業界のマーケティング

自動車のマーケティング

Amazon Advertisingは、自動車業界のマーケティング戦略にどのように活用できるのでしょうか。 自動車のマーケティング担当者が活用できる、Amazon内外での広告ソリューションについてご紹介します。

オンラインで自分たちの車を他の自動車と比較している家族

自動車のマーケティングとは

自動車のマーケティングにより、ニアマーケットオーディエンス(3~6か月以内に自動車を購入する可能性がある購入者)とインマーケットの購入者(3か月以内に自動車を購入する可能性がある購買意欲の高い購入者)の両方の見込み客とつながるのに役立ちます。

同乗者がタブレットデバイスを見ながらドライブする家族
自動車で一緒にドライブするカップル

現在の自動車業界

現在の自動車業界において、ブランドやディーラーは、変化する顧客の嗜好とデジタルマーケティングの状況に合わせて購入プロセスを適応させながら、自動車技術を革新しています。一方、広告はブランドメッセージやお客さまとの関係を築くための重要なチャネルであり続けています。

自動車のマーケティング傾向

2021年には、全世界の小型乗用車の販売が6,800万台を超えると予測されています。1

米国のディーラーの65%が、オンラインの自動車販売および予約プラットフォームの拡大を予測しています。2

2021年には、全世界の自動車広告の推定広告費が合計14%増加すると推測されます。3

自動車ブランドが直面している課題

リニアTVからのシフト

TV広告は、記憶に残る広告やメッセージを効果的に配信できるメリットから、何十年もの間、自動車マーケティングの定番となってきました。しかし、視聴者はリニアサービスからストリーミングサービスの利用へとシフトしており、前年と比較して、2020年にはストリーミングに費やした時間が57%増加しました。4

早期の検討促進

自動車のショッピングジャーニーのオンラインチャネルへの移行はさらに加速しており、確度の高い見込み客は、購入に向けて事前に調査し、決定を下しています。実際、自動車を購入する人のほぼ半数(48%)が、購入に先立って自動車メーカーやモデルを決めています。5

自動車の電動化

2019年の電気自動車(EV)の販売数は、全世界での新車販売の2.5%に過ぎませんでしたが、2030年までに32%を占めると予測されています6。この変化は、消費者の意識とエネルギー政策の世界的な移行と相まって加速しています。

自動車マーケティング担当者向けのインサイト

Amazonの購入者の83%は、コードカッター(つまり、有料テレビの登録からOTTサービスに切り替えたオーディエンス)、またはコードスタッカー(有料テレビとOTTの両方に登録しているオーディエンス)です。7

Amazonを頻繁に利用する購入者は、平均2.6店舗の自動車ディーラーを訪問するのに対し、Amazonの利用頻度が低い購入者はわずか2店舗しか訪問しません。8

Amazonを頻繁に利用する購入者は、Amazonの利用頻度の低い購入者と比較して、電気自動車またはハイブリッド車を購入する可能性が3倍高くなっています。9

自動車購入者の63%が、自動車を購入する前に、家族、家庭、趣味などに関わる人生を変えるイベントを経験しています。10

自動車のマーケティングの例

丘の上にある赤いKAMIQ SUV

事例

ŠKODAが、Amazon DSPを利用した認知度向上キャンペーンとFireタブレット、Amazon、IMDbでのインパクトの高いクリエイティブを組み合わせた結果、購買意欲が50%上昇した方法をご覧ください。

田舎道でINFINITIの車のそばに立っている女性。

事例

この高級自動車メーカーは、Amazon Advertisingと提携されたマーケティングキャンペーンを通じて、600台以上の試乗を行いました。

スマートフォンでクレジットカードを使って何かを購入している人

ブログ

デジタル化が進む中、自動車業界向けのAmazon独自のサービスについて詳細をご確認ください。

自動車のマーケティングプランの作成

金融サービスの自動車のマーケティング戦略を開始するには、Amazon Advertisingのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

自動車の広告戦略

ストリーミングTVで認知度を向上する

Amazonのオーバーザトップ(OTT)動画広告を使用すれば、他のメディアプロバイダーではリーチできないショッピング、自動車、ライフスタイルのオーディエンスにアピールできます。また、Fire TVデバイスを使用するコードカッターやコードネバーにリーチすることもできます。さらに、広告をサポートするOTTコンテンツの視聴者は5,500万を超えており、キャンペーンを最適なマーケットエリア(DMA)レベルで拡大するのに役立ちます。11

ユニークなオーディエンスを発見する

Amazon VehiclesおよびAmazonのYour Garageからのショッピングシグナルを利用して、独自の自動車インマーケットオーディエンスにアクセスできます。Amazonは、自動車のプロモーションをお客さまのライフイベントや関心に合わせて調整するニアマーケット戦略の策定にも役立ちます。たとえば、グリーンやClimate Pledge Friendly商品に興味・関心示した購入者にEVモデルを宣伝できます。

さまざまなデバイスに運用型広告を掲載する

Amazon DSPを使用すると、オーディエンスを単一表示でき、デスクトップとモバイルデバイス間でシームレスに接続できます。Sizmek Ad Suiteは、クリエイティブツール、キャンペーン管理と最適化、メディア・レイティング・カウンシル認定の測定を提供するグローバルマルチチャネル広告サーバーです。

参照元

1スコシアバンク、ブルームバーグ、ウォーズ、グローバル、2020年10月
2IHSマークイット、米国、2020年10月
3WARCのグローバル広告トレンド: 業界の現状2020/1、グローバル、2020年11月
4 Convivaのストリーミングの現状、グローバル、2020年第3四半期
5KantarとAmazon Advertisingによる自動車購入の調査、米国、2020年4月
6デロイトインサイト – 電気自動車、グローバル、2020年7月
7KantarとAmazon AdvertisingによるTV視聴者の調査、2020年8月、米国
8KantarとAmazon Advertisingによる自動車購入の調査、米国、2020年4月
9KantarとAmazon Advertisingによる自動車購入の調査、米国、2020年4月
10KantarとAmazon Advertisingによる自動車購入の調査、米国、2020年4月
11ニールセンメディアインパクトおよびAmazon社内データ、米国、2021年