath(『弁護士ビリー・マクブライド』)

    主要な被写体でセーフゾーンが埋まり、すべてのデバイスサイズでバランスが取れています。

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – 大きすぎる

    顔が大きすぎて、特定のデバイスサイズでは切り取られてしまいます。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – ordeal by innocence(『無実はさいなむ』)

    主要な被写体が興味や関心を引く形で、お客様のエンゲージメントを高めます。

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – カットオフ

    主要な被写体が切れて表示されています。クリエイティブが未完成です。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – the expanse(『エクスパンス~巨獣めざめる~』)

    背景画像はフルブリードで、お客様にコンテンツのコンテキストをより多く提供しています。

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – ハードエッジ

    背景画像が黒い枠で切り取られています。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像 – troop zero(『トゥループ・ゼロ~夜空に恋したガールスカウト』)

    セーフゾーンは、可能な限り背景画像の主要な被写体で埋まっているようにします。

    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – 小さすぎる

    主要な被写体が小さすぎて、背景画像内ではっきりと見えません。

    ✔ 以下は推奨されています。
    承認された画像  – electric dreams(『エレクトリック・ドリームズ』)
    ✘ 以下は禁止されています。
    承認されない – コントラストが悪い

    コントラストの強いパターンは使用しないでください。コントラスト比は5:1以下にすることを強く推奨します。

ロゴ画像

デバイス画面上のロゴ画像スペース

ロゴの例

ロゴ画像には、次の要素が含まれます。

ロゴの例 – 要素
番号ロゴ画像要素意味制限事項
1ロゴコンテンツタイルのロゴ、ブランドロゴ、コンテンツプロバイダーのロゴ。コンテンツタイトルのロゴには、最も上位の視覚的優先度を適用します。
2広告コピー
(任意)
CTA補助テキスト、ブランドのキャッチフレーズ、追加の広告コピー、開示情報。CTAテキストは4語までです。(ストリーミングサービス/アプリ名は1語とカウントされます。例:IMDb TV、Prime Video、Freetime
Unlimited。)

合計8語までです。
(開示情報は除きます。ワード数はロゴや評価ラベルには適用されません。)

開示情報のテキストは2語までです。
3コンテンツ評価ラベル
(該当する場合)
広告掲載されるコンテンツタイトルの評価。12/13歳以上が対象と評価されるコンテンツに必要です。

ロゴのガイドライン

  • ロゴ画像は700ピクセルのフルワイドにしたときに鮮明に見えなければなりません。ロゴの拡大画像は使用しないでください。
  • ロゴのロックアップは左揃え、中央揃え、垂直中央に配置します。
  • コンテンツタイトルのロゴは、他のロゴ要素と比較して、上位の視覚的優先度を適用する必要があります。たとえば、コンテンツタイトルのロゴは、他のロゴやテキストよりも明るい色または大きいサイズにします。
  • すべてのロゴは判読可能でなければなりません。ロゴのメインのテキストは最小でも42pt(標準Arialまたは同等のサイズ)に設定します。それ以外のロゴのテキストは、最小でも30ptに設定します。
  • ロゴ画像は背景画像に対してコントラストを付けます。最小でも3:1のコントラスト比が必要です。
  • ロゴやテキストコピーが重複しないようにします。
  • 商標記号を付けることは推奨されず、デフォルトで削除されます。

広告コピー

  • 広告コピーは、一般的なお客様にとって明確で、直接的で、正確で、理解できるものにする必要があります。
  • 文末に句読点を付けないでください。
  • すべてのテキストは、最小でも30pt(標準Arialまたは同等のサイズ)で表示します。
  • 「例外規定」、著作権に関する声明、法律関連の記号は含めないでください。
  • 広告コピーは、
    • お客様に期待されている行動を伝えます。
    • 動詞から始めます。
    • 最小でも30ptのフォントを使用します。
    • 8語以下に制限されています。
    • 特典のお知らせには使用できません(例:「5ドル割引」など)。
  • 免責条項のテキスト
    • 登録が必要 – プロモーションするコンテンツに、Prime Videoの登録以外の追加の有料登録が必要な場合は、次のいずれかの方法で、その旨をクリエイティブに明示する必要があります。
      • 広告コピーのテキスト内: 「登録して見る」、「見るには登録してください」など。
      • クリエイティブ内の法的テキストとして含める文言: 「登録が必要」など。
      • 広告コピーテキストと法的テキスト内: 「7日間の無料トライアルで見る」のほか、追加の法的テキスト「各種制限が適用されます」など。
    • レンタル/購入:プロモーション対象のコンテンツが、コンテンツのレンタル/購入のための支払いを必要とする場合は、その旨をクリエイティブで明示する必要があります。
      • CTA(コールトゥアクション)テキストに含める文言: 「Prime Videoで購入またはレンタル」、「レンタル可能」、「購入可能」、「今すぐ購入」、「購入してストリーミング」、「プライム会員セール」、「今すぐ見る『+ Prime Videoシネマのロゴロックアップ』」など。

