ガイド

ブランドの認知度

定義、重要性、戦略の例、および仕組み

ブランドの認知度とは、消費者が特定のブランドのことをどれほどよく知っているかを指します。消費者がブランドのロゴ、名前、商品、その他のアセットをどの程度認識できるかによって測定されます。効果的なブランド戦略は、ブランドのターゲットオーディエンスを定義し、ユニークセリングプロポジションを開発し、さまざまなタッチポイントで一貫したブランド体験を生み出します。

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

Amazonの商品検索結果に表示される広告で、お客様がブランドや商品を見つけられるようにサポートします。

最も効果的な広告フォーマットを活用して、ブランドの認知を向上させましょう。初めての動画キャンペーンに関する実践的なサポートについて、ぜひお問い合わせください。

ブランドの認知度とは何ですか?

ブランドの認知度、つまりブランドの認識度とは、お客様が名前によって商品またはサービスのことをどれほど知っているかを指します。これは、商品やサービスに対する消費者の関心の始まりです。ブランドの認知度は、消費者の購入までの過程における最初のステップであり、ブランドとの関係性の出発点でもあります。

ある企業のことを、その企業の商品を使っていないにもかかわらず認識できたり、思い出したり、結びつきを感じたりすることに疑問を持ったことはありませんか? それは、その企業はブランドの認知度が高いからです。つまり、消費者がそれらのブランドをよく知っている、または認識しているからです。

企業のブランドとは、ロゴやキャッチフレーズのみにとどまりません。販売する商品、ストーリーを伝える方法、審美性、提供するカスタマーエクスペリエンス、企業理念などを組み合わせたものです。

たとえば、あなたの親友について考えてみてください。初めて会ったとき、何らかの第一印象を持ったことでしょう。その人とさらにやり取りすることで、徐々に相手に対する感じ方が形成されてきました。そして、それに基づいて、あなたは相手の人柄や信念について理解を深めてきました。あなたの心の中には、親友についてある意味「ブランド」のように確立したイメージがあるはずです。それはあなたが相手との体験のあらゆることを組み合わせて形成されます。

お客様によるブランドに対する認識は、時間の経過に伴うさまざまな情報に基づきます。企業は、さまざまなタッチポイントで一貫したメッセージとエクスペリエンスを提供することで、ブランドを構築します。その一貫性、メッセージとエクスペリエンスの繰り返しは、ブランドを覚えやすくするためのカギであり、ブランドの認知度を高めるためのカギともなります。

ブランドの認知度を向上させることが重要なのはなぜですか?

ブランドの認知度は、見込み客が購入の検討を始めるタイミングで、そのブランドを最初に思い浮かべるようになるのに役立ちます。結局のところ、強力なブランドは重要ですが、ビジネスを成長させるには、消費者にブランドを知ってもらう必要があります。ブランドの認知度は、信頼を育むのに役立ち、ブランドのストーリーを伝えたり、消費者とエクイティを構築したりできるため重要です。

2022年にStatista社が実施したグローバル調査によると、10人中5人の消費者が、自分にとって魅力的なイメージを持つブランドには、より多く支払っても構わないと回答しました。Statista社によると、「2022年には、世界の最も価値ある100のブランドの総価値が22%以上増加し、過去最高の8.7兆ドルに達しました」。「比較すると、ちょうど2年前は、この数字は約5兆ドルでした。」

ブランドの認知度も、企業がその価値観とミッションを共有できる強力なアイデンティティを確立するのに役立つため、重要です。このようなつながりは消費者にとって重要です。2022年のAmazon AdsとEnvironics Researchのレポートによると、世界の消費者の79%が、価値観が自分に合ったブランドから購入する可能性が高いと答えています。

ブランドの認知度はどのような仕組みですか?

ブランドの認知度は、プロモーション、広告、ソーシャルメディアなどを通じて、お客様にブランドや商品について知ってもらうのに役立ちます。ブランドの認知度キャンペーンの成功は、ブランドや商品を他のブランドや商品と差別化するのに役立ちます。多くのブランドは、ブランドの認知度を検討と結びつけることができます。 ブランドや商品を知っている消費者が多ければ多いほど、消費者が購入を検討する可能性が高くなります。

購入過程は直線的ではありませんが、従来のマーケティングファネルは、それを思い描き、認知度の重要性を実証するための便利な方法であると言えます。

認知度はファネルの最上部にあり、そこに商品についてさらに詳しく知ることに興味・関心を持つかもしれない消費者がいます。ここで肯定的な体験によりお客様の注目を集めるブランドは、認知度を高めるのに役立ち、お客様により多くの情報を知りたいと思ってもらえる可能性があります。

お客様は、さらに情報を求めるタイミングでファネルの次の段階である検討に入ります。つまり、購入を検討します。認知度のレベルで受け取ったインスピレーションに基づいて、購入意欲が高まります。また、さらに得た情報を介して気持ちが動かされたお客様は、購入に向けたコンバージョンフェーズに入ります。

