予算ページ(ベータ版)を米国とカナダで公開

2021年8月9日

新着情報

キャンペーンマネージャー内の予算ページ(ベータ版)には、キャンペーンが予算内に収まっているときのキャンペーンの潜在的な可能性が表示されます。逃したインプレッションの推定値、逃したクリック数の推定値、逃した売上の推定値、予算内に収まっていた平均時間など、新しいパフォーマンス指標が表示されます。さらに、予算ページ(ベータ版)には、キャンペーンの予算を使い切る可能性を最小限に抑えるための予算の推奨事項があります。

たとえば、すべての広告主様は予算ページ(ベータ版)を使用して、キャンペーンごとに予算を超えていた時間の割合と、そららのキャンペーンの逃した機会と推奨予算を確認できます。

重要である理由

キャンペーンが予算超過になると、広告対象商品がお客様に表示されなくなります。キャンペーンを長期間予算内に収めることで、貴社が提供しているような商品を探している購入者にリーチする機会をもたらし、クリックや購入の可能性が高まります。

予算ページ(ベータ版)では、機会損失に関する新しい指標を含むすべての予算関連データをまとめて確認できます。この情報は、広告目標の達成に役立つさまざまなキャンペーン間で予算配分を最適化するために利用できます。

機能の利用対象地域

  • 北米: 米国、カナダ、メキシコ

利用対象者

  • お取引会社様
  • 出品者様
  • Kindleダイレクトパブリッシャー
  • セルフサービス

アクセス方法

  • 広告コンソール