Fire TVが広告主様のネットリーチ拡大にどのように役立つ可能性があるか

Fire TVを使用すると、ブランドは既存のTV広告の予算を変更することなく、リーチを増やすことができます。

ストーリーのハイライト:

2021年には、米国でストリーミングTVの視聴者ユーザーが2億1,370万人、つまり人口の合計63.8%を占めると推定されています。1そして、ストリーミングTVのオーディエンスは前年比で成長し続け、2025年には2億3,000万人に達すると予想されています。2

米国の視聴者の大半がコンテンツをストリーミングしている現在、ブランドはストリーミングTV広告への投資を増やしています。広告主たちがこのチャネルのオーディエンスにリーチしようとしているため、今年の支出は40億ドルを超えると予測されています。3

Fire TVはAmazonのストリーミングTV広告ソリューションであり、お客様は複数のプロバイダーの番組、映画、スポーツを簡単にストリーミングできます。世界中で5,000万人以上のアクティブな月間視聴者が、Fire TVを使ってお気に入りのコンテンツにアクセスしています。4

Fire TVでの広告を検討しているブランドの場合、Fire TVが新規顧客へのリーチを増やすのに役立つ可能性があるかどうかに関心があるかもしれません。また、Fire TVのお客様は、リニアTV視聴者と何が違うのか疑問に思われているかもしれません。同様に、Amazonのストアで商品を販売していないとしても、Amazonのストリーミング動画広告の商品がお客様にリーチするのに役立つ可能性があるかどうかを知りたい場合もあるでしょう。

これらの質問に答えるため、独自のNielsen Media Impact(NMI)のインサイトと51のブランドに適用された最適化アルゴリズムを分析しました。これは、Fire TVをメディア予算に含めることでブランドが達成できるリーチの増加を示します。51のブランドは、Amazonで商品やサービスを販売する26のブランドと、Amazonで商品やサービスを販売していない25のブランドで構成されています。

主な点として以下のことがわかりました。

1.Fire TVの広告でリーチが39%増加

Fire TVをTVメディアプランに組み込むことで、広告主様の既存のTV広告予算を変更することなく、リーチを拡大しました。広告主様は、Amazonのストアで商品を販売しているかどうかにかかわらず、メディアプランにFire TVを追加することで、より多くのリーチを達成することができました。平均して、ブランドのネットリーチは2.2ポイント増加しました。

リーチが増加したのは、リニアTVでFire TVのオーディエンスの約39%にリーチしていなかったため、潜在的なオーディエンスが増加したことが要因です。

Fire TVがもたらすネットリーチの増加(パーセンテージポイント)
Fire TVが地域限定および地域限定なしのブランドにもたらすリーチの増加
リニアTVでリーチしていないFire TVオーディエンスの割合
地域限定のブランドの方が、リニアTVでリーチしていないFire TVオーディエンスの割合が高い
Fire TVがメディアプランに追加された場合のリニアTVのリーチの変化の分布(基本ポイント)
地域限定のブランドの方が、リニアTVのリーチにおける変化の分布が大きい
オレンジの丸キー: 地域限定

地域限定

黄色の丸いキー:地域限定なし

地域限定なし

2.Fire TVはミレニアル世代のオーディエンスに人気

Fire TVとリニアTVのオーディエンスには人口統計上の違いがあります。2019年のNielsenの調査であるNMIのインサイトによると、ミレニアル世代はFire TVユーザーの高い割合を占めており、Fire TVユーザーの44%が18歳から39歳までです。一方、リニアTVの視聴者は、X世代とベビーブーマーの傾向があります。40歳未満は大人のリニアTV視聴者のわずか34%です。

つまり、Fire TVをTV広告の予算に組み込むことは、ミレニアル世代のオーディエンスにリーチしたい広告主様にとって特に役立つ可能性があります。TVゲームのように、購入者がミレニアル世代に偏っている商品やサービスの広告主様は、Fire TVでの広告から最大のメリットを得られる可能性があります。

年齢分布: Fire TVユーザーとリニアTV視聴者

Fire TVユーザーとリニアTVユーザーの年齢分布を示すグラフ

年数=年齢

Fire TVユーザー

リニアテレビ視聴者

年齢比較: Fire TVユーザーとリニアTV視聴者

Fire TVユーザーとリニアTV視聴者の年齢比較を示すグラフ

年数=年齢

デモグラフィックでの高い割合がリニアTVを使用

デモグラフィックでの高い割合がFire TVを使用

結論として、Amazonで商品を販売しているかどうかにかかわらず、Fire TVでの広告は、TVメディアの予算を増やすことなく、ブランドがリーチを拡大するのに役立つ可能性があります。また、Amazonで販売しているブランドや、ミレニアル世代のオーディエンスにリーチしたいブランドの場合、Fire TVでの広告が効果的かもしれません。

調査方法論

最適化アルゴリズム

機械学習アルゴリズムを使用して、広告主様のメディアプランの理論的なパフォーマンスをテストしました。このアルゴリズムは、ブロードキャスト、ケーブル、同時配信、Fire TVの間で各ブランドのリニアTVの金額を最適化して、ネットリーチ、または1つ以上の広告インプレッションを受け取る可能性のあるオーディエンスの合計を最大化します。この結果では、リニアTV予算の一部を最適化してFire TVに配分すると、各ブランドの合計ネットリーチが平均2.2パーセントポイント増加した可能性があることを示しています。また、Fire TVでリーチしたオーディエンスの約39%は、ブロードキャスト、ケーブル、または同時配信による広告インプレッションを通じてリーチできなかった可能性があることも示しています。

1コネクテッドTVユーザー、米国、eMarketer、2021年2月。
2コネクテッドTVユーザー、米国、eMarketer、2021年2月。
3「米国の前払いのCTV広告費は今年40億ドルを超えるだろう」、eMarketer、2021年。
4Amazonの広告主様は、Fire TVで5,000万人以上のアクティブな月間ユーザーにリーチ可能に。