事例

Jacked FactoryはAmazonアトリビューションを使用して広告とブランド構築の取り組みを最適化

Jacked Factoryの急成長

カナダのスポーツ栄養ブランドであるJacked Factoryは、費用対効果(ROI)、ブランド構築の取り組み、売上の向上に役立てるために、指標に基づくインサイトを使用してAmazon外のキャンペーンを最適化するよう常に努めてきました。以前は、Amazon外のキャンペーンの前後や実施中の売上の違いを分析することに限定されており、キャンペーンの効果を測定することは困難でした。

同社は2021年4月に、Amazonアトリビューションの使用を開始しました。これはJacked Factoryのマーケティング業務に欠かせないものとなっています。現在では、独自のインサイトとトレンドを分析できるため、マーケティングチャネルのパフォーマンスと、総合的なビジネス目標への貢献度を判断するのに役立っています。

Jacked Factoryは2015年に創業し、Amazonでの出品を開始しました。7年後の現在も、AmazonはJacked Factoryのお客様にとって上位のショッピング場所であり、これまでに数百万点のスポーツパフォーマンス商品を販売してきました。

Jacked Factoryのチームは長年にわたり、Amazon Adsプロダクト(スポンサープロダクト広告スポンサーディスプレイ広告スポンサーブランド広告)とブランドショッピング体験(ストアPosts)をAmazon外のマーケティングチャネル(Google、Facebook、Instagram、メール、アフィリエイト)と併用し、ブランドの認知を高め、売上を伸ばし、顧客ロイヤルティを構築するのに役立ててきました。Jacked Factoryは、Amazonアトリビューションのインサイトを活用し、Amazon外の広告キャンペーンのクリエイティブ、掲載枠、オーディエンス、ランディングページの最適化に役立てています。

「Amazonアトリビューションのインサイトにより、どの広告戦略がビジネス目標の達成に役立っているかを簡単に把握できるため、ビジネスを成長させることができました」と、Jacked FactoryのAmazon事業部長であるRoland Penney氏は述べています。

「使い方はとても簡単で、Amazonアトリビューションダッシュボードを使用すると、関連性が高くて必要な指標をすばやく表示できます。優れたデザインとは、何も考えずに使えるということです。これはAmazonアトリビューションダッシュボードにも当てはまります」と、Penney氏は付け加えます。

インサイトに重きを置く、経験豊富なマーケティング担当者であるPenney氏は、Amazonアトリビューションのインサイトが、Jacked Factoryの広告の最適化とビジネスの成長をサポートした3つの方法について教えてくれました。

適切なマーケティングチャネルの特定

Jacked Factoryは、Amazonアトリビューションのインサイトを使用して、さまざまな広告目標に最も適しているAmazon外のチャネルを特定することができました。

インサイトによると、通常はソーシャルメディアチャネルの方がコンバージョン率が高いことがわかりました。これは、お客様がショッピングジャーニーのこの時点で購買意欲が高いことを示しています。Jacked Factoryは現在、これらのチャネルを主に下位ファネルのマーケティングに使用しており、全体的な目標として売上の増加サポートを掲げています。一方、ディスプレイ広告は、ブランドと商品の認知度を高めることに重点を置いた、上位ファネルのマーケティングキャンペーンに最も適していました。さらに、Amazon Adsが認知、検討、売上の促進をサポートしつつ、(Amazon外のチャネルと比較して)同ブランドに対する顧客ロイヤルティの構築に貢献した最も効果的なチャネルであることを特定できました。

こうしたインサイトは、Jacked Factoryがそれぞれの商品にとって、どのチャネルが最も効果的かを理解するのにも役立ちました。たとえば、ある商品は、Amazon外の1つのチャネルで他のチャネルの8倍の収益を上げました。

Jacked Factoryは、Amazonアトリビューションのインサイトにより、ブランド、商品、お客様にとって何が最適かに基づいて、より簡潔でインサイトに基づくマルチチャネル広告戦略を立てることができました。同社は、Amazonアトリビューションを使用して最高のROIをもたらす要因を発見した後、Amazon外の広告にかける予算を調整することに成功しました。

オーディエンス、クリエイティブ、コンテンツを調整する

Amazonアトリビューションのインサイトは、Jacked Factoryが広告キャンペーンに最適なオーディエンス戦略を把握するのに役立ちました。たとえば、Amazonストアへの訪問を促進するオーディエンスを決定する際に、幅広い戦略を維持することで、広告キャンペーン全体のエンゲージメントを高める結果につながることがわかりました。

同様に、Jacked Factoryは、さまざまなクリエイティブやコンテンツを試し、それらのパフォーマンスをAmazonアトリビューションで測定することで、お客様とのコミュニケーション方法を最適化するのに役立ててきました。たとえば、同社のチームは一連のメールを配信し、メールの上部に提供商品を記載するのと下部に記載するのではどちらがパフォーマンスが優れているか、またどのようなタイプの提供商品が売上の増加につながるかを調査しました。その結果、Jacked Factoryはメールキャンペーンをより効果的に最適化できるようになりました。

ストアを最適化する

Jacked Factoryは、Amazon Ads以外の2つのキャンペーンで異なるランディングページの効果をテストし、どのアプローチがクリックスルー率、カートへの追加、売上の最も大幅な増加につながるかを判断しました。

Amazonアトリビューションのインサイトを使用することで、マーケティングファネルの上位オーディエンスにリーチするには、ストアのランディングページを使用するのが最も効果的であることを特定しました。Jacked Factoryは、ストアで没入感のある体験を生み出すことで、購入者がファネルを下るよう促すことができました。この戦略の結果、カートへの追加率は2倍以上になりました。1

「ストアでお客様の共感を呼ぶような方法でブランドを魅力的にアピールできたこと、そして特定の商品に専用のサブページを設けてカートに入れるオプションとともに重要な特徴を紹介できたことで、お客様を出品の商品情報に誘導する場合と比較して、コンバージョン率が高くなりました」と、Penney氏は言います。

一方、積極的に購入を検討している購入者の場合は、商品詳細ページに誘導する方がより効果的であることがわかりました。これは、Jacked Factoryがコンバージョン率を高め、既存のお客様のロイヤルティを構築するのに役立ちました。

このようにAmazonアトリビューションのインサイトを活用することで、Jacked Factoryはストアが購入者のジャーニーにもたらす影響を把握し、お客様のニーズに基づいてストアを継続的に最適化できています。

「当社のストアでは、ブランドの視点からお客様とつながることができます。当社は、お客様に適切な体験とメッセージを提供するために、Amazonアトリビューションを使用してストアに加えるべき変更を決定しています」と、Penney氏は言います。

1 広告主様提供データ、米国、2021年11月22日~2022年4月7日