Amazon DSP

Amazon DSPは、広告主様がAmazon内外を問わず、ディスプレイ広告、動画広告、音声広告といった運用型広告を購入できるデマンドサイドプラットフォームです。

Amazon DSPを使用する理由

Amazonのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)を使用して、Amazonサイトおよびアプリの両方で、パートナーパブリッシャーやサードパーティのアドエクスチェンジを通じて、運用型広告でウェブ上のオーディエンスにリーチできます。

注: Amazon DSP機能の利用可能状況は、マーケットプレイスによって異なります。

ユニークなオーディエンスにリーチ

Amazonのユニークなオーディエンスを使用することで、Amazon内外の新規および既存のお客さまにアピールできます。デバイスとフォーマット全体をシングルビューで表示して、
関連性と結果を向上させます。

ユニークで高品質な在庫にアクセス

IMDbなどのAmazon所有サイトやアプリと、大手パブリッシャーのサイトの両方で、Amazon Publisher Servicesによる直取引在庫やサードパーティのアドエクスチェンジを通じて、運用型広告でオーディエンスにリーチできます。

ブランドにとって安全な環境で表示する

担当者によるサイトレビューからリアルタイムの入札評価まで、自社やサードパーティのソリューションの両方を使用して、品質基準とブランドセーフティを維持します。

指標ベースの戦略を構築する

広告主様には追加費用なしで、キャンペーンの成果の要因を把握するのに役立つオーディエンスインサイトとパフォーマンスレポートをキャンペーン前後に提供します。

Amazon DSPを使用できるのは誰ですか

Amazon DSPは、Amazonに商品を出品していても、していなくてもご利用いただけます。

セルフサービスとマネージドサービスのオプションが利用可能です。セルフサービスでは、広告主様がキャンペーンを全て管理することができます。マネージドサービスのオプションは、コンサルティングサービスを利用しながら、Amazon DSPの在庫へのアクセスを希望する企業や、プログラマティック広告の実施経験が少ない企業向けに設計されています。通常、マネージドサービスのオプションは最低35,000米ドルの費用が必要となります(最低必要な費用は国によって異なる場合があります)。詳細情報は、Amazon Advertisingのアカウント担当者にお問い合わせください

Amazon DSPを利用できる国
北アメリカ
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • UK
中東
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP

広告主様がAmazon DSPを利用する方法

Amazon DSPは、ディスプレイ広告、動画広告、音声広告といった運用型広告を大規模に購入することを希望する広告主様に最適です。

Amazon DSPを利用することで、様々な広告目標をサポートできます。たとえば、すでに商品ページを訪問したオーディエンスについて、購入する可能性が高いと思われるAmazon内でリマーケティングすることができます。あるいは、ブランドの認知度を高め、オーディエンスを拡大することが目標であれば、自社ブランドやトップ商品を紹介する動画を使って、
オフサイトで新規顧客にリーチできます。

ノートパソコンの画面を見ながら、微笑む女性。

Amazon DSPの事例

The Honest Companyは、Amazon Advertisingでのフルファネル広告戦略の一環としてAmazon DSPを利用しました。Amazon DSPを使用することで、ブランドは、Amazonの所有サイトとアプリだけでなく、サードパーティのサイトとアプリでも、Amazonのユニークなオーディエンスにリーチすることができました。

Amazon Advertisingにより、費用対効果が向上しています

– The Honeest Company、最高経営責任者、Nick Vlahos氏

Amazon DSPの利用を始める方法

Amazon DSPに登録するには、Amazon Advertisingのアカウント担当者にお問い合わせください。

すでにAmazon DSPアカウントをお持ちですか? サインイン

よくある質問

DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは何ですか?

デマンドサイドプラットフォームは、複数の参照元からの自動化された集中メディア購入を提供するソフトウェアです。

プログラマティック広告とは何ですか?

プログラマティック広告は、デジタル広告在庫の自動売買です。広告在庫とは、特定のウェブサイトにおける広告スペースのことです。

Amazonで商品を出品していない場合、Amazon DSPを使用できますか?

はい。Amazon DSPは、Amazonに商品を出品していても、していなくてもご利用いただけます。

Amazon DSPではどのような広告を購入できますか?

Amazon DSPを使用してディスプレイ広告、動画広告、音声広告を購入できます。

独自の広告を作成する必要がありますか?

独自のカスタム広告を使用したり、eコマースクリエイティブのテンプレートや動画クリエイティブビルダーなど、Amazon独自のクリエイティブオプションを柔軟に使用したりすることができます。

eコマースクリエイティブには、提供する画像や、商品詳細ページに掲載されている商品画像を含めることができます。eコマースクリエイティブとエンドカスタマーにとって最高のパフォーマンスを発揮するよう、さまざまな要素が自動的に生成されます。

Amazonの動画クリエイティブビルダーでは、既存のテンプレートから1つを選択し、商品詳細ページにある商品画像を使用して、魅力的な動画を無料で作成することができます。

キャンペーンのパフォーマンスを測定するにはどうしたらよいですか?

キャンペーンの効果を様々な方法で把握するための指標を提供しています。リテールインサイトでは、キャンペーン前、キャンペーン中、キャンペーン後のリテール活動を比較することができます。Amazonのキャンペーンレポートでは、消費者が商品を発見、調査、購入する方法について、広告の影響を正確に測定できます。サードパーティレポートのソリューションでは、ブランドの向上率やオフライン販売への影響などの高度なインサイトにアクセスして、メディアチャネル全体の広告効果を十分に理解できます。

Amazon DSPとスポンサーディスプレイ広告の違いは何ですか?

スポンサーディスプレイ広告はセルフサービス型のディスプレイ広告商品です。Amazon DSPは、ディスプレイ広告を含みますが、それに限らずに運用型広告を購入できる商品です。

スポンサーディスプレイ広告では、キャンペーンの作成と最適化の一部が完全に自動化されています。Amazon DSPでは、プログラマティック広告購入のエキスパートがキャンペーンを微調整します。

どちらの商品もリマーケティングオーディエンスに対応し、Amazon内外のオーディエンスにリーチします。