プロセス全体を通して、見込み客は選択肢を絞り込んでいきます。すでにお客様とブランドの認知度がある企業は、自社がどのような企業で、他社と何が違うのかを説明する必要がないため、一歩リードしています。基本的に、そのような企業はお客様への「自己紹介」が済んでいるため、見込み客の購入決定に関連性の高い、より具体的な情報の配信に集中することができます。

たとえば、最先端の新しいテレビについて聞いて、興味・関心を持ったとしましょう。そして、2つの企業が同じテレビを同じような価格で販売しているとします。1社は全く知らない企業で、もう1社はブランドの認知度が高い企業です。2番目の企業から商品を購入したことがなかったとしても、そのブランドの認知度は商品に信頼性を与える強みになります。だからこそ、ブランドの認知度を育成することはとても重要なのです。

人々が注目できる範囲には限りがあります。無数のブランドが同じ消費者の注目を奪い合う中で、あなたのカテゴリーの商品を考えたときに、消費者が思いつく最初のブランドであることは役立ちます。大手ブランドはこのことを知っています。だからこそ、人々はそれらのブランドを知っているのです。多くの消費者がそれらのブランドと、それらのブランドが提供するものをすでに関連付けていることは、偶然ではありません。そして、有名ブランドが認知度の向上に時間をかけて投資してきたのは間違いではありません。

企業はブランドの認知度をどのように向上させますか?

企業は、プロモーション、ソーシャルメディア、インフルエンサープログラム、そしてもちろんブランド広告を通じてブランドの認知度を高めることに貢献できます。ブランドは、ストリーミング、コンテンツマーケティング、没入感のあるストーリーテリング、インタラクティブな広告体験型広告などを通じて、認知度を高めるための他のクリエイティブな方法も模索しています。Statista社の2022年の調査によると、世界中のコンテンツマーケティングの主な目標は「ブランドの認知度を向上させる」ことです。

たとえば、ブランドはスポンサーディスプレイ動画広告を使用して、お客様がお気に入りのコンテンツを購入したり消費したりする間に、商品やブランドストーリーをより記憶に残るものにすることができます。スポンサーディスプレイ広告に動画クリエイティブを使用し、「コンバージョンに合わせた最適化」の入札額最適化を選択した広告主様は、平均して売上の86%がブランド新規顧客の購入者によるものであったのに対し、画像クリエイティブを使用した広告主様では78%でした。1スポンサーブランド広告は、商品検索結果でブランドや商品を紹介するクリエイティブ広告でブランドが注目を集めるのに役立ちます。すべてのスポンサーブランド広告フォーマットを使用した広告主様は、平均して売上の79%がブランド新規顧客によるものでした。2

ブランドの認知度をどのように測定しますか?

Amazon Adsには、ブランドの認知度を測定する方法がいくつかあります。たとえば、ブランド新規顧客指標などです。スポンサーブランド広告は、ブランド新規顧客指標を使用した独自のレポートを提供します。これは、過去12か月間の新規顧客の総数または新規顧客による売上合計を測定するのに役立ちます。

カスタマージャーニーにおいてAmazon外の多くのチャネルが一定の役割を果たすことを理解していると、Amazonアトリビューションを使用してオーディエンスが商品を発見する方法を把握することが可能です。このコンソールは、検索、ソーシャル、動画、ディスプレイ、メールなどにわたり、広告の効果測定を統一するのに役立ちます。さまざまなタッチポイントにおけるデジタル広告の影響を理解することで、認知度を向上させ、ブランドマーケティングの目標を達成することが可能です。

どんな規模の予算でも、測定可能な成果を促進するのに役立つ可能性のあるソリューションがあります。

ブランドの認知度指標

マーケティング担当者がブランドや商品に対する消費者の親近感を測定するために使用するブランドの認知度指標とKPIは数多くあります。これらのブランドの認知度指標により、マーケティング担当者はマーケティングの取り組みの効果や、消費者が商品、価値観、ブランドストーリーについて学ぶのにキャンペーンが役立っているかどうかを追跡して把握することができます。

インプレッション数

マーケティングにおいて、インプレッションは、何人の消費者が広告を見たか、広告が何回表示されたかを示すのに使用されるシンプルな指標です。

トラフィックまたはページビュー

ブランドが「トラフィックの増加」について言及する場合、ブランドサイトにある商品ページやその他のリソースにアクセスする、オンラインアクションを起こしたお客様を指します。詳細なレポートには、ページビューだけでなく、ストアのビジター、ユニークビジター、ストアのページビュー、ストアから生み出された売上が含まれます。

ブランド新規顧客

ブランド新規顧客指標は、広告に起因する購入が既存のお客様によるものか、または1年以内にAmazon内でブランドの商品を購入した新規のお客様によるものかを広告主様が判断するのに役立ちます。

ブランドの向上率調査

Amazonブランドリフトは、認知、購買意図、広告想起などのマーケティング目標が、Amazon Adsのキャンペーンによってどのように推進されているかを広告主様が定量化するのに役立ちます。

マーケティングリーチ

マーケティングにおけるリーチとは、広告やキャンペーンコンテンツを見たオーディエンスの規模の効果測定のことです。リーチは実際のオーディエンスを測定し、マーケティングリーチはキャンペーンがリーチする可能性のある潜在顧客を測定します。

ブランドがAmazon内でブランドの認知度を高めるにはどうすればよいですか?

