ガイド

検索エンジンマーケティング(SEM)

定義、重要性、仕組み

検索エンジンマーケティング(SEM)は、ブランドやコンテンツが検索エンジンの検索結果の上位に表示されることを狙った広告プロセスです。SEMは、クリック課金制モデルを使用して、企業がターゲットオーディエンスにリーチし、検索エンジンでの露出を高めるのに役立ちます。

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

クリック課金制広告を作成して、お客様がAmazon内で貴社の商品を見つけるようサポートしましょう。

関連性の高いAmazonの商品検索結果に表示されるクリエイティブ広告を使用して、お客様がブランドや商品を見つけられるようにサポートします。

インサイトやシグナルを活用して、カスタマーエクスペリエンスを最適化し、ブランドの売上を伸ばしましょう。

最近では、何かについて調べたい場合、おそらく検索エンジンに質問を入力するのが最も早く答えが得られる方法でしょう。世界中の消費者の多くは、コンテンツや情報、質問に対する答えを見つけるのに役立つ検索エンジンを利用しています。広告主様の側も検索エンジン結果ページ(SERP)を使用し、検索エンジンマーケティング(SEM)または有料検索と呼ばれるデジタルマーケティング戦略を通じて、商品、ブランド、ウェブサイトの露出度を高めるのに役立てています。

SEMは、マーケティング担当者様が競争の激しいマーケットプレイスでビジネスを成長させることのできる方法の1つです。このガイドでは、初心者向けのSEMの基礎、ポイント、戦略の概要を説明します。

検索エンジンマーケティング(SEM)とは

SEMまたは有料検索とも呼ばれる検索エンジンマーケティングとは、SERPを通じてオーディエンスにウェブサイトや商品の露出度を高めるために広告主様が使用する有料のデジタルマーケティング戦略のことです。

SEMのポイントと戦略の説明に入る前に、SEMがどのように始まったのかを説明しましょう。インターネットが発明されると、検索エンジンは、広告主様がマーケティング戦略でSERPを活用する機会を生み出しました。OpenTextが最初のクリック課金制(PPC)広告を生み出し、それがSEMの最初の形となりました。1 しかし、このマーケティング戦略には2001年になるまで正式名称がありませんでした。2 その年に、技術者でありジャーナリストでもあるDanny Sullivan氏が、検索エンジンマーケティングについて書いた出版物の記事の中でこの用語を生み出しました。3

ユーザーの操作

この用語の誕生は、SEMがマーケティングの一分野として認識されることに貢献しました。消費者がインターネットを閲覧したり、ソーシャルメディアに投稿したり、新商品を発見したりできるデバイスが増えるにつれて、検索エンジンはオーディエンスがコンテンツやウェブサイトを探すのをサポートするようになりました。やがて、SEMは広告主様の間で人気を博すようになりました。現在、SEMは数十億ドル規模の産業となっています。4ここではSEMについて知っておくべきことを説明します。

SEMが重要な理由

SEMはブランドの認知を高めるのに役立ちます。究極的には、検索エンジンでブランドの広告が多く表示されたり、高いランクに表示されたりするほど、それらの広告をオーディエンスが見る機会が増えます。SERPの上位に表示されることは、ブランドの認知や検討を促し、ブランドの信頼を高めるのに役立ちます。

さらにSEMは、マーケティング担当者様がSERPを介したウェブサイト、ランディングページ、および商品ページへのトラフィックを増やすための重要な方法になる可能性があります。SEMの究極の目標は、さまざまな手法と戦略を使用してウェブサイトの露出度を高め、より多くのオーディエンスの訪問を生み出すことです。マーケティング担当者様は、有料検索、コンテキスト広告、オーガニック検索ランキングを利用して、ウェブサイトの露出度を高めることもできます。

有料広告に関しては、SEMは他の受動的なマーケティング形態よりも優れたクリックスルー率(CTR)と高いコンバージョン率を実現する場合があります。また、そのPPCモデルにより、企業はキャンペーンを簡単に調整でき、ブランドは関連するオーディエンスにリーチするのに役立てるため特定のキーワードに集中できます。

SEOとSEMの違い

検索エンジン最適化(SEO)についてお聞きになったことがあるかもしれません。これは、ブランドが消費者の注目を集め、ウェブサイトのトラフィックを増やし、ビジネスを成長させるのに役立つ、重要なマーケティング戦略です。しかし、SEMとSEOの違いを知ることが重要です。

