NokiaがAmazon.inのフルファネル戦略でコンバージョンとROASを増加

Nokiaは、モバイル、固定、クラウドのネットワークでイノベーションを起こすグローバルな通信会社です。2017年、Nokiaは象徴的な3310モデルでインドへの再参入を果たしました。それ以来、Nokiaはスマートフォンのポートフォリオを拡大し、さまざまな価格帯の複数の製品が含まれるようになっています。

さまざまなブランドが頻繁に商品を発売しているため、中価格帯のスマートフォンは激しい競争に直面しています。2020年9月、Nokiaはインドの祝祭であるディワリに先立つ期間に、Amazonで5.3シリーズのブランドの認知度を高めたいと考えました。このブランドは、主にスマートフォンを買い換えようとしている消費者にリーチしようとしました。

このキャンペーンでNokiaは、このスマートフォンを他のブランドとの差別化するため、5.3シリーズの機能を伝えることに重点を置くことに決めました。

キャンペーンの第1段階で、Nokiaは認知度を向上させました。「通知」CTA(コールトゥアクション)を備えた、Amazon.inのディスプレイ広告を活用しました。Amazon.inの「通知」ボタンは、イベント、プロモーション、商品、サービスに関する更新や情報をタイムリーに受け取ることに関心があることをお客様が明示的に表明するためのものです。

次の段階で、AmazonのプログラマティックソリューションであるAmazon DSPにより、Nokiaは商品リサーチやショッピングジャーニーのさまざまなポイントでインマーケットのお客様にリーチできるようになりました。Nokiaは、購買意図と買い物パターンに関連するインサイトを使用して、以下の消費者コホートを特定しました。

  • 中価格帯のインマーケットのスマートフォン購入者
  • Nokiaスマートフォンを閲覧している人
  • キャンペーンの第1段階で関心を示した消費者(「通知」)

スマートフォンを検索していた消費者にリーチするために、Nokiaはスポンサー広告キャンペーンを使用してAmazon.inでの露出度を維持し、ブランドキーワードとカテゴリーキーワードを活用しました。

コンバージョンとROASの向上の達成

このキャンペーンでNokiaの携帯電話は、2019年のキャンペーンと比較して、コンバージョンが19%向上し、広告費用対効果(ROAS)が77%向上しました。

2020年第3四半期で、スマートフォンに対する大きな累積需要が見られました。これは、消費者が購入にいたる過程がより多岐にわたっており、より短くなっていることを意味していました。現在、ますます多くの消費者がオンラインで商品検索を開始しているため、私達は、認知から購入の検討に至るまで、インマーケットのオーディエンスにリーチするのに役立つ、Amazonでのフルファネル戦略を構築しています。このキャンペーンでは、大変うれしいことに、30倍のROASがもたらされました。

— Kriti Arneja氏、デジタルマーケティングマネージャー、HMD Mobile India Private Limited

家電製品についての詳細をご覧ください。

Amazon Seller Services Private Limited(以下「Amazon」)は、提供された情報の編集に合理的な努力を払っていますが、その正確性、完全性、有用性、または情報に誤りがないことを保証するものではありません。利用検討中の各ブランドについて、Amazonは同様の結果を保証するものではありません。結果はAmazonの管理下にないさまざまな要因に依存するためです。これによって、Amazonはいかなる責任も否認し、かかる情報の利用に起因する結果について一切責任を負いません。お客様は、ご自身の責任において当該情報を使用することに同意し、かかる情報の利用に起因または関連してAmazonに対して有する、あらゆる請求、訴訟権、および/または救済(法律上もしくは別の方法により生じたもの)を明示的に放棄することに同意するものとします。Amazonの書面による事前の同意なしに、情報またはその一部を複製、再配布、再公開することは固く禁じられています。