Alexaホーム画面クリエイティブのすべての広告コピー(開示情報を含む)は、該当する場合、クリエイティブ承認ポリシーを満たす必要があります。

コンテンツ評価ラベル

コンテンツ評価ラベルは、12/13歳以上のコンテンツに必要で、ロゴ画像内に配置する必要があります。

コンテンツ評価ラベル付きのロゴ画像

ガイドライン

  • PSDテンプレートで提供されているコンテンツ評価ラベルを使用します。
  • コンテンツ評価ラベルが判読可能であることを確認します。たとえば、必要に応じて背景画像や評価ラベルの色を調整します。
  • コンテンツ評価ラベルが、広告掲載されるコンテンツタイトルまたはアプリの評価を反映していることを確認します。
✔ 以下は推奨されています。
承認された画像 – red oaks(『レッド・オークス』)

コンテンツ評価ラベルは、ロゴ画像内に配置する必要があります。

✘ 以下は禁止されています。
承認されない – 背景画像のテキスト

ロゴ、広告コピー、免責条項、法的テキスト、コンテンツ評価は、背景画像には使用できません。それらはロゴ画像内に配置する必要があります。

著作権に関する声明や法律関連の記号などの法的テキストは、デフォルトで削除されます。法的テキストを使用する場合は、次の要件に従ってください。

  • 法的テキストはロゴブロックに配置します。
  • 評価ラベルに法的テキストを重ねないでください。
  • 24ptフォントを使用します。
  • テキストは1行に収めます。
  • 法的テキストがロゴブロックからはみ出さないようにします。
法的テキスト

動画

動画はトリミングされずにフルサイズで画面に表示されます。一部のデバイスでは画面サイズが異なるため、ビデオの上下に黒いバーが表示されます。

動画の例

要件

サイズ: 1280x720px、またはそれ以上(アスペクト比16:9)
再生時間: 6秒以上3分以内(60秒を推奨)
最大ファイルサイズ: 500 MB
フォーマット: MP4、M4V、MOV、MPEG
動画コーデック: H.264
動画ビットレート: 12mbps以上推奨
オーディオビットレート:128kbps以上
ラウドネス値:-24 LKFS +/- 2dB
トゥルーピークレベル:-2dB

動画はすべての要件を満たしている必要があります。元のアセットに対する編集は行いません。

未加工の動画アセットにレターボックス(上下の黒いバー)が表示されないことが望ましいです。ただし、プロモーション対象コンテンツの全編の動画でレターボックスが使用されている場合は、予告編でもレターボックスが使用されることがあります。

ガイドライン

  • 1280x720px以上の適切な解像度で高品質の動画を提供してください。
  • 推奨: 再生時間60秒以下
  • 低すぎたり高すぎたりしない、ノーマライズされたコントロールボリュームを使用してください。
  • プロバイダーのロゴを含むシンプルな最終スライドを含めてください。スライドの再生時間は3秒以内にしてください。
  • 本編の主要な登場人物やシーンを紹介し、お客様に期待感を持たせます。
  • 動画について、広告が表示される地域の主要言語が使われていることを確認します。
  • 小型のデバイスでは読めない字幕など、小さなテキストの使用は避けてください。
  • 営業調の音声をオーバーレイで動画に追加しないでください。
  • 動画に次のいずれも含まれていないことを確認します。
    • 裸体または性的な性質のコンテンツ
    • 違法行為または薬物やアルコール摂取の描写
    • 暴力的または脅迫的な方法で表現されている武器(例:血まみれのものなど)。銃がキャラクターやお客様に向けられている、または発砲行為(武器から出ている弾丸や銃身の周りの煙など)が表現されている。
    • 非常に高い場所から落下する人などの危険な状況を含む、流血または暴力シーン
    • 成人向けの性的内容を示唆する露骨な言葉
地域
北米
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • PL
  • SE
  • TR
  • UK
中東
  • EG
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP
  • SG
アセットチェックリスト
  • 参考用の既存の標準広告ユニット
  • レイヤードPSD形式の高解像度画像
  • JPG、TIFF、PNG形式の高解像度画像(任意)
  • ベクトル形式のロゴ(PSD、AI、EPS、SVG)
  • キャンペーンコピー
  • フォント
  • ブランドガイドライン
  • 動画(仕様を参照
  • コンテンツ評価(必要な場合)