Linenspaが購入意欲の高い購入者に再び働きかけるためにディスプレイ広告を使用した方法

会社概要

2003年に設立されたLinenspaは「品質の高い快適さを手頃な価格で提供」することを方針としている寝具ブランドです。 同社は手頃な価格のマットレス、枕、防水プロテクター、用途の広い寝具類など、あらゆる寝具商品をすべて1か所で購入できる「ワンストップショップ」になることを目指して商品を考案してきました。

課題

Linenspaは自社商品の購入に興味を示した購入者に再び働きかけ、コンバージョンを図りたいと考えていました。

ソリューション

Amazon内外で、購入意欲が高いオーディエンスにリマーケティングするため、Linenspaは検索広告アプローチを引き立たせるディスプレイ広告を追加しました。メディア戦略にディスプレイ広告を追加することで、過去にブランドの商品詳細ページにアクセスしたことがある購入者とのかかわりを可能にしました。また、動的なeコマース広告を活用して、カスタマーレビューや [カートに入れる] ボタンなど、Amazon独自の使い慣れたショッピング機能をディスプレイのクリエイティブに統合しました。

結果

  • 検索広告キャンペーンのROAS(広告費用対効果)と比べて、ディスプレイ広告キャンペーンのROASが1.6倍
  • キャンペーン期間中にブランド商品のオーガニックインプレッションが34%増加(キャンペーン前の期間と比較)1
  • 1日の平均売上高が2倍に増加(キャンペーン前の期間と比較)2
デスクトップと携帯電話のLinenspa商品の商品ページ

注: Amazon内におけるアーンドメディアやオーガニック露出度の変更に影響するインプットはいくつもあります。

参照元: Amazon Internalデータ
1アーンドメディア: キャンペーン期間中にブランド商品のオーガニックインプレッションが上昇した割合(キャンペーン前の期間と比較)
2キャンペーン期間中の広告掲載商品の1日平均売上(キャンペーン前の期間と比較)