業界のマーケティング

エンターテインメントマーケティング

Amazon Adsはマーケティング戦略にどのように役立つか エンターテインメントオーディエンスへの訴求性をAmazon内外で高めるのに役立つ広告ソリューションをご覧ください。

オンラインで自分たちの車を他の自動車と比較している家族
自動車で一緒にドライブするカップル

昨今のエンターテインメント業界

ストリーミング視聴率の増加は、エンターテインメント業界を引き続き形作っています。これには、コードカッター(有料テレビの登録からストリーミングTV(別名OTT:オーバーザトップ)サービスに切り替えたオーディエンス)、およびコードスタッカー(有料テレビとストリーミングTVの両方に登録しているオーディエンス)の増加が含まれます。

この業界の進化は、劇場用エンターテインメントにまで及んでいます。映画スタジオは、新しい映画リリースの配信方法としてストリーミングを積極的に導入しており、多くのスタジオが同じ日にストリーミングサービスと劇場で映画を公開しています。

エンターテインメント消費の動向

2024年末までに、米国のコードカッター世帯数は4,660万人に達すると予想されています。1

米国の消費者は、平均して7つのストリーミング動画サービスを利用しています。2

広告対応のストリーミングサービスを視聴する時間は、前年比で50%増加しています。3

ストリーミング動画における全世界の消費者支出額は、2025年までに約1,030億ドルに達すると予想されています。4

エンターテインメントブランドが直面する課題

ますます飽和化する市場

エンターテインメントブランドは、コンテンツの視聴率を伸ばすために、認知度を向上させる努力をしなければなりません。米国の消費者は、300種類以上の動画ストリーミングサービスから選択することができるようになりました。5

注目のシェア

映画やTVのコンテンツ以外では、エンターテインメントブランドはまた、ゲーム、音楽、ソーシャルメディアと競合して、消費者の注目の獲得を目指しています。6

登録者の維持

利用できる選択肢が増えるにつれて、消費者は有料で利用するサービスの数について決定を行っています。実際、ストリーマーの31%は、利用中のサービスのいずれかを退会する可能性が高いと回答しています。7

エンターテインメントマーケティング担当者向けのインサイト

Amazonのお客様の83%が動画コンテンツを再生しています。8

Amazonの購入者の60%以上が、TV番組の視聴を決める前にIMDbを参考にすると言います。9

Amazonで購入するストリーマーの42%は、ストリーミングサービスに登録することを決定する主な理由は、コンテンツであると回答しています。10

映画ファンの55%はAmazonでDVDを購入しており、51%はAmazonでデジタル映画を購入またはレンタルしています。11

エンターテインメント広告の戦略

関連するエンターテインメントオーディエンスに働きかける

Amazonのエンターテインメントライフスタイルオーディエンスは、Amazonがサポートするアプリやデバイスでのストリーミングシグナルに基づいて、特定の種類のコンテンツに興味・関心を持っています。AmazonオーディエンスをAmazon DSPでの既存のオーディエンスソースと組み合わせて、Amazon内外の両方でアピールしましょう。

ネイティブなエンターテインメント環境でリーチを拡大する

ストリーミングTV広告を使用して、リニアTVキャンペーンのリーチを関わりの深いユニーク視聴者に拡大できます。IMDb TVオリジナルのヒット番組や映画と一緒に、サーズデーナイトフットボールなどのライブスポーツ中に、人気のTVネットワークやブロードキャスターで、そしてFire TVのニュースアプリ上で広告を表示しましょう。

革新的なカスタマーエクスペリエンスを創出する

Amazon Advertisingのカスタムソリューションを使用して、今後のプレミア、サービス開始、ホームエンターテインメントのリリースについてオーディエンスの認知度を高めましょう。カスタマイズされたキャンペーンは、オーディエンスに感動と驚きを与え、思い出に残るブランド体験を作り出します。

画面を見ていないときにファンとつながる

音声広告では、Amazon Musicの無料の広告サービス枠でユニークで品質の優れた在庫にアクセスして、ストーリーを伝えることができます。EchoやFire TVなどのAlexa対応デバイスのほか、モバイルおよびデスクトップでもリスナーにリーチできます。

  • 参照元

    1 eMarketer、2020年9月、米国
    2 The NPD Group、TV Switching Study、2021年1月
    3 Nielsen Total Audience Study、2020年8月、米国
    4 Statista、2020年、グローバル
    5 Nielsen Total Audience Study、2020年8月
    6 Deloitte Digital Trends調査、第15版、2021年、米国
    7 The NPD Group、TV Switching Study、2021年1月、米国
    8 KantarとAmazon AdvertisingによるTV視聴者の調査、2020年8月、米国
    9 KantarとAmazon AdvertisingによるTV視聴者の調査、2020年8月、米国
    10 KantarとAmazon AdvertisingによるTV視聴者の調査、2020年8月、米国
    11 ComScoreのカスタム調査、2019年、米国。この調査では、過去6か月間に映画館を訪れた映画鑑賞者1,050人を調査し、米国の映画鑑賞者人口を代表するものとしています。