事例

ThrasioがどのようにZeenkとのパートナーシップからメリットを得て、マルチチャネルのインサイトを結合したかをご覧ください

Angry Orangeステインリムーバー

米国を拠点とする企業であるThrasioは、新鮮なオレンジオイルを原料とするペット用消臭剤の製造を専門とするブランドであるAngry Orangeを所有しており、Amazonストアを主要な販売チャネルとして使用しています。このブランドは2018年にAmazonでの広告掲載を開始し、ブランド成長戦略を支援するために、データ主導型のアプローチでAmazonの商品検索結果の評価とレビューを分析しています。

2020年9月、Thrasioは、オンラインリテールブランド向けのデータ分析プラットフォームであるZeenkとの提携を開始しました。Zeenkは主に、実用的なインサイトと情報を引き出すためのレポート分析とデータサイエンスモデルを提供することにより、消費者直結(DTC)ブランドをサポートしています。

力が結合するとき

Thrasioは、多様なメディアミックスを備えたマルチチャネル販売戦略を採用しています。同社はパートナーであるZeenkと連携して、さまざまなチャネルで消費者が時間を過ごすあらゆる場所に直接アクセスすることとAmazon内におけるブランド検索への影響との関係を把握したいと考えていました。このレポートは、複数のチャネルにわたる広告の効果としてのその後の売上の相関関係を示しています。

インサイトを得るためのスクラビング

ZeenkはAmazon Ads APIを利用して、Thrasio向けに独自のハロー調査を開発しました。このメカニズムでは、Amazonストア全体、何千ものアプリやウェブサイトの広告チャネルなど、お客様が時間を過ごすあらゆる場所でリーチしたことに起因するインプレッション数と、Amazonでのキーワードによるクリック、その結果としての売上との関係を調べました。APIとの統合により、一連の要求/受信API呼び出しによって、複数の独自のシステムを相互に接続できます。これにより、インテグレーターは多数のシステムから情報やレポートを引き出し、その情報を結び付けてより深いインサイトと分析につなげることができます。

ハロー調査の前と実施中に、Zeenkはスポンサープロダクト広告スポンサーブランド広告、およびスポンサーブランド動画広告キャンペーンにわたるレポート情報を確認し、Amazonの検索用語レポートを使用してブランドキーワードへの影響を測定しました。これは、調査で影響を測定する際のベースラインを確立するのに役立ちました。Zeenkはこの調査を3か月間実施し、Amazon内の一貫した広告掲載を維持しながら、お客様が時間を過ごすあらゆる場所での広告費を33%増加させることで、6週間のパルステストを完了しました。1

quoteUp最近のリテールの買い物客はオムニチャネルです。購入までの過程で、複数のスペースを活用して発見、調査、そして最終的にはコンバージョンに至ります。ハロー調査は、マルチチャネル販売戦略を展開することの利点と、DTCブランドがAmazon内での存在感を高めることを検討すべき理由を示しています。quoteDown
— Zeenk、CEO、Brian Eberman氏

新鮮な視点

この調査を実施したことで、Thrasioは貴重な情報が得ることができ、複数のチャネルにわたるマーケティングの効果測定が可能になりました。この調査では、ThrasioのDTC広告に加えて、お客様が時間を過ごすあらゆる場所での広告掲載がAmazonストアでの売上に影響していることが明らかになりました。このレベルの情報を知ることで、広告費用対効果(ROAS)が当初の予測の2倍高くなり、会社としてAmazon内のブランド検索用語のクリック単価(CPC)が推定15%削減されたとの評価に役立ちました。2 この情報は、クロスチャネル支出に影響を与え、最適化して、会社の広告予算を最大限に活用するのに役立ちます。Angry Orangeにとって非常に有用だったため、親会社のThrasioは、Thrasioのポートフォリオ内の他のブランドに繰り返し拡張できるピボットを備えた、インタラクティブなUIでレポートを作成するようZeenkに依頼しました。

quoteUpチャネルは何もないところでは機能しません。ブランドパフォーマンスを真に最適化するには、組織がすべてのチャネル間の因果関係を把握していることが重要です。quoteDown
— Thrasio、DTC責任者、Matt Pacheco氏

1~2 出典: Thrasio、米国、2022年。