カテゴリーインサイト: 継続するワイヤレステクノロジーの需要

投稿者: Francesco Maria Pio Rugna(アナリティクスおよびメディアマネージャー)、Ashton Brown(テクニカルライター)

Amazonの調査員は毎年、カテゴリーレベルでお客様のショッピング傾向を分析し、広告主様がマーケティング戦略に役立てることができる実用的なインサイトを提供しています。

ストーリーのハイライト:

過去1年間、人々は以前よりもテクノロジーに依存するようになりました。Amazon.it(イタリア)では、テクノロジーに関するこの傾向を裏付ける証拠が引き続き見られています。インサイトを見ると、お客様について3つの行動傾向が観察されました。この記事ではこれらについて詳しく検討します。

  • お客様のショッピングの選好性は、ワイヤレスフォンのトップブランドに絞られている
  • ワイヤレスフォンカテゴリーのお客様の48%は、Amazon.itの他のカテゴリーの商品も購入している
  • カテゴリーを初めて利用するお客様の12~15%は、11月と12月にワイヤレスフォンカテゴリーを訪れている

この記事では、ワイヤレスフォンカテゴリーにおけるお客様のショッピング行動を検討します。そのために、Amazon.itのワイヤレスバーティカルにおける2020年9月から2021年8月までのお客様のショッピング行動に関する分析を提供します。ワイヤレスフォンカテゴリーをベースラインとして、カテゴリー内の前年比成長率を分析するとともに、ワイヤレスフォンをピアカテゴリー(ワイヤレスアクセサリー、ウェアラブル、ワイヤレスBluetooth、カーエレクトロニクス)と比較して分析しました。

1.ワイヤレスフォンは引き続き最も高い顧客需要を集めており、ピアカテゴリーは前年比で売上を伸ばしている

分析の時点で、ワイヤレスフォンは、売上の観点からはワイヤレスバーティカルで最大のカテゴリーです。ワイヤレスフォンの売上は引き続き高いものの、成長を加速させている他のカテゴリーもあります。たとえば、より速い売上成長が見られているカテゴリーの1つはウェアラブルカテゴリーで、ワイヤレスバーティカルの売上成長ランキングで上位になりました。

2020年9月から2021年8月の期間におけるAmazon.itでのウェアラブルカテゴリーのパフォーマンス

第1位

ワイヤレスカテゴリーの売上ランキング

第6位

ワイヤレスカテゴリーの売上成長ランキング

30~40%

ワイヤレスバーティカルの他のカテゴリーよりも遅い売上成長率

2.トップブランドはお客様にとってより魅力的になりつつある

ブランドの認知度について考える際には、(前年比売上高に基づく)トップブランドが他のブランドと比較してどうかを理解することが重要です。分析期間中、ワイヤレスフォンのトップブランドは、お客様が時間を過ごすあらゆる場所で他のブランドよりも販売シェアを伸ばしています。

3. ワイヤレスフォンカテゴリーのお客様の48%は、Amazon.itの他のカテゴリーの商品も購入している

ワイヤレスカテゴリーで買い物をしているお客様は、Amazon.itの他のカテゴリーでも購入しており、有意な重複が見られます。ワイヤレスフォンの新規購入者の48%は、ワイヤレスフォンを購入する前に、Amazon.itの他のカテゴリー(ワイヤレスカテゴリー内外)の商品を購入しています。これに対して、クロスカテゴリー購入の一般的な平均は70%であることから、Amazon.it市場はまだ成熟中であると考えられます。

カテゴリーを初めて利用するお客様のうち、ワイヤレスフォンのカテゴリーを訪れる前に、Amazon.itの他のカテゴリーで購入したお客様の割合

48%

4.ウェアラブルカテゴリーのお客様は、ブラックフライデー/サイバーマンデーにカテゴリーをチェックする傾向がある

当社の分析では、ワイヤレスフォンカテゴリーのお客様の12%~15%が11月と12月にこのカテゴリーを初めて訪れる(1年間で初めて購入する)ことが分かりました。これは、年間の他のどの時期よりも平均して約2倍高くなっています。このカテゴリーには季節性が高いという特徴があるため、広告主様には、ピークシーズン以外の時期にブランドの認知度を高める広告キャンペーンの作成を検討することをお勧めします。これは、購入のピークシーズンにより高いパフォーマンスを生み出すのに役立ちます。

広告主様は、常時掲載キャンペーンを実施することで、お客様へのリーチを拡大し、ブランドの認知度を高めることができます。それは、お客様が必要な商品を見つけるための助けとなるかもしれません。

11月と12月にワイヤレスフォンのカテゴリーを訪れたお客様の割合

12~15%