スポンサーディスプレイ広告で、ブランドが広告を管理するのに役立つ拒否リストが利用可能に

2022年6月14日

新着情報

スポンサーディスプレイ広告拒否リストがAmazon AdsコンソールおよびAmazon Ads APIで利用可能になり、Amazonブランド登録内に登録されているお取引企業様と出品者様にご利用いただけるようになりました。スポンサーディスプレイ広告は、ウェブサイトやモバイルアプリなどのサードパーティプロパティにおいてお客様が時間を過ごすあらゆる場所で配信されます。拒否リスト機能を使用すると、ブランドに合わないサードパーティプロパティで、お客様が時間を過ごすあらゆる場所のブランドプレゼンスを管理できます。すべてのスポンサーディスプレイ広告キャンペーンで広告を表示したくないウェブサイトやモバイルアプリの拒否リストをアップロードできます。

拒否リストページ

アカウントにログインしたときに拒否リストページを利用できるようになりました。

重要である理由

お取引企業様と登録済みの出品者様は、ブランドに合わないウェブサイトやモバイルアプリに広告が表示されることを心配することなく、ショッピングおよびエンターテイメントの過程においてより多くのオーディエンスが時間を過ごすあらゆる場所ではたらきかけることができるようになりました。拒否リストは、Amazon Adsのグローバルブランドセーフティポリシーにおける追加の防御策を提供して、一般にブランドセーフティであるがブランドの価値に合わないウェブサイトやモバイルアプリを広告主が削除できるようにします。たとえば、ビーガンフードブランドは、慎重に扱うべきコンテンツが含まれていないウェブサイトであっても、ブランドの評判を守るために肉製品について説明しているウェブサイトには広告を出さないという選択をする場合があります。

対象地域

  • 北米: 米国、カナダ、メキシコ
  • 南米: ブラジル
  • ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国
  • 中東: アラブ首長国連邦

利用対象者

  • お取引企業様
  • 登録済みの出品者様

アクセス方法

  • 広告コンソール
  • Amazon Ads API