ガイド

ブランド戦略とは?

定義、重要性、事例

ブランド戦略とは、企業がブランドの認知度を高め、お客様にリーチしてつながりを築くために使用する包括的なマーケティングアプローチです。ブランドボイス、ストーリーテリング、ミッション、価値観、メッセージなど、すべてが含まれます。ブランド戦略の成功は、ブランドがビジネス目標を定義し、消費者とつながる計画を立てるうえで役立ちます。

Amazon Adsを利用して、商品を掲載し、キャンペーンの作成を始めましょう。

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。

最も魅力的な広告フォーマットを活用して、ブランドストーリーを伝えましょう。初めての動画キャンペーンに関する実践的なサポートについて、ぜひお問い合わせください。

関連性の高いAmazonの商品検索結果に表示されるクリエイティブ広告を使用して、お客様がブランドや商品を見つけられるようにサポートします。

ブランド戦略とは?

ブランド戦略とは、企業が自らを明確に定義し、消費者に好感を持ってもらうための計画です。ストーリーテリング、価値観、見せ方、ミッションなど、あらゆる要素を取り入れた総合的なブランド戦略は、企業が消費者に約束を伝える方法です。ブランド戦略を成功させると、企業は記憶に残る独自のアイデンティティを確立することで、消費者とつながるのに役立ちます。

ブランド戦略はなぜ重要なのか?

ブランド戦略とは、ロゴ、名前、クリエイティブ要素だけでなく、企業がその目的を伝えるための長期計画です。ブランド戦略は、企業を目立たせ、消費者とつながり、ブランドの認知度ロイヤルティを高めるのに役立つので重要です。ブランド戦略を通じて、企業は自らの主張を確立し、ストーリーを共有し、その価値を実証することができます。ブランドの価値は消費者にとって重要です。最近Amazon AdsとEnvironics Researchが実施した調査によると、消費者の79%は、価値観が自分に合ったブランドから商品やサービスを購入することが多いと答えています。

ブランド戦略の基本とは?

ブランドのロゴ、名前、外観はビジネスを定義するうえで重要ですが、ブランド戦略は、このビジュアルクリエイティブを超えて、ブランドの意図的なイデオロギーの域に入っていきます。ブランド戦略を成功させる要因には、ブランドを差別化するものと、消費者に伝えるストーリーを慎重に検討することが含まれます。これには次のものが含まれます。

  • 目的
  • ミッション
  • アイデンティティ
  • 価値
  • 主張
  • ストーリー
  • ユニークさ
  • エモーション
  • 視覚および文章によるコミュニケーション

ブランド戦略のフレームワーク

ブランド戦略のフレームワークを構築し始めるときは、まず次のような質問をいくつか検討することから始めましょう。

私のブランドは何を表しているか?

  • 私たちは何者で、それを消費者にどのように伝えればいいか?
  • 私たちのブランドを差別化しているものは何か? ブランドの特徴は何か?
  • 私たちのブランドがこの商品を作る動機は何か、そして何が消費者を動機づけているか?
  • 消費者とどのように、どこで関わりたいか?
  • 私たちのブランドについて伝えたいストーリーは何か?
  • 私たちのブランド価値は何か、そしてそれが消費者にとっても重要なのはなぜか?

ブランド戦略をどのように策定するか?

成功するブランド戦略を策定することは、強力で永続的なマーケットプレゼンスを確立しようとするマーケティング担当者にとってとても重要な課題です。ブランド戦略を策定するための5つの重要なステップは次のとおりです。 1)ブランドの定義、2)オーディエンスの理解、3)ブランドのビジュアルスタイルの開発、4)ブランドストーリーの紹介、5)俊敏でいつでも方向転換ができること。マーケティング担当者はこれらのステップに従うことで、認知度、お客様のロイヤルティ、およびブランドの信頼を高め、長期的な成功へとブランドを導くことができます。

ステップ1.ブランドを定義する

ブランドビジョンは、ブランドの立ち上げにつながったアイデアやインスピレーションをアピールする必要があります。強力なビジョンは、他のブランドとの差別化における重要なポイントを強調し、お客様との個人的かつ感情的なつながりを築くのに役立ちます。これは、ビジネス戦略を反映し、ブランドを前進させるうえで、貴社と従業員のモチベーションのポイントとなるものにしてください。

ミッションステートメントは、ビジネス目標や目的だけでなく、それらの目標を追求するために取るアプローチとアクションを定義する必要があるという点で、ブランドビジョンとは異なります。お客様のニーズやウォンツにどのようにマッチしているのか、またブランドがお客様にどのように最高のサービスを提供できるのかをオーディエンスに理解してもらうために、お客様を中心とした方法で書かれている必要があります。

ステップ2.オーディエンスを理解する

ブランド戦略を策定する際には、顧客層のニーズと、商品およびブランドによって新規顧客にリーチする機会を深く掘り下げる必要があります。また、新商品やコンテンツをやみくもに作成する前に、既存のサービスを調査して、お客様が望まないものにブランドが貴重な時間やリソースを浪費していないようにすることも重要です。

オーディエンスが誰で、何を望んでいるのかを理解する必要があります。これは、特定のニーズに合わせてブランド体験を調整するのに役立ちます。

ステップ3.ブランドのビジュアルスタイルを開発する

ビジュアルスタイルガイドとは、ブランドに関連するすべてのビジュアル要素をまとめた参考資料で、作成する販促物や広告の一貫性を確保するためのものです。一貫性を持たせることは、お客様が他のブランドと区別できるようなビジネスおよびブランド体験の明確なイメージを作るうえで役立ちます。

