家電ブランドのマーケティング

Amazon Advertisingは、家電ブランドのマーケティング戦略にどのように適合しますか? ブランドの認知度の向上や、新しいオーディエンスに商品を紹介したいとお考えの場合、Amazon内外を問わず、Amazonが提供できる広告ソリューションについてご覧ください。

Amazonはカスタマージャーニー全体にわたり、オンラインとオフラインの両方のタッチポイントを網羅して、家電ブランドの発見、検討、販売を促進します。

Amazon Advertisingは、テレビやノートパソコン、プレミアムスマートフォンなどの家電製品の購入を検討している顧客に対し、ブランドの認知度を高め、売上促進に役立つツールをご用意しています。

Amazon Advertisingが家電ブランドの購入者へのリーチを高める方法

Kantar1のカスタム調査に基づいて、Amazonは家電製品購入者の重要なセグメントにリーチできるようサポートします。

スマートフォン

83%がネットで調査

スマートフォン購入者の49%が店舗で購入するのに対し、83%が購入前にネットで調査を行っています。また、スマートフォン購入者の64%がAmazonで新しいブランドや商品を発見しています。Amazonでは、購入者が新しいブランドを発見することに役立っています。

ノートパソコン

63%が新しいブランドや商品を発見しました

ノートパソコン購入者の86%が購入前にオンラインで調査を行い、37%が店舗で購入しています。ノートパソコン購入者の63%が、Amazonで新しいブランドや商品を発見しており、考慮集合がより大きくなっている傾向があります。

テレビ

60%が店舗で購入

Amazonは、購入者の60%が最終的に店舗で購入しますが、テレビの購入者にリーチします。テレビ購入者は、価格を比較し、レビューや推奨事項を読むためにAmazonを訪れます。

お客さまがAmazon内で家電製品を購入していなくても、リーチすることができます。全世界で3億人以上のアクティブなお客さまアカウントを持つAmazonでは、Amazonの家電製品カテゴリーにエンゲージメントを示していなくても、大規模に購入者にリーチすることができます。」

1Kantar、2019年、米国。
2Amazon四半期決済、2020年第1四半期。アクティブなお客さまアカウントとは、過去12か月間に注文を行ったアカウントを表します。

導入事例: Samsung

ストアを作成する前、SamsungはWebサイトのブランドメッセージとAmazon内でのブランドメッセージとの間の継続性に課題を抱えていました。

家電ブランドがAmazon Advertisingを活用する方法

ブランド広告

Amazon以外の広告やブランドサイトにリンクアウトするクリエイティブを中心に、OTT動画広告音声広告Amazon DSPなどの広告商品を通じて、ブランドの認知度を促進します。

デジタルコマースの効果を発揮する

リンクインまたはリンクアウトするクリエイティブを使用して、Amazon DSPの動画広告やディスプレイ広告などの広告商品を通じて、Amazonとオフラインの両方で売上を促進します。

パフォーマンスマーケティング

導入事例: Rocketbook

スマートノートブック企業のRocketbookは、目標の広告費売上高比率(ACOS)を維持しつつ、事業を拡大し、顧客層を増やしたいと考えていました。

ご利用開始にあたって

成功の基本: Amazon Advertisingについてを使用して、広告ソリューションの概要を説明します。