プライムデー広告戦略を構築するための3つの簡単なステップ

2019年7月2日

Sila Gurmen、シニア商品マーケティングマネージャー

購入者はプライムデーを心待ちにしていますが、広告主様は、お買い得ショッピングイベント以上のものとして、プライムデーに取り組む必要があります。来年のプライムデーに先んじて、プライムデーの前とその期間中にセールを調査して買い物をするAmazonプライム会員にリーチするための戦略を計画できます。また、購入者はプライムデー後もAmazon内で商品を閲覧して買い物し続けるので、戦略をプライムデー後まで延長する必要があります。

1.プライムデー前(2~3週間): 商品を検索中のオーディエンスにセールやブランドを宣伝しましょう。

プライムデーまでの数週間は、商品を積極的に調べているオーディエンスに、広告掲載商品やブランドの価値を紹介する良い期間です。これは、広告掲載商品やセールをさらに見つけやすくし、イベント当日にセールの売上が向上する可能性を高めるのに役立ちます。また、この期間を利用してオーディエンス戦略やキーワード戦略などのキャンペーン入力を最適化することにより、プライムデーでキャンペーンのパフォーマンスを最大化できます。

2.プライムデー当日: 商品を購入する可能性が高く、ブランドをよく知っているオーディエンスにリーチします。

プライムデーには、追加の広告戦術を有効することにより、既に広告を配信済みのオーディエンスへのリーチを最大化できます。たとえば、プライムデーの前に商品詳細ページにアクセスしたオーディエンスにリマーケティングして、イベント当日にオーディエンスが最初に思い浮かべるブランドになることができます。これは、既に広告主様の検討リストに入っているオーディエンスにとって、最初に思い浮かべるブランドであり続けるのに役立ちます。

3.プライムデー後(2 週間以上): 規模を拡大して再度、オーディエンスに働きかけましょう。

プライムデーが終わったあともAmazonにアクセスして商品の閲覧とショッピングを続けるプライムデーのオーディエンスを再び引き付けることができます。この期間中は、補完的な商品を既存のオーディエンスに宣伝したり、プライムデー中に商品を購入しなかった新しいオーディエンスにリーチしたりできます。

これらは、プライムデーを最大限に活用する方法のほんの一部にすぎません。サインインして広告を始めましょう。