事例

Flywheel Digitalが、スポンサーディスプレイ広告でKPI目標を達成し、ブランド新規顧客にリーチできるように家電ブランドを支援

テーブルに置かれたノートパソコンとヘッドフォン

創業50年を超えるある家電ブランドが、Amazonストアでブランド新規顧客(NTB)にリーチするための新しい戦略を模索していたとき、Flywheel Digitalが知識豊富なパートナーであることがわかりました。

スポンサー広告、ディスプレイ広告、アトリビューション、インクリメンタリティモデリング、予測を専門とするFlywheel Digitalは、Amazon Ads製品とソリューションを使用して、ブランドの成長と売上増加に役立つ戦略を構築することを重点分野とする代理店です。2021年より、Flywheel Digitalは家電ブランドとともに、可能な限り効率的なコストで収益アップを促すことを目標に掲げる同ブランドのサポートに取り組みました。さらに同ブランドは、既存の消費者直結(DTC)販売やその他のリテールチャネルと調和した戦略を策定するにあたって、Flywheel Digitalのサポートを必要としていました。同ブランドは、ヘッドフォンとスピーカーの分野で収益性の高い広告費用対効果(ROAS)を3ドルにすることを目標に、ブランド新規顧客(NTB)への販売に注力したいと考えていました。

コンテキストに応じた販売機会

ブラックフライデーやサイバーマンデーなどの販売イベントでにぎわう2021年10月から12月にかけて、Flywheel Digitalは家電ブランドの新しい戦略をテストし、学習する機会を得ました。

繁忙期のホリデーシーズン中、Flywheel Digitalはスポンサーディスプレイ広告とそのコンテキストターゲティング戦略に重点を置き、特定の商品詳細ページやカテゴリーの「売場」に広告を掲載できるようにしました。 Flywheel Digitalは、クライアントのカテゴリー内で他のブランドの最も人気のある類似商品の商品詳細ページのリストを手作業で厳選した後、コンテキストターゲティングキャンペーン戦略を設定しました。

「当社は、ブランドASINをコンテキストに応じたターゲットを設定したASINに戦略的に調整し、説得力のある価格や評価/レビュー数を確保しました。購入者に優れた代替オプションを提示するために、入札していた商品詳細ページと同様のプライスポイントの商品をクライアントから意図的に選択しました。」

— Flywheel Digital、シニアメディアマネージャー、Cara Henningn氏

新規顧客へのリーチ

3ドルの目標広告費用対効果(ROAS)に対して、Flywheel Digitalは、2021年10月から12月にかけて実施したスポンサーディスプレイ広告キャンペーンで、同家電ブランドの目標を93%上回る5.80ドルの平均広告費用対効果(ROAS)を達成しました。1さらに、分析対象期間中にスポンサーディスプレイ広告を使用した、広告に起因する売上のうち97%はブランド新規顧客(NTB)オーディエンスによるものであり、同家電ブランドは新規オーディエンスへのリーチを大幅に拡大できました。2

「テスト期間(2021年10月から12月)の後も、Amazonストアでのブランドの成長を支援する戦略として、スポンサーディスプレイ広告を引き続き使用しました。ターゲットに設定する商品のリストを更新するために、上位カテゴリーの検索用語全体でASINを継続的に更新しています。また、[コンテキストターゲティング]を使用して、クライアントのブランド独自の商品詳細ページを通じて、同ブランドが提供する他の類似商品でもお客様にリーチできるよう取り組んでいます。すでにブランドロイヤリティの高い購入者に試用や購入を促すため、新発売の商品を掲載しています。これにより、新商品のASINのクリックスルーとセルスルーの増加に役立ち、販売準備の強化につながります」

— Flywheel Digital、シニアメディアマネージャー、Cara Henningn氏

1~2 参照元: Flywheel Digital、米国、2022年。