ファミリー向けのスリープウェアブランドMad Dog Conceptsが、Amazon内での売上を倍増させる一年越しの戦略を実装

会社

Mad Dog Conceptsは2001年に創業した、ファミリー向けのスリープウェアに特化したブランドです。2018年2月、Mad Dog ConceptsはAmazon Adsのサポートを受けて、フリースやフランネルパジャマなどの季節商品を通年商品にしたいと考えていました。

目標

Mad Dogの目標は、年間を通じて使える商品の売上を衰えさせることなく、お客さまに継続して商品を購入してもらうことでした。Mad Dog Conceptsは、Nozani(Amazonの出品情報の最適化、広告、アカウント戦略に注力するマーケティングエージェンシー)と提携し、毎年のAmazonでの収益を倍増させることを目標とする一年越しの広告計画を実施しました。

quoteUp常に出品商品への需要があるため、Mad Dogは継続的に広告を掲載しています。ピークシーズンに入ってもこの勢いが続くよう、販売効率を維持し、引き続き広告費に投資することの重要性を認識しています。quoteDown
– Hank Berger氏、CEO、Mad Dogs Concepts

ソリューション

Nozaniは、Mad Dog Conceptsのさまざまな商品ページへのトラフィックを増やすために、戦略をスポンサープロダクト広告キャンペーンに絞っています。このキャンペーンは、検索の際の認知度を高め、カテゴリー内の商品の売上を促進するため、Amazonの広告主様が売上を維持するのに役立ちます。

その後、Nozaniはさまざまなキャンペーン最適化手法を使用して、売上予測に基づいて予算配分を変更し、パフォーマンスや季節性に基づいてMad Dogのキーワードを微調整しました。また、Nozaniは2週間ごとにキーワードを変更して、CPC(クリック単価)の入札額を微調整し、検索ワードレポートを使用して関連性の高いキーワードや新しいキーワードを特定しました。

quoteUp影響力を最大限に高めるために、鮮明な画像、有益なインフォグラフィック、動画、改善したブランドコンテンツを使用して、各出品情報を最適化しました。これは、さまざまな商品の出品情報へのトラフィック増加に役立ちました。スポンサープロダクト広告は、商品の人気を生み出す最も効率的な方法の1つです。quoteDown
– William Kim氏、シニアアカウントマネージャー、Nozani

Nozaniでは、オフシーズン中は広告費を減らすものの、引き続き入札額を調整しながら、季節に限定されない幅広いキーワードを重視しました(たとえば、夏の間は「ウールソックス」というキーワードの入札額を下げるなど)。また、Nozaniは売上高をACOS(売上高広告費比率)と比較して、キャンペーンの効率性に応じて支出額を調整しました。たとえば、ACOSがMad Dogの目標に近い、または下回る場合、Nozaniはコンバージョンの高いキーワードの売上が伸びることを期待して、キーワードごとの入札額を上げます。

結果

Mad Dog Conceptsは、2018年2月の広告キャンペーンの開始以降、自社商品に対して3,800万回近いインプレッションを生み出しました。2019年7月の時点で、Amazon Adsによる売上総額は、前年同期と比較して53%増加しています。

Mad Dog Conceptsは、Nozaniのサポートを得て、2018年7月から12月にかけて全体の売上高を228%増加させ、オフシーズン(2018年第3四半期)の売上高を前年同期と比較して673%増加させることができました。

quoteUpAmazonスポンサー広告は、認知度と露出度を高めるのに最適な方法の1つです。AmazonとNozaniとの提携により、お客さまに対して強い存在感を確立できました。quoteDown
– Hank Berger氏、CEO、Mad Dogs Concepts