業界のマーケティング

ファッションのマーケティング

Amazon Adsがファッションブランドのマーケティング戦略をサポートする方法 貴社のビジネスがファッション関係である場合、ブランドの認知度向上または売上促進などのさまざまな目標に向けて、Amazon内外でご利用可能なAmazonの広告ソリューションをご覧ください。

現在のファッション業界

ファッションは絶えず変化する業界であり、今日のブランドはお客様の嗜好やショッピング傾向の変化に常に直面しています。

現在のお客様は、いつ、どこで、どのように購入を行うかの選択肢が以前よりも幅広くなっています。また、実店舗とデジタルストアの区分も曖昧になっています。購入者は、実店舗にいても携帯電話で商品を閲覧することができます。オンラインで注文したも商品をお店で返品することも可能です。そのため、ブランドはオムニチャネルで購入体験を向上させる方法を模索しています。商品を試着したり、素材に触ってみたり、展示されている商品を見るなど、店舗にいるような気分を一部再現しようとしているブランドもあります。ブランドの商品をネット上で見るか、実店舗で見るかに関わらず、お客様にシームレスな体験を提供できるように、購入までの障害を取り除いているブランドもあります。

さらに、今日の消費者は自らの価値観に基づいて購入を行うようになっています。そのため、サステナビリティを重視する特定の理念に基づいたブランドや企業を支援する傾向があります。67%の購入者は、サステナブルな素材の使用を、購入を決める際の重要な要素であると考えています。1そして43%の消費者は、社会問題に関してブランドに失望すると、ブランドから離れていきます。2

これらの要素を通して、ファッションブランドは発展してきました。グローバルアパレルカテゴリーは、年間7%の成長が期待され、2025年までには2兆2500億米ドルに達すると予測されています。3

ファッションマーケティングの傾向

2019年、オンラインチャネルはファッション業界の26%を占めていましたが、2020年にはその割合が38%に上昇しました。この傾向は続いており、2025年までにオンラインシェアは56%に拡大すると予測されています。4

ファッション業界の経営者たちは、デジタルを2021年最大のチャンスと捉え、経営者の70%がデジタルコマースチャネルで20%以上の成長を見込んでいます5

ファッション購入者の3人に1人はオムニチャネルの購入者です。アパレル購入者の66%が購入までの過程の中でオンラインタッチポイントを使用し、6インストアの購入者の3人に1人が実店舗にいる間にオンラインで商品についてリサーチを行っています7

ファッションブランドが直面している課題

ブランドロイヤルティ

購入過程の開始時には、購入者の64%が商品を購入するブランドがすでに決まっているわけではありません。8 特定のブランドで行った過去の購入が将来の購入につながるわけではありません。

新しいオーディエンスへのリーチ

購入者は自分の消費傾向についてより慎重に検討するようになっています。9これは、ブランドが検討対象になるためにはさらなる努力が必要であることを意味します。

デジタルシフト

ファッションマーケティング戦略は、ライブストリーミングやソーシャルメディアなど、オンラインでお客様にエンゲージメントする新しい方法を検討する必要があります。10

目的主導型の消費者

消費者の65%が、関心のある問題について企業が声を上げることを望んでいます。11

ファッションマーケティングのインサイト

ファッションの購入者の66%が、週に1回以上Amazonにアクセスしていると報告しています。12

実店舗にいる間にオンラインで商品のリサーチをしたアパレル購入者の48%が、Amazonにアクセスしました。13

ファッション購入者の51%が、Amazonはトップブランドの最新のファッションアイテムを見つけるためにアクセスすべき場所だと回答しています。14

Amazonのストアのアパレル購入者には3週間の検討期間があり、ブランドには購入過程全体でお客様にリーチする多くの機会があります。15

ファッションマーケティングの実例

事例

Amazon Adsキャンペーンを最適化するため、Crocsは広告API提携パートナーであるPerpetuaと提携し、300%の広告費用対効果を実現しました。

事例

オートターゲティングを利用して、ブランドがヨーロッパでのインプレッション数を210%増加させ、売上を145%増加させた方法。

ブログ

Amazon Adsを利用するファッションブランドを対象にした最近の調査結果をご確認ください

ファッション広告戦略

ブランドストーリーを伝える

オーバーザトップ(OTT)とも呼ばれるストリーミングTV、またはストアで目的主導型のメッセージを通じて、ブランドストーリーを伝え、新しい消費者との関係性を築くのに役立てましょう。Amazon OTT広告を使用すると、ショッピング、ファッション、ライフスタイルなどのユニークなオーディエンスに大規模にリーチできます。

サステナブルな機能や包装を備えた商品を取り扱っている場合、ブランドからのメッセージを「Climate Pledge Friendly」プログラムに沿うものにし、サステナビリティコミュニケーションの目標達成に役立てることを検討しましょう。

デジタルでエンゲージメントを促進する新しく魅力的な方法を見つける

Amazon Liveは、ブランドの検討を促進するのに役立つユニークで魅力的な方法です。Amazon Liveを利用すると、インタラクティブな購入機能付きライブストリームを通じて、リアルタイムで購入者にエンゲージメントし、検討を促すことができます。5つのファッションブランドを対象とした調査では、ブランド新規顧客による売上が17%上昇し、商品詳細ページの閲覧率が13倍に上昇しました。16

Prime Wardrobeという、自宅でご利用可能な「購入する前に試す」というモデルもご検討ください。これは、ファッションアイテムの見た目と雰囲気を感じたいという消費者のニーズに沿ったものであり、オンラインショッピングの利便性も活かされています。

購入過程全体で新しい購入者にリーチする

フルファネル戦略は、顧客層の拡大とコンバージョンの増加に役立ちます。Amazonで広告を掲載したアパレルブランドについて行われた内部調査から、Amazonでフルファネル戦略を採用したブランドでは、ブランド新規顧客の成長率が35%上昇していることがわかりました。17フルファネル戦略(スポンサー広告、ディスプレイ、OTT)に投資したブランドは、スポンサー広告とディスプレイのみに投資した広告主様と比較して、コンバージョンが95%増加しました。18

  • 参照元

    1 McKinsey、Consumer sentiment on sustainability in fashion、2020年。
    2
    Accenture、A Brand.New.Purpose.、2020年2月。
    3
    Statista、2021年
    4
    eMarketer、online revenue vs. total retail, apparel and accessories、2020年
    5
    BoFとMcKinseyによるState of Fashion 2021調査
    6
    KantarとAmazon Ads、ファッションオーディエンスの調査、2020年10月
    7
    KantarとAmazon Ads、マルチバーティカルの購入までの過程調査、2019年10月
    8
    KantarとAmazon Ads、ファッションオーディエンスの調査、2020年10月
    9
    McKinsey、Consumer sentiment on sustainability in fashion、2020年
    10
    Business of FashionとMckinsey、The State of Fashion 2021
    11
    Accenture、Global Consumer Pulse Survey、2019年
    12
    KantarとAmazon Ads、ファッションオーディエンスの調査、2020年10月
    13
    KantarとAmazon Ads、マルチバーティカルの購入までの過程調査、2019年10月
    14
    KantarとAmazon Ads、ファッションオーディエンスの調査、2020年10月
    15
    Amazon Internal、2020年
    16
    Amazon Internal、2020年
    17
    Amazon Internal、2019~2020年
    18
    Amazon Internal、2019~2020年