バーチャルプロダクトプレースメント(ベータ版)が、広告主様がブランドを成長させるのに役立つ6つの方法

2022年9月1日 | 投稿者:Andrew Cole、商品マーケティングマネージャー

バーチャルプロダクトプレースメントの例

子供の頃、ピザハットが有名なスタッフドクラフトピザを発表したときのことを覚えています。A)これはすごい、そしてB)彼らがこのホールピザをさらに良いものにし続ける別の方法を見つけるには何年もかかるだろうと思いました。最近のアドテックの進歩のおかげで、映画やTVのプロダクトプレースメントについても今日同じように感じています。

一時停止。タイムアウト...私のエピソードは、ブランド化されたピザハットに言及したので、より説得力があるように思えましたか? もしそうなら、それは、消費者の77%がブランド名が理由で商品を購入することが調査で示されているからです。1 そして、コンテンツ内のナチュラルプロダクトプレースメントは、ブランドが信頼性のある控えめな仕方でお客様とつながるための魅力的な方法になり得ます。

広告主様は新しい方法でオーディエンスを増やし、ブランドをプレミアムコンテンツと連携したいと考えているため、Amazon Adsは現在、テクノロジー主導型の商品統合(バーチャルプロダクトプレースメント)をベータ版で提供しています。これは、ブランドがPrime VideoとAmazon Freeveeの参加しているストリーミングタイトルを介してコンテンツ内の露出を確保するための、すぐに利用できる拡張性の高い方法です。

もちろん、プロダクトプレースメントは、少なくとも1世紀にわたって人気のあるエンターテイメントで行われてきました。1872年までさかのぼって、ジュール・ヴェルヌは「八十日間世界一周」で実際の輸送会社の名前を挙げました。アカデミー作品賞を受賞した最初の映画「つばさ」では、Hershey’sのチョコレートを使った複数のシーンが特色となりました。また、戦略的に置かれたReese’s Piecesがなかったら、エリオットがどうやってE.T.と接触したかを想像するのは難しいことです。

視聴者が楽しんでいる番組やストーリーの中からブランドが希望するオーディエンスにオーガニックにリーチするこのような瞬間は、効果的です。また、現在、広告業界でブームになっているトレンドでもあります。

2021年に、米国の広告主様の34%が、ブランドコンテンツ(ブランド出資シリーズ、プログラム内統合、共同ブランドのカスタムソーシャルメディアコンテンツなどを含む)への投資を前年比で増加させ、平均追加投資は23%でした。2さらに、動画広告主様の3人に2人がマーケティング活動でプログラム内ブランディングを使用していると報告しており、47%が広告付きコンテンツに、35%が広告なしコンテンツにブランドを配置しています。3

バーチャルプロダクトプレースメントは、デジタルレンダリングされた商品、ビルボード、またはロゴを映画やTVシリーズの撮影後に挿入する新しいテクノロジーです。当社は、各参加タイトルの掲載場所と利用可能な商品カテゴリーを決定する際に、コンテンツクリエイターと緊密に協力しています。すべての決定は、各映画またはシリーズの芸術的ビジョンに沿って行われ、プレースメントがストーリーの妨げになったり、視聴者の楽しみに影響を与えたりしないという共通の目標があります。

ブランドがストリーミングコンテンツに影響を与えるこの新しい方法について詳しく知りたい方のために、バーチャルプロダクトプレースメントが違いを生む6つの方法をご紹介します。

1.よりシンプルで柔軟なプロダクトプレースメントソリューション

広告主様の37%は、2021年に前年と比較して特にプログラム内統合により多くの予算を費やし、40%は2022年にその投資を増やす予定があると報告しています。3バーチャル統合によりプロダクトプレースメントがよりシンプルで柔軟になるため、ブランドコンテンツへのこのフォーカスは、上昇の勢いが続く可能性があります。

37%が支出

2020年と比較して2021年に、プログラム内統合により多くの費用を費やしている広告主様

40%がプログラム内統合

2022年にプログラム内統合予算を増やす予定の広告主様

従来のプロダクトプレースメントの決定は、映画やTVシリーズのプレミア放映の数か月前または数年前に行う必要があり、特に後日変更することはできません。バーチャルプロダクトプレースメントの場合、制作が完了した後にブランドをコンテンツに挿入することにより、プロセスが合理化されます。

