スポンサーTV広告

お客様のお気に入りのコンテンツを通じてリーチする

スポンサーTV広告は、セルフサービス型広告ソリューションです。あらゆる規模のブランドも、家にある最も大きな画面を通じてオーディエンスにリーチすることが可能です。何十億ものファーストパーティのショッピングシグナルやストリーミングシグナルを活用することで、ストリーミングTV広告は、FreeveeやTwitchなどの配信サービスにおいて、ブランドが適切なタイミングで適切な視聴者とつながるようサポートします。

誰がスポンサーTV広告を利用できますか?

チェックボックスのグラフィック

Amazonストアに出品している広告主様の場合

Amazonストアで販売する場合、スポンサーTV広告は、Amazonブランド登録に登録されている出品者、お取引企業様(書籍のお取引企業様やパブリッシャーを含む)、クライアントを持つ代理店様やテクノロジープロバイダーが利用できます。

チェックボックスのグラフィック

Amazonストア(ベータ版)に出品していない企業様の場合

ピザ、車、映画のチケットの販売から、宿泊施設やフィットネスクラスの提供まで、あらゆる企業様1に、スポンサーTV広告をすぐにご利用いただけます。詳細はこちら

iPadを使っている女の子

スポンサーTV広告を開始すると、500米ドル*相当の広告クレジットを獲得できます。

家にある最も大きな画面で、より多くのお客様にインスピレーションを与え、はたらきかけましょう。

一部のマーケットプレイスでご利用いただけます。この特典は、スポンサー広告に登録している一部の企業のみを対象としています。2024年12月31日に終了します。利用規約が適用されます。
*クレジットオファーの額は、マーケットプレイスによって異なる場合があります

スポンサーTV広告の仕組み

スポンサーTV広告を利用すると、広告主様は、Amazon独自のストリーミングサービスだけでなく、Amazon Publisher Directを通じてBloombergやCracklelなどのサードパーティサービスを含め、お気に入りのコンテンツを視聴している視聴者とつながることができます。スポンサーTV広告には、販売状況認識の機能が備わったインタラクティブ広告フォーマットがあらかじめパッケージ化されているため、マーケティング担当者様は、Amazon Adsの柔軟性を利用した手軽なキャンペーン設定および管理が可能となります。つまり、最低出稿料金、手数料、事前のお支払いはありません。

スポンサーTV広告のメリット

テレビ画面のアイコン

貴社のビジネスに合わせた柔軟性を実現

最低出稿料金の要件はないため、ニーズに合わせて予算を選択できます。

複数の人のアイコン

プレミアムコンテンツとともに何百万人もの視聴者にリーチする

米国で推定1億5,500万人の視聴者がいるスポンサーTV広告は、幅広い層に広告をアピールするのに役立ちます。

データ可視化のアイコン

Amazonの確実なインサイトを活用する

購入、閲覧、ストリーミングなどのAmazonが提供する何十億ものシグナルは、理想的なオーディエンスへのリーチに役立ちます。

広告管理ツールのアイコン

キャンペーンを最適化する方法

Amazon Ads独自のブランドおよびキャンペーン指標を利用すれば、ストリーミングTV広告がブランドの成長促進をどのようにサポートするかを把握するのに役立ちます。

広告を操作する手のアイコン

視聴者に広告とのやり取りを促す

QRコードやオーバーレイアクションなどのCTAを使ってはたらきかけましょう(例:「カートに入れる」)。

動画がない場合も ご安心ください。

既存の動画アセットがある場合も、ゼロから始める場合も、Amazonの動画クリエイティブ制作および編集サービスは、スポンサーTV広告向けの魅力的な動画の制作をサポートします。対象となるキャンペーンに対する付加価値として、またはお手頃な料金の有料サービスとして動画を入手しましょう。

スポンサーTV広告キャンペーンを作成するにはどうすればよいですか?

