おもちゃメーカーがeコマースの代理店であるWhiteboxと連携し、スポンサープロダクト広告でホリデー期間の売上を促進

会社概要

2015年に設立されたボードゲームメーカーであるEM Gamesは、Amazonでのビジネスのあらゆる側面を管理するためのエンドツーエンドのソリューションを探していました。

目標

2018年のホリデーシーズン前に、EM Gamesは、Amazonでのビジネスの拡大と成長に役立てるため、ボルチモアに拠点を置くフルサービスのeコマース事業であるWhiteboxと提携しました。ホリデーシーズンに向けた準備と売上促進のために、WhiteboxはEM Gamesの在庫物流を管理しただけでなく、Amazon Adsの広告キャンペーンの戦術も更新しました。

quoteUp当社の商品はボードゲームなので、ホリデーシーズン中、お客様が最初に思い浮かべるブランドという位置をキープすることが重要でした。Whiteboxと連携することで、効果的なホリデーシーズンのリテール戦略を構築し、ピーク時の売上を促進することができました。quoteDown
– Bruno Saboga氏、The Awkward Storytellerのクリエーター、EM Games

ソリューション

ホリデーシーズン中の商戦期が近づくと、Whiteboxは、商品ページを更新して高品質の画像と魅力的なブランドコンテンツを追加し、関連性の高い検索用語を商品の出品情報に組み込むことで、商品を見つけやすくし、商品について知ってもらえるようサポートしました。

忙しいホリデーシーズン中のブランドの露出度を確保するために、Whiteboxはスポンサープロダクト広告を利用して見込み客にリーチし、オートキャンペーンを使用してキーワードを収集し、マニュアルキャンペーンでブランドのキーワードと汎用な非ブランド関連キーワードの両方をターゲットに設定しました。EM GamesがAmazonブランド登録に登録されていたため、Whiteboxはブランド分析を評価し活用して、キャンペーン戦略に反映させ、お客様の検索用語に関するインサイトを得ることができました。

WhiteboxはAmazon Ads APIと統合されているため、柔軟なソリューションを開発し、スポンサー広告キャンペーンをクライアントに合わせて大規模に管理できます。Whiteboxは、Amazon Ads APIとの統合により、入札額を動的に変更し、実行中のすべてのキャンペーンに対して、掲載枠ごとのレポートやキーワードレポートなどのさまざまなレポートを拡張性のある方法ですぐに取得できるようになりました。これは、各レポートを手動でダウンロードするのではなく、API統合によりこれらのレポートからデータを自動的に受信することができるようになったことを意味します。

最適化に役立つよう、Whiteboxは主に広告のACOS(売上高広告費比率)に焦点を合わせ、特に最もインプレッションの高いキーワードに焦点を合わせました。また、Amazon Ads APIを使用したオート入札戦略の組み合わせを使用して、運用型広告で臨機応変に変更を行いました。

quoteUpAmazon Ads APIは、当社のチームには欠かせないものです。クライアントにキャンペーンのインサイトを提供し、多数の変更を迅速かつ動的に行う機能を提供することに関して、他のマニュアルソリューションよりも優れたものを提供してくれています。quoteDown
– Drew Kramer氏、ビジネスアナリティクス&インサイト担当副社長、Whitebox

結果

Whiteboxのサポートのもとスポンサープロダクト広告を使用することで、EM Gamesは新しいお客様にリーチし、ホリデーシーズン中に成果を上げることができました。広告を始めてから2か月未満で、EM Gamesは1,300万回近くのインプレッションを生成し、2018年の広告への支出は2017年に比べて約50%減少させることができました。その結果、広告による売上高が8%増加しました。同社は、前年と比べて31%低いACOSを維持しつつ、1年の繁忙期である時期にこの規模の成功を収めることができました。

Whiteboxは、今後のホリデーシーズンに向けて、他の広告主向けにいくつかの推奨事項を共有しました。

  1. ホリデーシーズン中にお客様が検索する可能性の高いキーワードを設定します。よくある間違いは、1年を通して同じキーワードを使用することです。オートターゲティングキャンペーンを使用して、ホリデーシーズン特有のキーワードを調査し更新することが重要です
  2. 期間が限られていたため、競争率の高い状況を予想し、検索結果の上位の掲載枠に広告が表示されるように、必要に応じて入札額を上げる必要があります。
  3. 可能であれば、Amazonブランド登録のAmazon検索用語などのデータを使用してお客様についてよりよく理解し、高い関連性を維持するためにコンテンツを適宜更新します。
quoteUpAmazon Adsでは、特にホリデーシーズン中に、最も効果的な方法でおもちゃなどのカテゴリーでテストし、露出度を高められます。ブランド分析とスポンサー広告について、Amazonのレポートを活用すると、ホリデーシーズン中、購入者の検索用語がどのように変化するか、およびこうしたお客様に最も効果的に商品を紹介する方法を把握するのに役立ちます。quoteDown
– Bruno Saboga氏、The Awkward Storytellerのクリエーター、EM Games

おもちゃの広告についての詳細をご覧ください。