訴求力のある方法でオーディエンスにリーチできるインタラクティブ広告ソリューションを2つご紹介します。

2021年10月28日

いくつもの画面に無限に流れてくる情報が消費者の注意を引くため、ブランドが目立つことは困難な場合があります。ただし、インタラクティブ広告は、オーディエンスが没入型の方法で広告とのエンゲージメントを積極的に高めるよう促すことで、ブランドがオーディエンスとより効果的に働きかけるうえで役立ちます。

Amazon Adsは、ブランドが直接的かつ意図的にオーディエンスにリーチできるように、キャンペーンを変革するためのより多くのオプションをブランドに提供しています。10月26日~10月27日に開催されたunBoxed 2021では、ブランドがオーディエンスのエンゲージメントを高めるのに役立つ、限定ベータ版の2つのインタラクティブ広告ソリューションについて深く掘り下げました。

インタラクティブ動画広告(ベータ版)でお気に入りの番組をストリーミングしているオーディエンスに働きかける

オーディエンスは自宅でテレビ番組をストリーミングして過ごすときに、エンターテインメント体験を妨げることなく、音声やリモコンを使ってショッピングをすることができます。インタラクティブ動画広告を使用すると、オーディエンスはFire TVのIMDb TVアプリでお気に入りのコンテンツを見ながら、カートに商品を追加したり、詳細を調べたり、購入したりすることができます。オーディエンスがブランドや商品についてもっと知りたい場合は、メールで商品の詳細をリクエストするか、画面上のQRコードをスキャンしてブランドのランディングページにアクセスします。

また、ブランドにとっては、インタラクティブ動画広告は、何百万人もの訪問者が広告に積極的にエンゲージメントを深めるよう促します。

インタラクティブ音声広告でリスニングをアクティブな体験に変える

広告主様は、インタラクティブ音声広告を使用して、スクリーンを見ていない時間帯に音楽を聴いているオーディエンスに働きかけることもできます。これらの音声広告は、音声テクノロジーの力を利用して、オーディエンスがブランドとつながるのに役立ちます。

ブランドはAmazon Musicの広告サポートレベルで10秒から30秒の音声広告を掲載できます。また、お客様が興味を持った場合にその広告に働きかけることができるよう、音声コールトゥアクションを含めることも可能です。Alexa搭載デバイスでAmazon Musicの広告サポート枠が提供する音楽を楽しんでいる際にインタラクティブ音声広告を聞いた場合、お客様はAlexaに「後で思い出させて」、「さらに詳細を知りたい」、「カートに入れる」と言うだけで、Alexaは広告に掲載されている商品を特定し、それをカートに追加したり、関連するリマインダーを設定したりします。これは現在、米国の広告主様向けの限定ベータ版です。

インタラクティブ音声広告は、シームレスなつながり方を生み出すことで、オーディエンスが望むときに、音声を使ってもっと簡単で自然に音声マーケティングで働きかけることができるようにします。

これは、インタラクティブ機能を備えたAmazon Adsのイノベーションの始まりに過ぎず、お客様と広告主様のフィードバックに基づいて、今後もエクスペリエンスを進化させていきます。

登録を行うと、unBoxedの全セッションを視聴し、トピック全文をフォローして、新しい広告やマーケティングツールについて詳しく学び、Amazon Adsの年次カンファレンスで取り上げられた主要アイデアについて理解を深めることができます。