シェア・オブ・ボイスパッケージが、プライムデーでのLumineuxの売上増加に貢献

2023年6月19日|投稿者:Jareen Imam、コンテンツおよび編集シニアマネージャー

Lumineux製品

歯科医が考案し、歯科医の認定を受けた非毒性オーラルケアブランドであるLumineuxは、Amazonプライム会員限定のAmazonのグローバルショッピングイベントプライムデーの期間中に、自社の製品を紹介して新規顧客を獲得し、雑然とした状況を打破してブランドの認知度を高めたいと考えていました。LumineuxはAmazon Adsや代理店Vendoと協力して、ブランドの認知度を高め、長期的かつ目に見える口腔衛生効果を得るのに役立つ製品を新しいオーディエンスに紹介する方法を模索しました。

Amazon AdsチームとVendoは、新規顧客へのリーチとトップラインの売上の増加に向けたマーケティング戦略の策定に取り組みました。Vendoの混合広告戦略は、主にスポンサープロダクト広告Amazon DSPリマーケティングに焦点を当てていました。Vendoはスポンサープロダクト広告を活用して、商品検索結果の目立つ位置に掲載枠を配置することで、買い物客にLumineuxの商品やセールを紹介するのに役立つ効果的なキャンペーンを実施しました。また、7月12日から7月13日まで実施されたプライムデーのシェア・オブ・ボイス(SOV)パッケージも使用しました。

SOVパッケージでは、一定の割合の時間枠をブランドが購入し、プライムデーのようなショッピングイベントのトップページでキャンペーンを掲載することができます。Lumineuxのマーケティング目標の1つは、買い物客が最初に思い浮かべるブランドであり続けることだったので、これは重要でした。

「Lumineuxは、新規顧客を獲得してビジネスを成長させたいと考えていました」と、Vendoのメディアバイイング担当ディレクター、Gefen Laredo氏は述べています。「Amazon Adsが提供するすべてのツールを活用したVendoの広告戦略が歴史的な成功を収めたため、Lumineuxの他のマーケティングツールと一緒に広告に多額の投資をして、最大限の成長を促進し成果を上げることは理にかなっていました。Amazon Adsは、Lumineuxの成長と新規顧客へのリーチ能力に大きく貢献してきました。Vendoが採用している関連戦略は、その成長を最大化することを目的としています」

AmazonとLumineux
AmazonプライムデーキャンペーンとLumineux

イベント中の大きな課題は、ブランドを目立たせる方法を見つけることです。「オーディエンスにお得な情報を提供し、Amazonストアの複数の在庫で数千万回ものインプレッションを獲得する機会を作ることで、VendoはLumineuxが歯のホワイトニングの分野で買い物客の記憶に残るブランドとしての立場を確実にしました」とLaredo氏は述べています。「これは、広告ファネルのどの部分が最も価値があるかを判断するという別の課題にもつながります。Amazon DSPリマーケティングにより、Vendoはファネルの最下部に多額の投資を行い、ファネルの最上位への取り組みをサポートすることができました。これにより、オーディエンスとのマルチタッチエンゲージメントを通じて、ファネルの最上位のプレイスメントが最終的にコンバージョンにつながりました」

Vendoによると、このキャンペーンは全体的にLumineuxにとって成功だったようです。SOVパッケージの開始後、このブランドのインプレッション数は3,300万件を超えました。これらの結果は、Lumineuxが購入した特定のSOVパッケージに基づいています。

「Vendoは、Amazon DSPのリマーケティングにより、商品詳細ページを訪れた特定のオーディエンスにプライムデー当日または後日に再びはたらきかけられるようにし、その結果、何千人もの顧客とつながることができました」とLaredo氏は言います。「最後に、Lumineuxのトップページ掲載枠を確保したことで、何百万人もの消費者にLumineuxの商品についての情報提供が可能になり、Lumineuxの製品ページにアクセスすると、Amazon DSPを通じてLumineuxにとって大きなリマーケティングの機会を提供することができました」

さらに、Vendoはキャンペーンを通じてLumineuxのブランド新規顧客へのリーチ拡大を支援し、リピート顧客へのはたらきかけにも成功しました。

「VendoはAmazon Adsで大きな成功を収めています。Amazon Adsの担当者は素晴らしい存在で、私たちがクライアントのために推し進めてきた成長も目覚ましいものでした。レポートは予定通りに行われ、パフォーマンスも非常に素晴らしかったです」とLaredo氏は言います。

1 Amazon Internalデータ、米国、2022年