新機能のお知らせ

スポンサーディスプレイ広告が北米のAmazon Marketing Stream(ベータ版)で利用可能になりました

2022年12月8日

新着情報

Amazon Marketing Stream(ベータ版)が、北米のスポンサーディスプレイ広告に拡大されました。これは、パートナーや広告主様が、パフォーマンス指標やキャンペーンの変更に関する情報をほぼリアルタイムで受け取るのに役立ちます。情報はAmazon Ads APIを通じて広告主様やパートナーに送信されるため、時間ごとのパフォーマンスの変化を把握するために時間をかけて指標を集約する必要がなくなり、キャンペーンの変更をタイムリーに通知できるようになります。

Amazon Marketing Streamは、トラフィックとパフォーマンスの指標を毎日ではなく時間ごとに要約し、日中の最適化に役立つ情報を提供し、スポンサーディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。また、広告主様やパートナーには、キャンペーンの変更に関する通知がタイムリーに届くので、キャンペーンの予算超過などに対し、ほぼリアルタイムでアクションを起こすことができます。

今回のスポンサーディスプレイ広告のリリースで利用できる新しい指標には、ブランド新規顧客指標や、vCPM(ビューアブルインプレッション数1,000回あたりのコスト)キャンペーンの視聴回数ベースのアトリビューション(1時間ごとに集計)などがあります。Amazon Marketing Streamでは、インプレッション、クリック、広告起因の売上、注文、ブランド新規顧客の売上などのスポンサーディスプレイ広告キャンペーンKPIを時間帯別に取得できます。たとえば、午後8時から午後10時までの時間帯には、ブランド新規顧客に由来する売上、商品点数、注文数が多いことがわかり、時間単位の入札単価調整の参考になります。また、閲覧数やクリック(vCPM)がより多くのコンバージョンにつながるタイミングを、時間帯別に判断することができます。

重要である理由

Amazon Marketing Streamは、インドを除く世界中のお取引企業様や出品者様を含む代理店様、ツールプロバイダー、直接の広告主様向けに、Amazon Ads APIを介したスポンサープロダクト広告キャンペーンおよびスポンサー広告の予算使用に利用できます。始める準備ができたら、Amazon Marketing Streamオンボーディングガイドをご覧ください。

対象地域

  • 北米: 米国、カナダ、メキシコ

利用対象者

  • 出品者様
  • お取引会社様

アクセス方法

  • Amazon Ads API