SEMとSEOの主な違いは、SEMが有料の戦略を利用してSERPに表示するのに対し、SEOはオーガニック戦略を利用して検索に表示する点です。SEMは、有料の戦術を活用してSERPで上位にランクインし、検索での露出度を高めることで、ウェブサイトまたは特定のウェブページへのトラフィックを増やすのに役立ちます。これらの戦術の例としては、広告のセットアップと最適化、広告の掲載枠に支払う予算の設定があります。

検索エンジンマーケティングが機能する仕組み

SEMは、有料広告を利用して、ブランドの商品やサービスが検索エンジンの結果ページ(SERP)に表示されるようにします。ユーザーが特定のキーワードまたは検索用語を入力すると、SEMによってその検索クエリの結果としてブランドを表示できます。広告主様はインプレッションに対して支払いを行います。この仕組みは訪問者をウェブサイト、ランディングページ、ソーシャルメディアチャネル、または商品に誘導するのに役立つ可能性があります。

簡単に言えば、マーケティング担当者様は特定のキーワードに対するSERPの上位の掲載枠に対して支払っている、あるいは入札していることになります。

キーワードとアカウント構造

すでに述べたように、検索エンジンプロバイダーは一般的に有料検索戦略に利用されます。この場合、ブランドがキーワード調査を実施し、業界、商品、またはサービスに関連する特定のキーワードのキャンペーンを作成します。ユーザーがこれらのキーワードを検索すると、スポンサー広告がSERPの上部または下部に表示される場合があります。ユーザーが広告をクリックすると、そのたびにブランドに課金されます。これは、クリック課金制の広告と呼ばれます。

SEM戦略を策定する方法

この記事は、SEMとは何か、SEMを使用するとビジネスの成長にどのように役立つかを理解していただくための初心者向けガイドですので、SEM戦略の策定に役立つ7つのシンプルなステップを提案します。

  1. 明確な目標を設定する: ユーザーがSERP上で貴社の広告を見つけてクリックしたら、貴社のサイトでどのようなアクションをしてほしいですか? 商品を購入してもらいたいですか?それともアプリをダウンロードしてもらいたいですか? キャンペーンのKPIOKRとは何ですか? お客様がサイトや商品に誘導されたら何をしてほしいかについて明確なビジョンを持つことは、SEMの目標を達成するのに役立ちます。
  2. 他の人が何をしているか観察する: 入札前に、少し調べておくのが最善です。出品するカテゴリーにおける有料検索の状況を評価してみることが重要です。カテゴリー内のキーワードでどこの広告が上位にランキングされているか確認します。この調査を行うと、独自の戦略とテクニックを策定するのに役立ちます。
  3. PPC検索エンジンを選択する: 検索エンジンによって価値は異なります。検索ボリュームが多いものもありますが、PPCの相場も高額になる場合があります。ニーズに合った検索エンジンを選択してください。
  4. 関連性の高いキーワードを調査する: PPCキャンペーンでは、ブランドや商品に適したキーワードを選択することが成功の鍵です。目標に基づいて、さまざまなレベルの検索ボリュームがあるキーワードを選択します。キーワード戦略の詳細はこちら。
  5. 予算を設定する: SEMは高額になる可能性があります。支出を開始する前に、調査して広告予算を設定しましょう。場合によっては、マーケティング担当者様がPPC広告代理店様に相談し、SEM予算戦略についてアドバイスしてもらうことが役立つ場合があります。
  6. クリエイティブを発揮する: 説得力のある広告は、オーディエンスを惹きつけるのに役立つ可能性があります。そのため、広告に採用するコピーやクリエイティブについてよく考え、ブランドを際立たせるために何が役立つかを検討してください。
  7. テストとイノベーション: SEMは必ずしもすぐに成功するとは限りません。むしろ、結果が出るまでには時間がかかることがあります。期待する結果が得られない場合、SEM戦略をテストしたり、キーワードを再検討したり、予算を変更したりしてみてください。

Amazon内の商品検索結果ページの広告

強力なSEM戦略を策定することは、お客様が時間を過ごすあらゆる場所で、検索結果での露出を高め、商品の売上を伸ばすのに役立つ効果的な方法です。また、Amazon Adsのスポンサープロダクト広告は、Amazon内の関連する商品検索結果ページや商品ページに表示される広告を作成して、商品の売上を増やすのに役立つ可能性があります。より多くの場所に表示されれば、購入者が商品を見つけるのに役立つ可能性があります。スポンサープロダクト広告がマーケティング戦略をサポートする方法をご覧ください

1~3「The Master of Google's Search Algorithm Sits Down for a Q&A」、Smallbiztrends.com、2017年9月5日。
4「Global market share of search engines 2010-2022」、Statista、グローバル、2022年3月