VAPEが注目度の高いキャンペーンで認知度、エンゲージメント、売上を促進

2020年にイタリアの防虫剤ブランドであるVAPE社は、大きな注目を浴びる話題を作り、自社商品の認知度を高めようとしていました。人気カテゴリーに出品しているこのブランドは、夏の到来に合わせて、一般的なテレビメディアを使わずに、新しいお客様を引き付け、検討を促進し、購買意図を高めたいと考えていました。

カスタマイズしたクリエイティブで注目を浴びる話題作りをする

この目標を達成するために、VAPEはAmazon Adsと協力し、カスタマージャーニーの各段階をカバーするフルファネルキャンペーンを展開させました。類似商品への興味・関心を示したAmazonのオーディエンスインサイトとショッピングシグナルを活用することで、VAPEはインマーケットオーディエンスにリーチし、アウトドア商品に関連するペルソナを開発することができました。

たとえば、Amazonのライフスタイルセグメントでは、ブランドはスポーツ愛好家、エコロジスト、親、アウトドア愛好家にリーチできます。Amazonのオーディエンスインサイトは、ショッピングシグナルに基づいて、VAPEが広告クリエイティブをオーディエンスに合わせてカスタマイズするのにも役立ちました。たとえば、最近ほうきを購入したお客様には、厄介な蚊を追い払っているほうきが掲載されたバナー広告を表示した後に、VAPEの商品が紹介されました。

Amazonのオーディエンスインサイトは、ショッピングシグナルに基づいて広告クリエイティブをオーディエンスに合わせてカスタマイズするのに役立ちました。

Amazon DSPを通じてマルチチャネル戦略を活用することで、VAPEはブランドの認知度を高め、検討を増加させました。購買意図を促進するために、VAPEはスポンサー広告やリマーケティングキャンペーンを含む「常時掲載」のアプローチを採用し、売上の増加に役立てました。

quoteUpAmazon Adsは、強力なクリエイティブキャンペーンを促進する有益なオーディエンスインサイトを提供し、認知度から最終購入まで、カスタマージャーニーのあらゆる段階でお客様にリーチできるようサポートします。quoteDown
– Matteo Giarrizzo氏、メディア担当責任者(イタリア、ギリシャ、キプロス)、Henkel

競争他社に差をつける

お客様はフルファネルアプローチと魅力的なクリエイティブに積極的に反応し、VAPEは2020年の夏にAmazon.itの殺虫剤部門でトップセラーになりました。

VAPEは、広告に寄与するインプレッション、インタラクション、および注文された商品点数の合計によって測定した認知度、エンゲージメント、売上の促進について、目標を上回りました。5,000万以上のインプレッションと42万2000回を超えるインタラクションにより、同ブランドはカテゴリー内での知名度を高めました。1 さらに、Nielsenが実施したサードパーティのブランド調査では、このキャンペーンにより「私が信頼するブランド」としてVAPEのブランドイメージが5 p.p.増加したことが判明しました。2 総合して、ブランドの販売合計点数の51%が広告キャンペーンに起因しました。3

1 Amazon Internal、2020年第3四半期
2 The Nielsen Company、2020年
3 Amazon Internal、2020年第3四半期