物理的な商品を提供し、それらを設定するための物流を管理し、統合のすべての側面を監督する必要があった時代は遠い昔のことになりました。広告主様にとっては、公開前にブランドがどのように描かれるかを正確に確認し、承認できるのでメリットがあります。コンテンツクリエイターにとっては、本業である素晴らしいストーリーを伝えることに集中して制作に費やすことができるというメリットがあります。

Amazon Adsのバーチャルプロダクトプレースメントにより、広告主様は、既存のファンのお気に入りやPrime VideoとFreeveeで予定されている今後のリリースに、すべて1つのキャンペーン内でブランドを挿入できます。

2.従来の動画広告の戦略的な補完

すべての動画広告フォーマットへの投資が、今年の米国での760億ドルから、2026年には1250億ドルにまで増加を続けると予想されています4。調査によると、マーケティング担当者が標準的なキャンペーンを補完できるプロダクトプレースメントなどの機会を受け入れるオープン性を反映していることが示されています。

1250億ドル
2026年までに予想される米国の動画広告費

今後12か月間に広告主様のニーズに最も関連性が高いと考えるコネクテッドTVコンテンツマーケティングの機会を尋ねたところ、37%の広告主様が動画コンテンツのプロダクトプレースメントを挙げており、トップの座はプレミアムプログラムのタイトルレベルのスポンサーシップによって獲得されています。2

バーチャルプロダクトプレースメントは、広告主様が途中で最適化できる包括的な動画広告キャンペーンに戦略的に追加されるものです。マーケティング担当者は、統合を実行し、全体的な戦略の範囲内でその成功を吟味し、それに応じてキャンペーンと将来のプレースメントを調整できます。

ストリーミングTV広告、バーチャルプロダクトプレースメント、Freeveeプレミアム番組のスポンサーシップを含む、360°動画キャンペーンをAmazon Adsで実施してください。

3.プレミアムストリーミングコンテンツ内に表示されるチャンス

広告主様は、重要な文化的瞬間に合わせる機会をブランドに与えるプレミアムコンテンツにアクセスしたいと考えています。ブランドコンテンツに参加することの最大のメリットについて尋ねたところ、マーケティング担当者の61%が対象オーディエンスとのより深いエンゲージメントを促進できることを挙げ、45%がブランドに人間味を与えることと答えました。2

ブランドコンテンツの広告主様にとっての最大のメリット

61%がより深いつながりを促進

対象オーディエンスとのより深いつながりを促進できる

45%がブランドに人間味を与える

ブランドに人間味を与えることができる

プロダクトプレースメントを成功させるには、希望するオーディエンスがお気に入りのキャラクターやストーリーのアクションに完全に没頭している間に、プログラムのコンテキスト内で彼らにリーチすることがすべてです。バーチャルプロダクトプレースメントは、複数のストリーミングタイトルとプレースメントでこのより深いエンゲージメントと人間味を与える機会を一度に解き放ち、見続ける価値のあるストリーミングのお気に入りの中に大規模に表示される機会をブランドに与えます。

また、Amazon Adsでは、バーチャルプロダクトプレースメントソリューション(ベータ版)はすべて1か所にあります。当社では、各プレースメントを可能にする独自の技術を開発および管理し、受賞歴のあるAmazon Studiosのコンテンツクリエイターを通じてコンテンツパイプラインを提供しています。

バーチャルプロダクトプレースメントにより、Making the CutReacherTom Clancy’s Jack RyanBoschのフランチャイズ、Leverage: Redemptionなど、20以上のPrime VideoとFreeveeの最も人気のあるストリーミングタイトルに表示する機会があり、今後数か月以内にさらに追加されます。