あらゆる規模のブランドが、Amazon内で認知度を高め、ビジネスを成長させています。そのために、大企業をはじめ、新たに自費出版のKindle小説を宣伝する初めての著者にいたるまで、そしてその間に位置するあらゆる広告主様が、補完的なブランド構築ソリューションを使用しています。

認知度を高め、見込み客とより深い関係を築くため、Amazon Adsは関連性の高い効果的なソリューションを幅広く提供しています。たとえば、スポンサーブランド広告は、購入者がAmazon内で商品を閲覧したり発見したりする際にブランドが働きかけるのに役立ちます。カスタム見出しを作成して、お客様が購入しようとしているタイミングでブランドメッセージを共有し、商品を紹介することができます。広告内のロゴをクリックすると、カスタムランディングページまたはストアに移動します。ストアでは、より没入感のあるショッピング体験を通じて、ブランド商品をさらに紹介できます。セルフサービスストアは、Amazon LiveでのストリーミングやPostsと同様、追加費用なしでブランドの認知度を高めるのに役立ちます。

ブランドの認知度の例

企業が消費者に対するブランドの認知度を高めるために使用した、クリエイティブと成功している戦略のいくつかの例を以下に示します。

事例

2022年、Loftieは自社のミッションと商品の認知度を高めることに着手して、テクノロジーとライフバランスの改善によりお客様がよく眠れるようサポートしました。これらの目標を達成するために、この中小企業はスポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、その他のスポンサーディスプレイ広告を含むキャンペーンを、特にホリデー近くに開始しました。

Loftieはスポンサーブランド動画広告にも焦点を当てました。これを使って、自社商品がお客様にもたらす主なメリットを強調しました。Loftieは動画広告を使って、自社のアラームクロックが他のアラームクロックとどう違うかをお客様に伝えることができました。これは検討の促進に役立ち、カテゴリー内でそれらがより目立つようになりました。2022年、Loftieのスポンサープロダクト広告キャンペーンの平均広告費用対効果(ROAS)は5.66ドル、売上高広告費比率(ACOS)は17.68%でした。一方、同ブランドのスポンサーブランド広告キャンペーンのクリックスルー率は1.06%で、そのカテゴリーでは75パーセンタイルに入りました。3

Loftieのテーブルランプと時計

事例

2022年、フォルクスワーゲンは新しいID.4電動SUVについて消費者に知らせるクリエイティブな自動車マーケティングキャンペーンを見つけたいと考えていました。Amazon Ads Brand Innovation Lab 、Amazon Web Services、フォルクスワーゲンは、史上初のTest Drive With Alexaを開発しました。これは、一部の地域のお客様がフォルクスワーゲンのID.4 EV SUVのAlexaガイド付き試乗ができるプログラムです。

Alexa搭載の車を試乗した後、参加者の28%がフォルクスワーゲンID.4に関する詳細情報を求め、大多数がディーラーにフォローアップを依頼しました。4 キャンペーンによるブランドの効果測定では、18歳から34歳の間で認知度が統計的に有意な上昇が見られました。4

フォルクスワーゲンのTest Drive With Alexa

事例

2022年、KITKATは新しい大人Z世代やミレニアル世代のオーディエンスに新しい方法でリーチすることを目指してAmazon Adsにアプローチしました。チームは、このデジタル世代のオーディエンスにアピールするため、昔からあるチョコレートバーをどのように最適な方法で売り出せるか模索したいと考えました。

Amazon AdsとKITKATは、Twitchプレミアムインストリーム動画広告を、ブランドが認知度を高め、ゲームコミュニティとの親和性を高めるのに役立つ理想的なソリューションであると認識しました。Twitchプレミアムインストリーム動画広告により、ブランドはデスクトップ、モバイル、タブレット、コネクテッドTVの各デバイスでのライブ配信に広告を組み込み、Twitchのエンゲージメントの高いコミュニティとつながることができるようになりました。

このキャンペーンでは、純粋想起によるブランドの認知度を52%向上させることができました。これは、類似のキャンペーンにおける純粋想起によるブランドの認知度の平均ベンチマークを3倍も上回りました。広告を見たオーディエンスも、KITKATをゲームと関連付けて考える可能性が2倍以上高くなりました。5 広告を見たTwitch視聴者も、「どんなに偉大なチャンピオンでも休憩が必要だ」というKITKATのメッセージを適切なブランドに帰属させる傾向が、類似のキャンペーンの平均的なベンチマークと比較して2倍も高くなりました。

Kit Katチョコレート

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

1 Amazon Internalデータ、2023年
2 Amazon Internalデータ、2022年
3広告主様提供データ、2023年
4広告主様提供データ、2022年
5 TwitchとAmazon Adsの社内データ、2022年6月