unBoxed 2022: Amazon Adsでは、動画広告やストリーミング広告を通じてブランドがお客様とのエンゲージメントを高め、お客様を満足させるのに役立つ新しいプロダクトを紹介します

2022年10月26日

Amazon Adsは本日のunBoxed 2022カンファレンスで、あらゆる規模の広告主様が動画やストリーミングのメディアの力を活用して、自社のブランドや商品ストーリーをより効果的にお客様と共有するのに役立つ新しいソリューションを紹介しました。

Wyzowlのサードパーティ調査によると、消費者の73%は商品やサービスについて知るために動画広告を好むと回答し、88%は動画広告が購入を後押ししたと回答しています。1 米国には2億2,500万人以上のストリーミングTV視聴者がいます。2 2022年にはデジタル動画広告への支出が760億ドルに達すると予測されています。3ところが広告主様は細分化され混乱を招くチャネル、プロバイダー、ツールの状況に直面しています。

Amazon Adsは、一連の包括的なソリューションによって広告主様のエクスペリエンスを簡素化します。

Amazon Adsの米国営業担当副社長であるTanner Eltonは、「当社の動画広告ソリューションは連携して機能し、ブランドが関連性の高いオーディエンスに大規模に簡単にリーチできるようにします。これにより、ブランドはクリエイティブな作品を人気コンテンツと並べて配信し、楽しいエクスペリエンスでオーディエンスのエンゲージメントを高め、その影響を測定して最適化することができます」と語ります。「私たちは、規模やリソースのレベルに関係なく、より多くのブランドに動画広告の力を実感してほしいと考えています。」

あらゆる規模のブランドに力を与える

unBoxed 2022で、Amazon Adsはセルフサービスのスポンサーディスプレイ広告ソリューションに動画を導入すると発表しました。新しいスポンサーディスプレイ広告の動画クリエイティブは、現在世界中で一般提供されています。これにより、特に小規模ブランドや新興ブランドをはじめとするあらゆる規模の広告主様が、Amazonやその他のオンラインで何百万人ものお客様に商品やストーリーを紹介する動画キャンペーンを簡単に作成できます。ブランドは、チュートリアル、デモ、開封動画、お客様の声などの没入型動画広告を配信し、標準のスポンサーディスプレイ広告の指標を使用してキャンペーンのパフォーマンスを測定できます。

Amazon Adsは、動画ビルダーのパブリックベータ版プログラムの拡張も発表しました。これによりブランドは、すぐに使えるカスタマイズ可能なテンプレートを使用して、スポンサーブランド広告やスポンサーディスプレイ広告のキャンペーン用の動画を簡単に作成できるようになります。広告主様は、提供する商品やライフスタイルの画像を使用してより訴求力のある広告コンテンツを作成できるので、10分もかからず追加費用もなしで簡単に動画クリエイティブを作成できます。また、動画キャンペーンの利用範囲を広げ、クリエイティブなバリエーションをすぐに試してエンゲージメントを最大化することもできます。

動画ビルダー

Aterian Incの子会社であるhOmeLabsの副社長兼ゼネラルマネージャーであるPhil Lepperは、「今年の夏、当社のウィンドウエアコンのプロモーションに役立つ迅速かつ簡単なソリューションが必要でした」と語ります。「動画ビルダーを使用すると、7分以内にクリエイティブが完成し、30分で3つの新しいキャンペーンを開始できました。これにより、商品サイズのバリエーションに合わせてメッセージを調整できました。キャンペーンのクリックスルー率は4.49%、広告費売上高比率は15%でした。これは、動画のない同様のキャンペーンと比べて100%以上の向上でした。」

現在8か国で利用できるAmazonクリエイティブサービスは、インパクトのあるスポンサーブランド広告、ストリーミングTV、スポンサーディスプレイ広告動画、他のクリエイティブアセットなどの制作について、信頼できるサービスプロバイダーを広告主様が見つけて比較し、直接予約するのに役立つ新しいサービスです。ブランドは、要件に基づいてサービスを検索およびフィルタリングし、レビューやサンプルを閲覧し、プロバイダーと直接つながってエンドツーエンドのクリエイティブ配信を行うことができます。これらはすべてAmazon Adsコンソール内で行えます。クリエイティブサービスは、広告主様の制作プロセスを簡素化し、より多くのマルチチャネルまたはアッパーファネルマーケティングを可能にします。サービスは無料で利用でき、予約時に最低限必要なコミットメントもありません。すべてのサービスには、Amazon Ads広告ポリシーへの準拠を保証する「審査の保証」があります。

ストリーミングTV広告のインクリメンタルリーチの測定

unBoxedでは、Amazon Adsは、ストリーミングTV広告ソリューションを新たに強化したAmazonストリーミングTVのインクリメンタル世帯リーチも紹介しました。AmazonストリーミングTVは、Twitchを含め、米国の1億3,500万人を超える重複しない潜在的な月間オーディエンスにリーチしています。4 ストリーミングTVインクリメンタル世帯リーチは、リニアTVキャンペーンだけでなくAmazonストリーミングTV広告キャンペーンを通じてリーチしたユニークでインクリメンタルなオーディエンス数をブランドが測定するのに役立つ、キャンペーン後のレポート作成ソリューションです。このソリューションでは、ファーストパーティとサードパーティのシグナルを組み合わせて、機械学習に基づく予測によって補強することで、正確な集計結果を保証します。インフライトレポートにより、ブランドはキャンペーン中に常に情報を入手し、最適化を行うことができます。

お客様の成功のためのイノベーション

Amazon AdsはunBoxed 2022でさらに、魅力的な動画広告によって適切なオーディエンスのエンゲージメントを高めるための、シンプルかつ強力な方法をブランドに提供することに重点を置いたさまざまなイノベーションも示しました。例:

Thurday Night Footballは、Prime VideoとTwitchでのみストリーミング配信され、若年層やエンゲージメントのより高いオーディエンスにエキサイティングな新しい体験を届けます。そしてAmazonのファーストパーティインサイトは、最後のホイッスルの後、さまざまなAmazonプロパティでファンを再び引き付けるという新たな機会を広告主様に提供します。

ボールを持って走っているフットボール選手

IMDb What to Watchアプリは、米国のFire TVユーザーに、楽しくインタラクティブなミニゲームやクイズを提供して、ファンが何をストリーミングするかを決めるのに役立ちます。また、Quick Drawゲームスポンサーシップ(ベータ版)などのアプリ内スポンサーシップを利用すると、ブランドは、視聴者が素晴らしいコンテンツを見つけるときに、一番目立つところに広告を配置することができます。

Fire TVのIMDb What to Watchアプリ

インタラクティブ動画広告の新しいカスタマーエクスペリエンスには、「カートに追加」や「リストに追加」などのシングルアクションや、「これを購入」、「今すぐチェック」などのマルチアクションエクスペリエンス、Amazonで販売していないブランドの場合は電子メールまたはQRコードによる「詳細を見る」など、複数のカスタマーコールトゥアクション(CTA)オプションが用意されています。

Freevee Welcome Screen(ベータ版)では、お客様がFire TVでFreeveeアプリを起動したときに、7秒間全画面でブランドを紹介するユニークな機会を広告主様に提供します。

1 Wyzowl、The State of Video Marketing、米国、2022年
2 eMarketer、米国2022年2月
3 IAB、米国、2022年5月
4 Amazon、2022年7月