手順2

アカウントにサインイン後、「キャンペーンを作成する」をクリックして、「スポンサーTV広告」を選択します。

手順3

キャンペーンに名前を付け、キャンペーンの日付を入力し、1日の予算を追加します。

手順4

広告のランディングページ、ターゲティング、入札額を指定します。

手順5

動画をアップロードします。

手順5

広告を審査に提出します。72時間以内に審査が行われます。

スポンサーTV広告キャンペーン最適化のポイント

画面のアイコン

キャンペーンの設定

一般的なガイダンスでは、5つ前後のオーディエンスをターゲットに設定することから始めます。これにより、キャンペーンの配信とデータ提供が可能になり、最適化の決定を行うことができるようになります。入札額に関するガイダンスを使用しながら、ターゲットとするオーディエンスごとにさまざまな目標を達成するためのベストプラクティスを採用してください。

画面のアイコン

入札額に関するガイダンス

一般的な入札額に関するガイダンスでは、ほとんどの月のCPMは25~30ドルの範囲です。ただし、広告が配信されるか否かを確認するには、低い入札額から始めるのが最善です。広告が配信されない場合には、入札額を引き上げるか、オーディエンスターゲティングを拡大する必要があります。ニッチなオーディエンスであればあるほど、入札額を高くする必要があります。たとえば、犬用の噛むおもちゃを販売している広告主様のブランドの場合、「ドッグフード」(入札額10~15ドル)および「犬用の噛むおもちゃ」(入札額20~25ドル)のカテゴリーに入札できます。

画面のアイコン

クリエイティブのベストプラクティス

言葉によるメッセージではなく、イメージに焦点を当てましょう。ボイスオーバーや会話は、動画全体の1/3を超えないようにしましょう。ビジュアル、音楽、意図的な画面上のテキストはバランスよく使用してください。これにより、視聴者がミュートで視聴していても、動画のメッセージは確実に伝わります。このガイダンスに従った動画は、動画の再生時間のうち80%以上にボイスオーバーや会話を使用した動画より平均DPVRが27%高い結果となりました。2

ブランドの魅力を高めましょう。クリエイティブに人物を9秒以上登場させましょう。画面に人物が9秒以上登場する動画では、人物が登場しない動画と比較して平均DPVRが13%高い結果が見られました。人物が画面に映っている時間の約半分がその人物の笑顔の場合、その影響はさらに大きく、人物が登場しない動画よりも平均DPVRが21%高い結果となりました。3

力強く締めくくりましょう。メッセージを印象付けるため、4秒のエンドカードで締めくくります。15秒の動画で4秒のエンドカードを含めた場合、含めなかった動画と比較して、平均DPVRが11%高く平均ブランド検索率が12%高い結果となりました。30秒の動画で4秒のエンドカードを含めた場合、含めなかった動画と比較して、平均ブランド検索率が18%高い結果となりました。4

よくある質問

誰がスポンサーTV広告を利用できますか?

スポンサーTV広告は、Amazonブランド登録に登録されている米国の出品者様、お取引企業様(書籍のお取引企業様やパブリッシャーを含む)、代理店様、テクノロジープロバイダー、ブランドが利用できます。Amazonストアで販売しているかどうかは関係ありません。

現時点では、ヘルス&パーソナルケア用品ヘルス&パーソナルケア用品、成人向け商品、中古品、再生品、およびクローズドカテゴリーの商品は広告対象外です。許可されているカテゴリー、および禁止されているカテゴリーの一覧については、ガイドラインおよび承認ポリシーを確認してください。

北米
  • CA
  • MX
  • US
南米
  • BR
ヨーロッパ
  • BE
  • DE
  • ES
  • FR
  • IT
  • NL
  • PL
  • SE
  • TR
  • UK
中東
  • EG
  • KSA
  • UAE
アジア太平洋
  • AU
  • IN
  • JP
  • SG
スポンサーTV広告の仕様要件はどのようなものですか?

スポンサーTV広告のクリエイティブ仕様要件に関する詳細をご覧ください。

スポンサーTV広告とストリーミングTV広告の違いは何ですか?

