LabeliumはLexmarkがスポンサーブランド広告により新規購入者にリーチするのをサポート

Lexmarkは30年にわたり画像とドキュメント処理サービスを提供しており、ビジネスの世界での印刷、スキャン、コピー、および一般的なドキュメント処理における新技術の変化を目の当たりにしてきました。Lexmarkは、世界中の企業からのこのようなニーズに最前線で対応することを使命としています。

2019年10月以降、Lexmarkはデジタルパフォーマンスマーケティング代理店のLabeliumと協力し、Amazon内でのブランディングと販売パフォーマンスを改善してきました。Labeliumは2001年以来、世界中のクライアントの電子商取引と電子リテール戦略に重点的に取り組んでいます。

ストアとスポンサー広告を最適化

LexmarkがLabeliumとの協力を検討し始めたとき、同社はプロ仕様の画像およびドキュメント処理商品である「GO Line」ブランドに焦点を当てていました。Labeliumは、Lexmarkでの販売準備の初期チェックを実施した後、同社と協力して、まずはストアと商品詳細ページのコンテンツを最適化し、新しいスポンサープロダクト広告およびスポンサーブランド広告戦略を実施しました。このチェックでは、LabeliumはLexmarkのAmazonブランド分析からのインサイトを使用しました。

Labeliumは、Lexmarkでの戦略の鍵として、スポンサーブランド広告キャンペーンを活用しました。Lexmarkは、スポンサーブランド広告に掲載するヒーロー商品3点を提案し、Labeliumはその商品でA/Bテストを実施し、スポンサープロダクト広告キャンペーンからの商品レベルのインサイトを使用して、スポンサーブランド広告のクリックスルー率(CTR)を最適化しました。Lexmarkの露出度は同業他社よりも低かったため、スポンサーブランド広告はLexmark商品をカスタマージャーニーの認知度と検討段階に組み込むことに役立ちました。

スポンサーブランド動画広告でエンゲージメントを高める

Labeliumのスポンサーブランド広告戦略には、スポンサーブランド広告のフォーマットの1つであるスポンサーブランド動画広告も含まれていました。

Labeliumの電子リテール担当エグゼクティブバイスプレジデント兼マネージングディレクターのChris Apostle氏はこのように述べています。「スポンサーブランド動画広告により、Lexmark商品の動画の影響力を活かし、さらにはその他のトラフィック参照元からのデータを活用することができました。動画広告はより魅力的で、一般的な静的な商品画像よりもユーザーのエンゲージメントの可能性が高くなります」。
Labeliumは、モバイルやデスクトップの商品検索結果にスポンサーブランド動画広告の魅力的な動画コンテンツを掲載することで、購入者がLexmarkブランドとその商品とのエンゲージメントを深め、発見する機会を創出しました。

カスタマーエクスペリエンス

このように、LabeliumはLexmarkと協力して、商品詳細ページとLexmarkのストアのコンテンツを最適化し、カスタマーエクスペリエンスを向上させました。Apostle氏は、「ブランドの商品詳細ページが最初の時点で最適化されていないと、広告パフォーマンスを正確に測定することはできません。なぜなら、コンバージョン率に影響する変数が多数あるためです」と説明しています。

Lexmarkのストアでは、Labeliumは、Lexmarkの商品を機能別にグループ化(カラー/白黒、単一機能プリンタ/多機能プリンタなど)して、サブページで紹介しました。

フルファネルの目標を上回る

当初、Lexmarkは2020年の広告費用対効果(ROAS)を3倍にするという目標をLabeliumに提示しました。最終的に、2020年のROASは、目標の122%を達成し、6.7倍となりました。

広告から商品詳細ページ、ストアのコンテンツに至るまで、フルファネルで取り組み、Labeliumは広告戦略を成功に導き、最大セグメントサイズ(MSS)を4倍に拡大しました。これはかなりの数のブランド新規顧客に相当します。

Apostle氏は、キャンペーンの成功は、次のような透明性の高い「真のコラボレーション」によるものだと考えています。 「Lexmarkはビジネス目標、KPIに関して透明性が高く、そして最も重要な点は、新しいアイデア、機能、商品に対して積極的であることです。この信頼と先進的なアプローチにより、当社の専門知識を活用して、現在だけでなく、今後何年間にもわたって、Lexmarkのビジネスを真に促進させることができます」。

Lexmarkのマーケティングオペレーション担当ディレクターであるMike Dattilo氏は次のように同意します。 「Amazon Adsには、社内で活用できる専門知識よりも多くのメリットがあることがわかりました。Labeliumとの協力により、マーケティング慣行に関するグローバルな専門知識と実績を活用し、この分野への参入を加速させることができました」。