代替肉が2021年に他の競合商品を上回る

投稿者: Shanshan Zhang(アナリティクス&メディアマネージャー)およびAshton Brown(テクニカルライター)

カテゴリーインサイト: Amazon Adsの調査員は毎年、カテゴリーレベルでショッピング傾向を分析し、広告主様がマーケティング戦略に役立てるのに使用できる実用的なインサイトを提供しています。

ストーリーのハイライト:

この記事では、Amazonストアの食肉業界内の2019年12月から2021年11月までの購買行動に関する類似カテゴリーとの比較分析をご紹介します。比較にあたっては、代替肉カテゴリーを中心に、総売上の前年比伸び率、ショッピング傾向(商品検索、エントリーサブカテゴリーなど)を分析します。

1つのカテゴリーに焦点を合わせることで、広告主様は代替肉カテゴリーと類似カテゴリー(鶏肉、冷凍鶏肉、ポークベーコン、ターキー)との比較結果が分かりやすくなります。

代替肉は食肉業界で2番目に大きいカテゴリーであり、Amazonで成長を続けている

分析時点では、代替肉カテゴリーは、以下を含む類似カテゴリーの中で、売上、売上成長率ランキングとも第2位となっています。

  • 鶏肉(売上第1位、売上成長率第3位)
  • 冷凍鶏肉(売上第3位、売上成長率ランキング第1位)
  • ポークベーコン、未調理(売上第4位、売上成長率第5位)
  • ターキー(売上第5位、売上成長率第4位)

Amazon.comでの2020年12月から2021年11月までの代替肉カテゴリーのパフォーマンス

#2

食肉カテゴリー内の売上ランキング

#2

食肉カテゴリー内の売上成長率ランキング

代替肉のカテゴリー新規購入者の100%がAmazonストアで他の商品も購入。

代替肉カテゴリーの新規顧客は、Amazonの他のカテゴリーと重複する傾向が高いことを示しています。たとえば、当社の調査によると、カテゴリー新規顧客の100%が代替肉を購入する前に、他のカテゴリーの商品を購入しています。購入傾向の高い順に、上位の重複カテゴリーをご紹介します。

  • 調理済み食品(スープ)
  • シーフード(サーモン、エビ)
  • 付加価値農産物(レタス、ベビーほうれん草)
  • 調理済み食品(サラダボウル)
  • 惣菜(ランチャブル、加工肉)

カテゴリー新規購入者は、主に12月から3月の間に代替肉カテゴリーを閲覧した

2020年12月から2021年11月の間に、数百万人の購入者が初めて代替食肉カテゴリーを訪れました。その人たちは全員見込み客であるため、カテゴリー新規購入者が、いつ、どのようにこのカテゴリーを訪問してきたかを理解することが重要です。Amazonのデータによると、カテゴリー新規購入者は主に12月から3月の間にAmazonで買い物をしましたが、カテゴリーの閲覧は1年を通してほぼ一定でした。

年間カテゴリー新規購入者数の月間シェア(2020年12月~2021年11月)

年間カテゴリー新規購入者月間シェア

2020年12月~2021年11月

3つのサブカテゴリー(植物由来の牛肉、鶏肉、豚肉)がカテゴリー新規顧客を促した

代替肉を購入するお客様は、2021年には3つのサブカテゴリー(植物由来の牛肉、鶏肉、豚肉)からこのカテゴリーに入りました。植物由来の牛肉は、新規顧客の主要なエントリーポイントです。

上位エントリーサブカテゴリー

植物由来の牛肉: 45%

45%

植物由来の鶏肉: 31%

31%

植物由来の豚肉: 23%

23%

植物由来の魚肉: 2%

10%

24か月間の調査における代替肉の上位のショッピング傾向

商品検索数に関しては、主要な検索語「ビーガン」と「豆腐」が依然として高く、ブランド化されていない他の商品検索語は低いままです。

結論

この調査に見られるように、代替肉はAmazonストアにおける食肉商品カテゴリーの売上第2位のサブカテゴリーです。お客様は、年間を通じてコンスタントにこのカテゴリーを訪問(初回購入)していますが、1月がエントリーポイントのピークになっています。

Amazon内のパフォーマンスを向上させるために、代替肉の広告主様は、スポンサー広告キャンペーンに上位キーワード(サイズ別、トレンド別)を含めることを検討できます。また、広告主様は、カテゴリー新規購入者に、いつ、どのようにアプローチするかを決定する際、上位の重複カテゴリーとエントリーセグメントを考慮することもできます。