事例

FanCodeは西インド諸島対インドのクリケットシリーズ期間中にFire TV広告を活用してユーザー数を20倍に増加

Fancodeロゴ

Dream Sportsが所有するFanCodeは、スポーツコンテンツ、コマース、コミュニティ全体でオーディエンスにカスタマイズされた体験を提供するデジタルスポーツのプラットフォームです。FanCodeでは、インタラクティブなライブストリーミング、スポーツ用品のショッピング、試合の詳細なライブ解説付きのインタラクティブなスコア速報を提供しています。2021年4月、FanCodeは西インド諸島代表クリケットチームの放送およびストリーミングの両方のメディア権を取得しました。1 2022年7月から8月は、インド代表クリケットチームが西インド諸島で海外遠征を行い、FanCodeが新しいオーディエンスにリーチする機会となりました。

Fire TVでスポーツファンにはたらきかける

インドの放送視聴率調査評議会が2022年に実施した調査によると、スポーツ視聴者の83%はTVで観戦しています。2 Fire TVデバイスでは、Live TVやAlexaスキルなどの人気のアプリやチャネルを使用して、スポーツや映画、TV番組の幅広いセレクションの中からストリーミングを行い、自宅で映画館のような体験ができます。

FanCodeとAmazon Adsチームは、こうしたスポーツファンにリーチするためのソリューションとしてFire TV広告を検討しました。西インド諸島対インドのクリケットシリーズでは、Ravi ShastriやAshish Chanchlaniなどのインドの人気セレブを起用し、ファン優先のキャンペーンを宣伝するクリエイティブのメッセージを採用しました。クリエイティブでは、この2人の男性がFanCodeでクリケットを観戦しながら対戦データも確認できる視聴体験について話し合っている様子が紹介されました。

このクリエイティブは、FanCodeが視聴者に試合体験のカスタマイズについて情報を提供するのにも役立ち、FanCodeでのライブ観戦を促しました。同ブランドは、ワン・デイ・インターナショナルとT20シリーズの両方の最初の試合中に、Feature Rotator広告スロットの注目度の高い最初のスライドで1日テイクオーバーを使用し、リーチを最大限に高めました。

これらのキャンペーンに続いて、Feature Rotator広告スロットの2番目と3番目のスライドでスポーツ視聴者を対象としたキャンペーンを行い、インラインバナースポンサータイルを使用してアプリのインストールを促しました。お客様が広告をクリックすると、アプリがまだインストールされていない場合、ダウンロードを促す画面が表示されるようにしました。

ユーザー獲得とエンゲージメントを促進

Fire TV広告を採用したFanCodeのキャンペーンでは、シリーズ全体で1,600万回のインプレッションを獲得し、動画再生完了率(VCR)は49%でした。これはAmazon Fire TV広告のベンチマークに並ぶ成果で、3 クリックスルー率はベンチマークを上回る1.23%でした。4 また、14日間のツアー期間中に、FanCodeアプリは1日に最大6万5,000回のダウンロード数を達成し、Fire TVデバイスへのFanCodeアプリのインストールは9万4,000回を超えました。5 さらにFanCodeは、キャンペーン終了後にFire TVデバイスでのユーザーエンゲージメントが7倍に増加しました。6*

引用アイコン

スポーツファンは自宅にある大画面でのスポーツ観戦を好むため、西インド諸島でのインド代表チームによるツアーをスマートTVで視聴できるようにしたいと考えました。その観点から、Fire TVは、適切なオーディエンスへのリーチを拡大し、一体感のある広告フォーマットでオーディエンスにはたらきかけてベンチマークを超えるクリックスルー率を達成し、ロイヤルティの高いFanCodeの登録者になるよう促す上で、重要であることが証明されました。

引用アイコン

— FanCode、デジタルマーケティング担当部長補佐、Tanuj Nandurkar氏

1 The Economic Times、インド、2021年
2 Exchange4Media、インド、2022年
3 Amazon Internalデータ、インド、2022年
4 広告主様提供データ、インド、2022年
5 Amazon Internalデータ、インド、2022年
6 Amazon Internalデータ、インド、2022年
* ストリーミングTV広告主様による同様のキャンペーンでは、ユーザー数が10倍に増加し、アプリのインストール数が12倍に増加しました。