Amazonでは、次の2通りの方法でストリーミングTV広告にアクセスできます。 スポンサーTV広告とAmazon DSPです。どちらもAmazon独自のシグナル、プレミアムインベントリ、効果測定機能を活用して、マーケティング目標の達成をサポートします。ただし、Amazon DSPでは、スポンサーTV広告が現在対応していない追加のオーディエンス、インベントリ、管理へのアクセスも利用可能です。さらに、スポンサーTV広告に最低出稿料金はありませんが、Amazon DSPでは各キャンペーンにつき最低50,000ドルの支出が必要です。

スポンサーTV広告にはどれくらいの費用がかかりますか?

スポンサーTV広告キャンペーンはすべてCPM(インプレッション1000件あたりの単価)ベースで課金され、最低予算はありません。

スポンサーTV広告はどこに表示されますか?

スポンサーTV広告は、FreeveeやTwitchなどの独占的なファーストパーティコンテンツや、Amazon Publisher Directのプレミアムサードパーティコンテンツで配信することができます。現時点で、スポンサーTV広告はThursday Night Footballのインベントリには表示されません。(インベントリはマーケットの利用可能状況によって異なる場合があり、広告主様の広告がこれらのパブリッシャーで配信対象となるために何らかのアクションを行う必要はありません)。

スポンサーTV広告の掲載場所は自分で制御できますか?

現時点では、スポンサーTV広告はインベントリ管理やレポートに対応していません。広告の配信は、Amazon独自の広告配信が可能な状況でのみ行われます。つまり、政治、ギャンブル、暴力などのコンテキストにタグ付けされたTwitchチャネルへの広告配信は行われません。

スポンサーTV広告は誰に表示されますか?

興味・関心のあるコンテンツやインマーケットカテゴリーをオーディエンスへのリーチに役立てることができます。興味・関心のあるコンテンツを使用することで、広告主様はドキュメンタリーやミュージックビデオなど特定の種類のコンテンツに興味・関心を持つ可能性が高い視聴者へのリーチに役立てることができます。インマーケットカテゴリーを使用すると、広告主様はビルトイン食洗機や女性用スポーツアパレルなど、Amazonで販売されているカテゴリーの商品に興味・関心を持つ可能性の高い視聴者へのリーチに役立てることができます。興味・関心のあるコンテンツとインマーケットカテゴリーのルックバックウィンドウは最大30日です。

スポンサーTV広告を試してみたいのですが、品質の良いTVクリエイティブがありません。Amazonがサポートしてくれますか?

はい。スポンサーTV広告に関心があるものの、始めるのに必要なクリエイティブがない広告主様をサポートするために、Amazonはクリエイティブサービスを提供しています。アカウントエグゼクティブにご連絡いただくか、お問い合わせフォームにご記入ください。

スポンサーTV広告キャンペーンの結果はどのように測定できますか?

リアルタイムのキャンペーンパフォーマンスの測定に役立てていただけるよう、広告主様はAmazon広告コンソールやAmazon Advertising APIでブランド検索および商品詳細ページビューなどのセルフサービス測定機能を利用することができます。さらに、スポンサーTV広告キャンペーンはすべて販売状況認識に対応しているため、広告対象商品が在庫切れの場合にはTV広告の費用が発生せず、マーケティング費用の最大化に役立ちます。

スポンサーTV広告シグナルはAmazon Marketing Cloud(AMC)でも利用できます。AMCのシグナルは、広告主様によるスポンサーTV広告のイベントレベルのシグナルのよりよい理解、クロスメディアアトリビューション分析の実施、スポンサー広告キャンペーンの包括的なパフォーマンス測定、12.5か月にわたるカスタマージャーニーの把握に役立ちます。AMCインスタンスを持つすべての広告主様、パートナー様は、スポンサーTV広告インサイトにアクセスできます。

出典:

1 こちらに記載されている特定のAmazon広告のポリシーと制限が適用されます。
2~4
Amazon Internal、米国、2020年1月~2022年11月。1件のクリエイティブあたり6万8,000以上のインプレッションを獲得している、米国の7万5,000のストリーミングTVクリエイティブの平均に基づくインサイトです。将来のパフォーマンスを保証するものではありません。