どのフォントを選択するかは、お客様がブランドをどのように認識するかに影響する可能性があります。伝えたいのは信頼感や安心感なのか、楽しさや感動なのかなど、企業の価値観やミッションを考慮して、ブランドのメッセージを伝えるための最適なフォントを決定します。

ビジュアルアセットは、購入者とのあらゆるオンラインタッチポイントでブランドを反映するために使用でき、ブランドに対するエンゲージメントを高め、商品の売上を伸ばすのに役立ちます。ここでも、これらのアセットを作成するときに、お客様に感じてもらいたい感情や気持ちを考慮します。

ブランドを表現するために選択した色は、意味を伝えて、お客様の購買決定に影響を与えることができます。ブランドカラーを選択するときは、まずお客様がブランドを見たときに感じてほしいこと、またはどのような印象を与えたいかに応じて、3つまたは4つの選択肢から始めます。

ステップ4.ブランドストーリーを伝える

Webサイト、広告、ソーシャルメディアでの存在感など、どのブランド戦略でも、お客様とつながるための説得力のあるストーリーを伝える必要があります。

消費者は知識が豊富で社会的意識が高く、ブランドの約束とそれを裏付ける行動の両方に注意を払っています。お客様のロイヤルティを確立することは、ブランドの約束を果たすことを意味します。テクノロジーは障壁を打ち破り、世界中の人々を結びつけ、消費者がよりグローバルな視点を持てるようにサポートしています。消費者は気候変動の影響を目にし、習慣や購入を再考しています。また、多くの消費者はより公平な社会を築くことを期待して、社会正義運動を支援しています

さらに、消費者は、ブランドが持つユニークな、そして時として非常に大きな影響力についても認識しています。そのため、消費者はすべてのブランドにもっと多くのことを求めています。世界中の多くの消費者は、ブランドにより多くの共感と人間性を望み、ブランドに利益と社会への有意義な貢献のバランスを維持するように求めています。

価値に基づくメッセージや商品のメッセージをタイムリーにお客様に伝えることができれば、お客様との信頼関係を築くのに役立ちます。そして、そのブランドエンゲージメントは、ブランドの信頼をさらに高め、直接的な関係を築くのに役立ち、ブランドプリファレンスやロイヤルティへとつながる可能性があります。

ステップ5.俊敏であり、いつでも方向転換できるようにする

ブランドは常にお客様と共に進化し、その過程でお客様からのフィードバックに細心の注意を払う必要があります。お客様へのコミットメントを示すことは大いに役立ちます。ブランド戦略の効果を継続的に測定し、必要に応じて調整します。お客様からのフィードバックとブランド指標を使用すると、改善すべき分野を特定するのに役立ちます。市場動向およびブランドストーリーを伝えるための革新的な方法に目を向け、ブランドが関連性を保って魅力的なものであり続けるようにしましょう。

ブランド戦略の例

ブログ

2014年、James Fayal氏は、より軽くて健康的で、お茶をベースにしたエネルギー商品のアイデアを思いつき、飲料ブランドZest Teaを立ち上げました。途中でAmazon Adsと学習コンソールの学習用リソースの助けを借りて、Fayal氏はZest Teaを何千もの実店舗やオンラインで販売する全国的に有名なブランドに成長させました。2020年には、Forbes 30 Under 30のリストに載り、ブランドを展開して袋入りのお茶だけでなく、缶入りアイスティーのエナジードリンク、CBDティー、スパークリングティーなどを追加しました。

Zest Teaの商品

ブログ

娘にそっくりな人形を探していたMelissa Orijin氏は、2018年におもちゃブランドOrijin Beesを創設しました。その後、Orijin Beesは全米の消費者にインスピレーションを与えるおもちゃ会社へと発展してきました。Orijin氏のブランド、Orijin Beesは、さまざまな顔の色や髪質でいろんな文化の人形を作っており、セレブ、フォーブス、Oprah’s Favorite Things、AmazonのToys We Loveなどで注目を集めてきました。AmazonのBlack Business Acceleratorを利用して娘を励ましたいというOrijin氏の思いは、おもちゃ業界の新境地を開拓するのに役立ちました。

Orijin Beesの商品

Amazonでブランド戦略をどのように策定しているか?

Amazon内で魅力的なブランドプレゼンスを構築することで、すでに買い物をしていて次回の購入のためのインスピレーションを探している場所でお客様にリーチできます。

Amazonは、ブランドの登録や保護から、商品ページの最適化、商品の広告掲載、無料のブランドショッピング体験の構築まで、ブランドの基盤を構築するために必要なツールをご用意しています。

一貫性のあるブランド戦略を策定することで、Amazon内のお客様とのつながりを確立し、お客様がアイデアを求めて閲覧したり、特定のブランドや商品を検討したり、実際に購入したりと、ショッピングジャーニーのどの段階にいても、お客様に自社ブランドでの買い物を楽しみにしてもらうのに役立ちます。

Amazon Adsでは、スケーラブルなブランド戦略の策定に使用できる、無料および有料のセルフサービスプロダクトを幅広く提供しています。これらのソリューションを併用することは、購入者が商品ライン全体についてより詳しく知るのに役立ち、意図的かつ説得力のある方法でストーリーを伝えることができます。

広告の開始をサポートするため、Amazon内でのブランド体験をコントロールし、ビジネスの広告準備を整えるためのチェックリストをまとめました

ご利用経験が限られている場合は、お問い合わせいただき、Amazon Adsが管理するサービスをリクエストしてください。最低予算が適用されます。