4.裕福で教育を受けたオーディエンスが購入意欲が高くなっている

プロダクトプレースメントに関しては、購入活動を促すものであることを、大多数のオーディエンスが裏付けています。視聴者の63%は、TV番組で取り上げられた商品を見たときに、それを購入したいという衝動に駆られると回答しており、若年(18歳以上)成人層の視聴者が群を抜いています。 平均的な視聴者と比較して、このような心理を持つ傾向がZ世代の成人は20%、ミレニアル世代の成人は8%高くなっています。5

広告主様がユニークオーディエンスの構成をよりよく理解するのに役立つように、Amazon Adsは今年Nielsenと協力して、BoschReacherGoliathThe Tomorrow Warを含む複数のタイトルでの初期のバーチャルプロダクトプレースメントキャンペーンの主要なデモグラフィック情報を理解しようとしました。Nielsenは、TV画面を通して視聴されるサブスクリプションベースのコンテンツを監視し、Nielsen People Meterの参加者からの自己報告情報を組み込む、SVOD Content Ratingsソリューションを使用しました。

+45%

一般消費者と比較して、VPPのテストオーディエンスの世帯が年間20万ドル以上を稼ぐ可能性

+25%

一般消費者と比較して、VPPのテストオーディエンスの世帯が4年以上の大学に通っている可能性

+54%

一般消費者と比較して、VPPのテストオーディエンスの世帯人数が2人以上である可能性

結果によると、一般的なテレビ視聴人口と比較して、年間20万ドル以上を稼ぐ可能性が45%高い高所得範囲のオーディエンス、4年以上の大学に通っている可能性が25%高い教育を受けたオーディエンス、および世帯規模が2人以上の可能性が54%高いオーディエンスにキャンペーンがリーチしていたことがわかりました。6

Amazon Adsでバーチャルプロダクトプレースメントを有効にすると、購入を促すような瞬間に、裕福で教育を受けたオーディエンスにブランドをアピールできます。

5.視聴者が注目する楽しい体験

今日の注意が分断されたエコノミーで、広告主様は、メッセージが競争を乗り越えて消費者とつながるのに役立つソリューションを高く評価しています。広告主様の42%は、ブランドを含むコンテンツに参加することの最大のメリットの1つは、ブランドを目立たせたり、競争に埋もれたりしてしまうことなく注目を勝ち得るのに役立つことだと回答しています。2

バーチャルプロダクトプレースメントは、オーディエンスが意欲的で、注目している環境にブランドを表示します。KantarがAmazon Adsと協力して実施したサードパーティの調査によると、それは、視聴者がお気に入りのプログラムを楽しめる方法で実施されています。

99%

バーチャルプレースメントを使用した番組に対して中立的または肯定的な体験を自己報告したテストオーディエンスの視聴者

21%

バーチャルプレースメントによって番組をより楽しめたと自己報告したテストオーディエンスの視聴者

Amazon Adsは、いくつかのバーチャルプロダクトプレースメントベータ版キャンペーンのオーディエンスへの影響を測定するための一連の調査でKantarと協力しました。調査に参加した視聴者の99%が、プレースメントを含む番組中の中立的または肯定的な視聴体験を自己報告し、回答者の21%が、このプレースメントによって番組をより楽しめたと答えています。7

バーチャルプロダクトプレースメントを使用すると、広告主様は視聴者が多く参加し、楽しんでいる統合により、意欲的なオーディエンスに効果的にリーチできます。

6.ブランドの認知と購買意図の効果的な推進力

プロダクトプレースメントは、広告主様が主要なブランド指標の上昇の達成をサポートするのに効果的です。最も頻繁に測定される指標には、商品想起率(プレースメントを見た後に視聴者がブランドをどれだけよく覚えているか)、ブランドの好感度(ブランドに対する消費者の全体的な心理)、購買意図(注目ブランドを購入する可能性)が含まれます。

初期のバーチャルプロダクトプレースメントテストでは、以下のキャンペーンでバーチャルプレースメントに接した視聴者は、より高い商品想起率を示し、含まれる商品に関する評価が高くなりました。

事例: Making the CutにおけるBubly

VPPの実施前
VPPの実施後

Bublyは、バーチャルプロダクトプレースメントを利用して、Prime VideoのMaking the Cutの3つのエピソードで商品をアピールしました。Kantarが実施したキャンペーン後のブランドの向上率調査によると、スパークリングウォーターブランドの助成想起率、ブランドの好感度、購買意図を高めるのにこのプレースメントは効果的でした。

