Tyson Foodsは、AR/VRテクノロジーで「特別な行事」という箱を壊し、Jimmy Deanのソーセージ製品を外に出す

2023年1月13日 | 投稿者:Jareen Imam、コンテンツおよび編集シニアマネージャー

携帯電話に表示されているJimmy Deanソーセージ製品の広告

優れた商品を扱うブランドでも、一年のうち特定の時期にしか売れないような場合は、こんな疑問が浮かぶかもしれません。 「特別な機会」という箱を壊すにはどうしたらいいのだろう。 それがまさに、Tyson FoodsがJimmy Deanフレッシュソーセージ製品の売上を検討していた時に考えたことです。同社の調査では、お客様は主に週末やホリデーシーズンに朝食用のソーセージ製品を購入して食べていました。しかし、Tyson Foodsは、Jimmy Deanフレッシュソーセージ製品をお客様の日常生活のより普通の部分にする方法を見つけたいと考えていました。

世界で最も影響力のあるテクノロジーカンファレンスの1つであるCESで、Amazon Adsは当社のコンテンツスタジオでブランドリーダーや代理店パートナーと対談し、オーディエンスとつながり、常に最初に思い浮かべるブランドであり続け、ランドへの愛とロイヤルティを刺激する方法について話し合いました。2023年のカンファレンスでは、Tyson Foodsの有料メディア担当ディレクターのClare Liston氏にインタビューしました。彼女は、Jimmy Dean、Hillshire Farm、Hillshire Snacking、Ball Park、Aidells、Wright Brandなどのリテールブランドのポートフォリオ全体にわたるすべての有料メディアへの投資を監督しています。

インタビューの中で、彼女はTyson FoodsがSnapchatやAmazon Adsとどのように連携し、拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)を使ってJimmy Deanフレッシュソーセージ製品の認知度を高め、検討を促し、コンバージョンを増やしたかを語りました。Tyson Foodsがどのようにして、革新的なテクノロジーを活用して消費者に思いがけない喜びをもたらし、同時に商品への関心を高めることができたかをご紹介します。

クリエイティブイノベーションがブランドにとってどのようなメリットがあるか知りたいですか?

エッグハックキャンペーンについて教えてください。

Jimmy Deanの課題は、実際には消費者がフレッシュロールソーセージを購入するのは年に1、2回、ほとんどの場合ホリデーシーズンだけという点でした。でも、当社は1年の他の時期にもJimmy Deanのことを考えてもらうきっかけを作りたかったのです。

人々にJimmy Deanフレッシュソーセージを「特別な機会」という箱から取り出してもらう方法を考え始めた時、わたしたちは自分自身に問いかけました。ソーセージを食べないなら、一番よく食べるのは何だろうという質問です。

このようにしてわたしたちは卵に注目し、平均的なアメリカ人は年間279個の卵を食べているというインサイトを発見しました。朝食の食卓にもっと頻繁に並びたいなら、まず卵から注目をハックして、Jimmy Deanを卵との相性がいい完璧なパートナーとして位置付ける必要がありました。

このキャンペーンでは、AR、VR、モバイルをどのように使いましたか。 そのテクノロジーを使うことが重要だった理由は何ですか。

機械学習を使用して、卵をスキャンした時にそれをすべて検出するようモバイルフィルターに学習させました。その後、SnapchatとAmazon Adsと提携して、消費者がスマートフォンで卵をスキャンするだけで、Amazonストアの「クーポン」をアンロックして、Jimmy Deanソーセージを無料で入手できるAR/VR体験を作り出しました。

「卵をソーセージに変えて」というメッセージをオーディオ、動画、ディスプレイなどのさまざまなAmazonチャネルに広げ、さらにパッケージにもメッセージを入れて、消費者の参加を促すことが可能だということが分かっていました。

こうしたクリエイティブな体験は、楽しく実用的な方法でブランドが消費者とつながるユニークな機会になります。

キャンペーンが実施された時、お客様はどのように反応しましたか。

消費者はブランドのAR体験に魅了され、ほぼ即座にコンバージョンに至るという反応でした。Snapchatでは、エッグスキャンレンズの平均再生時間は12.31秒(7〜10秒の平均を上回る)に達し、シェア率はアプリの平均を41%上回りました。1 エッグスキャンテクノロジーにより、Amazonストアのクーポンが75,000回以上閲覧され、400回以上ソーセージに引き換えられました。2 こうしたお客様の52%がブランド新規顧客でした。3 全体像を見ると、2019年の同時期と比較して28.7%の売上増加が見られました。これは、キャンペーン全体で通常のホリデーシーズンの購入時期以外でも効果的に認知度を高め、購入につながったことを示しています。4

キャンペーンの成功に対する貴社チームの反応はどうでしたか。 皆さんはベンチマークを超えることを期待していましたか。

エッグハックキャンペーンの企画プロセスとキャンペーンの運営の全期間を通じて、わたしたちは熱中しましたが、Amazon Adsとの連携がすぐに成功したのが分かった時はなおさらです。

このキャンペーンはいくつかの賞を獲得しています。なぜ目立ったのだと思いますか。

このキャンペーンが目立ったのは、インサイトとキャンペーン目標の両方がとても明確だったからだと思います。当社はすべての有料メディアにおいて、消費者に「卵はソーセージと一緒に食べるとおいしい」ことを思い出してもらうことを目指していますが、AR/VR体験はそれを実現する本当に楽しい方法でした。

このキャンペーンでのTyson FoodsとAmazon Adsのコラボレーションについてどう思いますか。

Amazon Adsとのコラボレーションは素晴らしかったです。Amazon Adsのブランドメディア体験についての深い理解がこのキャンペーンを実現させました。Amazon Adsのおかげで、消費者向けのアクティベーションを実際のリテールコンバージョンにつなげることができました。Amazon Adsに、新しい体験のためにAR/VRテクノロジーを使いたいと伝えたところ、彼らは熱心に取り組んでくれて、プログラムを必要な場所に配置するために山のような障害を乗り越えました。結果がそれを証明しています。

カスタム広告ソリューションについての詳細をご覧いただくか、ブランドがクリエイティブ戦略から得られるメリットについてご覧ください。

1~4 Tyson Foods、エッグハックキャンペーン、米国、2022年