OvalPreviousOvalNext

再生ボタンを押した視聴者にアピール

近年、多くの人はケーブルTVからストリーミングサービスに移行しています。この成長を続けるオーディエンスにリーチし、お気に入りの映画、TV番組、ニュース、スポーツ中継と並んでブランドにスポットライトを当てましょう。

視聴者の準備が整う

1億3500万人以上

ストリーミングTV広告とTwitchでリーチ可能な重複していない米国の月間オーディエンス数。1

90%

ストリーミングTV広告をメディア戦略に統合した場合の購入率の増加。2

5,000万人以上

世界中のFire TVの月間アクティブユーザー数。3

ブログ

AmazonのストリーミングTV広告を通じて、Merrick Pet Careは視聴者によるブランドの認知度を高め、マーケティングキャンペーン戦略を向上させることができました。

ベッドに横たわっている親子と犬。子供と犬は手を繋いでおり、それを父親が見ている

ストリーミングTV広告を開始する

すべてのストリーミングデバイスでオーディエンスにアプローチできます。詳細については、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

すでにAmazon DSPアカウントをお持ちですか?

よくある質問

動画広告を使用できるのは誰ですか?

このサービスは、ブランド、お取引会社様、出品者様、および代理店が利用できます。Amazon内で商品を出品している企業も出品していない企業も動画広告を購入することができます。(AmazonのストリーミングTV広告は現在、米国と英国でのみご利用いただけます。)

北米
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • SE
  • UK
中東
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP
  • SG
OTT(オーバーザトップ)広告とは何ですか?

ストリーミングTVとは、オーバーザトップ(OTT)とも呼ばれ、衛星やケーブルを使用することなくインターネット経由で動画コンテンツを提供するあらゆるオンラインサービスを指します。ストリーミングTV広告は、ストリーミングコンテンツ内で視聴者に配信される動画広告です。

ストリーミングTV広告を利用する利点はどのようなものがありますか?

現在、従来のTVを通じて視聴者とのエンゲージメントを高めることが難しくなっています。AmazonのストリーミングTV広告を使用することで、お気に入りの映画、番組、スポーツの試合、ニュース番組などを視聴し、ストリーミングに多くの時間を費やしているオーディエンスにアプローチできます。

ストリーミングTV広告はどこに表示されますか?

貴社のコンテンツはIMDb TV、Amazon Publisher Servicesのブロードキャスターとネットワークアプリ、ライブスポーツ、TwitchFire TVのニュースアプリなど、Amazonストリーミングコンテンツの前または途中に表示されます。

広告キャンペーンの結果はどのように測定されますか?

当社の測定ツールを使用すると、キャンペーンの影響をより詳細に把握できます。広告主様は、当社のファーストパーティのレポート指標を利用することにより、インプレッション、固有のリーチ、動画完了率、商品詳細ページの閲覧数、ブランド検索、ブランド新規顧客などのインサイトをさらに詳しく理解することができます。また、当社ではAmazonがサポートする20社以上のサードパーティ測定プロバイダーと協力して、Amazon内外でのストリーミングTV広告のパフォーマンスを測定します。

ストリーミングTV広告キャンペーン用の動画がない場合はどうすればよいですか?

動画要素がなくても問題ありません。動画クリエイティブビルダーを使用して、ブランドの動画広告を作成することが可能です。さまざまな商品、画像、コールトゥアクション(CTA)を試すことで、視聴者が共感するものを見つけましょう。

ストリーミングTV広告の費用はどれくらいですか?

セルフサービスのAmazon DSPのユーザーは、ご自身で動画キャンペーンを購入して管理することができます。マネージドサービスのオプションを希望するユーザーは広告コンサルタントと連携しての管理が可能です。通常、マネージドサービスのオプションは最低費用が35,000米ドルとなります。詳細については、アカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

参照元

1 リーチとは、Amazonの広告サポート対象のOTTコンテンツとTwitchにおいて、どのデバイスについても重複しない米国の視聴者と定義されています。Amazon Internal、2020年
2 Amazon Internal、2020年
3 Amazon Internal、2020年