Amazon DSP

Amazon DSPは、広告主様がディスプレイ広告や動画広告を運用型広告で購入できるデマンドサイドプラットフォームです。

Amazon DSPの仕組み

注釈: Amazon DSPの機能の利用可能状況は、マーケットプレイスによって異なります。

ユニークなユーザーへのアクセス

Amazonのユニークなお客様へのアクセスにより、Amazon内外の最適なオーディエンスにアピールできます。

ユニークで高品質な在庫

IMDbなどのAmazonが所有するサイトやアプリと、大手パブリッシャーのサイトの両方で、Amazon Publisher Servicesによる直取引在庫やサードパーティのアドエクスチェンジを通じて、運用型広告でオーディエンスにリーチできます。

ブランドの保護

担当者によるサイト審査からリアルタイムの入札評価まで、自社やサードパーティのソリューションの両方を使用して、品質基準とブランドセーフティを維持します。

開始方法

Amazon DSPでは、セルフサービスとマネージドサービスのオプションが利用可能です。セルフサービスではお客様がキャンペーンを完全に管理することができ、管理手数料はかかりません。

マネージドサービスのオプションは、最高のサービスが提供されるAmazon DSPの在庫にアクセスしたい企業、または運用型広告の実施経験が少ない企業に最適なソリューションです。通常、マネージドサービスのオプションでは最低35,000ドルの費用が必要となります。

Amazon DSPに登録するには、Amazon広告コンサルタントにお問い合わせください。

すでにAmazon DSPアカウントをお持ちですか? サインイン

よくある質問

Amazon DSPを使用できるのは誰ですか?

Amazon DSPは、Amazonで商品を販売している広告主様および販売していない広告主様の双方がご利用可能です。Amazon DSPは、大規模なディスプレイ広告と動画広告を運用型広告で購入したい広告主様に最適です。

Amazon DSPでどのような広告を購入できますか?

Amazon DSPを使用してディスプレイ広告と動画広告を購入できます。

リソース