  • 助成想起率は+18.1%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの6.2倍になりました8
  • ブランドの好感度は+6.8%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの3.2倍になりました8
  • 購買意図は+16.5%の向上が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの9.2倍になりました8

事例: BoschMaking the CutにおけるM&M's

VPPの実施前
VPPの実施後

M&M'sは、人気のファッジブラウニーフレーバーのパッケージを取り上げた、バーチャルプロダクトプレースメントキャンペーンをPrime VideoのBoschMaking the Cutの5つのエピソードで実施しました。Kantarが実施したブランドの向上率調査によると、プレースメントは好感度と購買意図の両方を推進するのに効果的であることがわかりました。

  • ブランドの好感度は+6.9%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの3.3倍になりました 9
  • 購買意図は+14.7%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの8.2倍になりました9

事例: Leverage:Redemption におけるCoffee Mate

VPPの実施前
VPPの実施後

Coffee Mateは、FreeveeのLeverage:Redemption の3つのエピソードにブランドのコーヒークリーマーが含まれたキャンペーンで、バーチャルプロダクトプレースメントに参加しました。Kantarが実施したキャンペーン後のブランドの向上率調査によると、このアクティベーションにより、購入の可能性に加えて、接した視聴者の想起率と商品に対する全体的な心理が向上しました。

  • 助成想起率は+17.1%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの5.9倍になりました10
  • ブランドの好感度は+13%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの6.2倍になりました10
  • 購買意図は+11.9%の上昇が見られ、Kantarが測定したCPGデジタルキャンペーンの6.6倍になりました10

Amazon Adsのバーチャルプロダクトプレースメントの機会には、キャンペーンの影響を測定するために、主要なサードパーティ調査プロバイダーにより調査されたキャンペーン後のブランドの向上率調査が付いています。

結論

消費者の注目を集める機会が増え続ける中で、バーチャルプロダクトプレースメントは、オーディエンスが好きなストリーミングTVコンテンツ内で視聴者にリーチする新しい方法をブランドに提供します。広告主様がブランドを成長させる絶好のチャンスです。

また、今後数か月の間に、さらに多くの番組タイトル、追加のプレースメント、より深いインサイト機能がバーチャルプロダクトプレースメントに組み込まれるため、Amazon Adsは、広告主様とコンテンツクリエイターと協力して、ストリーミングTV広告のこのエキサイティングな新しい章を作っていく予定です。

バーチャルプロダクトプレースメントで、ブランドが新しいオーディエンスにリーチし、影響を与える方法について詳しくは、今すぐAmazon Adsのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください

1「The Power of Branding in 2021」、Forbes、米国、2021年
2 Advertiser Perceptions、Branded Content and Influencer Marketing Report、米国、2021年
3 Advertiser Perceptions、Video Advertising Convergence Report、米国、2021年
4 eMarketer、米国、2022年3月
5 MagnaとAmazon Ads、The Converging Worlds of Content and Commerce、米国、2022年
6 Nielsen Brand Reach Study、米国、2022年。この調査は、TVを介してストリーミングされるサブスクリプションベースのコンテンツの独立した、シンジケート効果測定であるNielsen SVOD Content Ratingsと、視聴者のデモグラフィックの構成を理解する目的で、TVを見るときに存在を登録するメンバーのオプトインパネルであるNielsen People Meterを使用して実施されました。
7 Kantar Brand Lift Studies、米国、2022年
8 Kantar Brand Lift Study、米国、2021~2022年。control = 200、 exposed = 201; Kantar 2021 CPG All Digital Benchmark*
9 Kantar Brand Lift Study、米国、2021年。control = 139、exposed = 181; Kantar 2021 CPG All Digital Benchmark*
10 Kantar Brand Lift Study、米国、2022年。control = 201、exposed = 200; Kantar 2021 CPG All Digital Benchmark*

*ブランドの向上率のすべての結果は、90%の大幅な増加を表しています。