ホリデーシーズンに向けて: おもちゃブランドがお客様とのつながりを深める方法

2021年9月1日 | 投稿者: Matt Miller氏、シニアコピーライター

プレゼントの相手が子供、友達あるいは親戚の場合でも、ぴったりのおもちゃを選ぶことが、楽しい時間を過ごすための第一歩です。ブラックフライデーとサイバーマンデーを目前に控え、お客様は大切な人への贈り物を探し始めています。プレゼントとして最適な人形、ゲーム、アクションフィギュアを探すためのショッピング過程で、ブランドはいくつかのポイントでお客様とつながり、実際に遊んで楽しい時間を過ごせるようサポートできます。

カナダの消費者1,000人を対象として、4月にAmazon AdvertisingがKantar社に委託したアンケートでは、おもちゃを購入した調査対象者のうち60%が購入前にAmazonにアクセスしており、オンラインで購入した調査対象者の74%がAmazonのストアでリサーチしていると回答しました1。この調査では、回答者の80%がギフトとして商品を購入していることがわかりました。贈り先は自分の子供が35%、孫が15%、その他が30%です2

ブラックフライデーとサイバーマンデーを間近に控える中で、ブランドがこれらの購入者と購入までの過程でつながることができるよう効果的な方法を紹介します。

おもちゃの購入者は購入前にオンラインで商品をリサーチしており、ブランドやお客様にとって重要な意味を持つ

リサーチプロセスは、理想のおもちゃを見つけるための重要なステップです。Kantar社のアンケートによると、カナダの購入者の64%が定期的におもちゃを購入しています3。これらの購入者には、すでに所有しているおもちゃと似ている新しい商品を定期的に購入する方、特典を受け取った方、すでに持っているおもちゃを買い換える方、もしくは誕生日やホリデーシーズンなどの特別な機会にギフトを購入する方が含まれます。また、これらの購入者の半数以上が購入前にオンラインでリサーチしています。Amazonで商品を閲覧したことがあると回答したこれらの購入者のうち、30%はオンラインでの検索中に商品が目に留まったと答え、25%は商品がセールまたはプロモーションの対象だったと回答しました4

購入者の多くは、このリサーチプロセス中に見つけたブランドに興味を引かれるため、見込み客とつながる絶好の機会となります。フルファネルの常時掲載アプローチを導入するブランドは、スポンサーブランド広告スポンサープロダクト広告、または動画広告などのサービスを活用することで、リサーチプロセス中のお客様にアプローチできるチャンスが広げることができます。

購入者は積極的に新しいブランドを見つけている

おもちゃ売場を歩くように、オンラインの購入者は、閲覧中に優れた新商品を積極的に見つけています。Kantar社のアンケートによると、購入者の64%はおもちゃを購入する際にブランドを決めておらず、積極的に広告とのエンゲージメントを深めています5。これらの購入者のうち、12%は1つのブランドを検討していたが最終的に別のブランドを選択、13%は複数のブランドを検討した後にショッピング過程の途中で最終的に決定、37%は特定のブランドを検討しておらず閲覧中に決定しています6

スポンサーブランド広告やスポンサープロダクト広告などのAmazon Advertisingのサービスは、ブランドの露出度を高め、オンラインで閲覧するお客様の関心を引き付けるのに役立ちます。一方ストアは、お客様のショッピングジャーニーの過程で、ブランドストーリーを伝え、商品の品揃えを紹介するのに役立ちます。

価格だけでなく、品質やおすすめ情報も重要

お得なセールで新しいおもちゃを入手できれば、気分も良いはずです。購入者は価格に高い関心を示しています。 Kantar社による調査対象者の31%は、適正な価格のためおもちゃを購入したと回答しています7。ただし、品質、レビュー、他の人からのおすすめ情報なども重要な決定要因です。複数のブランドを検討していた調査対象者のうち25%は、他の商品より品質が優れているため購入を決定しており、23%は家族や友人から勧められたため、23%が高いレビューや評価を獲得しているために購入を決めています8

Amazonのカスタマーレビューは、ショッピングジャーニーで購入者をサポートします。スポンサープロダクト広告などの機能でブランドのパフォーマンスを最適化するには、5件以上のカスタマーレビューと3.5以上の星評価を獲得している商品を広告に掲載することをお勧めします。

カスタマージャーニーは断片化しながらも一貫している

近年、お客様はオンラインまたはオフラインのいずれかで新商品を見つけるわけではありません。購入すべき商品を決めるために、複数のチャネルを積極的に利用しています。アンケートに回答したおもちゃの購入者の60%は、他の場所で商品を購入したかもしれないとしても、Amazonで検索を行っていました。購入前にオンラインでリサーチした調査対象者のうち74%は、AmazonまたはAmazonアプリが非常に役立つと回答しています9。購入者がAmazonのストアで商品を最終的に購入しなくても、Amazonで商品を閲覧している際に、多くのお客様のブランドとのエンゲージメントを深めている可能性があります。

ブラックフライデーとサイバーマンデーが近づく今こそ、ホリデーシーズンに先駆けて、ショッピングジャーニーの過程でお客様がブランドとどのように関わっているのかを理解できる絶好の時期です。

1~8 Kantar Amazon’s role in the path2purchase for toys、2021年5月