事例

ReviveがAMCオーディエンスの活用で大手健康関連ブランドのメディア費を効率化

コーヒーを飲みながら携帯電話で記事を読む男性

最先端の機能性栄養学とライフサイエンスを重視している評判の良い健康ブランドが、科学に裏付けられた商品を開発し、オンラインで宣伝することを検討していました。このブランドの商品は、心臓の健康、脳の機能、持久力、エネルギー、その他の健康的なライフスタイルに欠かせない要素をサポートするように設計されています。Amazonストアにおいて存在感のある同ブランドは、Reviveと提携してファネル全体で多面的な広告アプローチを導入しました。この戦略には、スポンサープロダクト広告ディスプレイ広告、最近追加されたストリーミングTV広告を使用して、広告効果を最大化することが含まれていました。

経済が不確実な状況の中でこのブランドが成功を収めるのを支援するために、ReviveはAmazon DSPとスポンサー広告を通じてデジタルメディア予算を最適化したいと考えました。Reviveは、マルチチャネルメディア戦略を継続しつつ、ブランドのオーディエンスリーチ拡大に伴う顧客獲得単価を削減することも望んでいました。関連性が効率的なメディア費の鍵であることを認識したReviveは、Amazon Marketing Cloud(AMC)オーディエンスを利用してカスタムオーディエンスを作成し、購入過程全体を通してエンゲージメントを最適化することにしました。

ロワーファネルのコンバージョンとアッパーファネルのエンゲージメントに向けたカスタムオーディエンスの構築

キャンペーンのパフォーマンスを向上させるために、Reviveはまず、季節のイベントの際にカートに商品を追加したものの、ブランドのサイトやAmazonストアで購入を完了しなかったお客様からなるカスタムオーディエンスを作成しました。購買意欲の高い顧客グループを念頭に置き、コンバージョンを増やすため、代理店はAmazon DSPで全国キャンペーンを開始しました。

さらにReviveは、1つの広告タイプに接触したお客様、合計接触回数が3回未満であったお客様、接触しても広告をクリックしなかったお客様からなるオーディエンスを構築しました。ブランドは、ファネルの上部でブランドの認知度と好感度を向上させること、見込み客をコンバージョンに導くことを目指して、キャンペーンでこれらのオーディエンスにリーチしました。

購入ファネル全体でのパフォーマンス上昇という成果

AMCオーディエンスを活用することで、コンバージョン重視のキャンペーンはブランドのベンチマークよりも60%高い広告費用対効果を達成しました。一方、アッパーファネルキャンペーンでは、ブランドの過去の同等のキャンペーンと比較して、商品詳細ページの訪問あたりのコストを50%削減できました。1

広告費用対効果を示す指標の矢印
商品詳細ページ訪問あたりのコストを示す指標の矢印
quoteUp当社は、AMCが提供するあらゆる分析やインサイトに常に満足していますが、真の価値は、パートナーや広告主様がこれらのインサイトに基づいてどのように行動するかにあると思います。AMCオーディエンスにより、オーディエンスソリューションを構築できるようになりました。これにより、クライアントはカスタムの最適化を通じてAMCのインサイトをシームレスに行動に移すことができます。quoteDown
— Revivem、商品責任者、Nolan Gallagher氏

1 出典: Revive、アメリカ合衆国、2023年。