The Brief、2021年11月: AmazonとAmazon Adsからのニュース

2021年11月23日

AmazonとAmazon Adsからのニュースを毎月まとめてお届けするThe Briefへようこそ。今月のThe Briefでは、今年のホリデーシーズンにお客様にサービスを提供するAmazonの計画をご紹介します。さらに、ギフトを便利にするモバイルショッピングの新機能などもご紹介します。

Amazonに関する最新ニュース

今年のホリデーシーズンに向けたAmazonのプラン

最近、サプライチェーンの混乱が、お客様の買い物やホリデーシーズンの準備に大きな影響を与えるという話がよく聞かれるようになりました。Amazonでは、1月1日から、ホリデーシーズンの準備が始まります。その瞬間から、当社チームはホリデーシーズンに向けてお客様のニーズを満たすために懸命に働きます。ここでは、今年のホリデーシーズンに、お客様がどこにいても、欲しいものを欲しいときにお届けできるようにするために、サプライチェーンの計画、輸送、配送の各チームが行った投資の一部をご紹介します。

  • 当社は、お客様が欲し、必要としている商品をより正確に予測するための技術に継続的に投資し、お取引会社様や販売パートナーと密接に協力して、お客様の近くにあるフルフィルメントセンターに商品を確保しています。
  • 当社は、AからBへ物を運ぶ方法の選択肢を増やすために、人、航空機、船舶、建物などに投資してきました。また、お客様が必要とするときに適切なものを適切な場所に届けるための柔軟性を確保するため、サプライチェーン全体で強力なパートナーシップのネットワークを構築してきました。
  • Amazon Freightネットワークは、50,000台を超えるトレーラーの共同利用施設を運営しており、世界中で貨物を輸送しています。これらのトレーラーは何万もの中小企業によって運営されており、それらの中小企業は全体で何万人ものドライバーを雇用してこのような配送を可能にしています。
  • 全世界に800以上の配送拠点があり、配送プロセスに合わせて荷物を準備する何万人もの人材を雇用しています。また、当社の配送ネットワークは、当社のデリバリーパートナープログラムを通じて世界中で26万人以上のドライバーを抱えるまでに成長しており、また、何十万人ものAmazon Flexドライバーによって支えられています。これらのドライバーの方々こそ、お客様の玄関口にホリデーの魔法を届ける人々です。
  • また、当社は、こうした投資を通じて、お客様に迅速に納品するうえでのさらなるオプションを提供できています。セールの最後に駆け込みで商品を購入する購入者はマケプレ当日お急ぎ便よりも早く入手可能な何百万もの商品にアクセスでき、15の大都市圏では、5時間でクリックした注文商品が玄関に届きます。

モバイルショッピングの新機能でギフトが便利に

住所を知らなかったため、友人や大切な人にギフトを送る機会を逃したことは誰にでもあるでしょう。また、贈った相手がギフトを気に入らなかった場合に、返品する手間を省きたかったことがあるかもしれません。
Amazonプライム会員が受取人のEメールや携帯電話番号を入力するだけで、モバイルデバイスから即座にギフトを送ることができる新機能の提供が開始されました。

仕組み:

  1. Amazonプライム会員は、Amazonショッピングアプリでギフトとして購入可能な何百万もの商品を閲覧できます。適切なギフトを見つけてカートに追加したら「簡単返品用ギフト領収書を追加」を選択してチェックアウトに進みます。
  2. 配送先住所を選択すると、Amazonプライム会員に対して「受取人に住所を入力してもらう」という新しいオプションが表示されるようになりました。 その後、受取人のメールアドレスまたは携帯電話番号を入力できます。
  3. 受取人の方に、Eメールまたはテキストでギフトメッセージが送付されます。それから、ギフトの受け取りに合意し、Amazonアカウントから希望の配送先住所を入力することができます。
  4. また、ギフトに込められた気持ちを大切にしながら、受け取った人には商品をAmazonギフト券に交換する選択肢もあります。ギフトの贈り主に通知することなく、ギフト券を使い別の商品を購入することができます。

この新機能は、10月4日から米国のすべてのAmazonプライム会員を対象として、モバイルデバイスからのショッピングで利用できるようになりました。

成長を続けるAmazonのClimate Pledge Friendlyプログラム

お客様は、オンラインショッピングや実店舗でのショッピングを含め、日常生活の中でよりサステナブルな選択をする方法を模索しています。これが、AmazonがClimate Pledge Friendlyを立ち上げるに至ったきっかけの1つです。これは、誰もが簡単にAmazon内でよりサステナブルな商品を発見し、購入することができるプログラムです。

Climate Pledge Friendlyプログラムは立ち上げから1周年を迎え、米国とヨーロッパで成長を続けており、認定商品は増加しています。ビューティー、ウェルネス、アパレル、エレクトロニクス、家庭用品、食料品など、20万点以上の商品と1万以上のブランドがClimate Pledge Friendlyを通じて購入できるようになりました。

現在、政府機関、非営利団体、独立した研究所など36の外部認証機関と提携して、米国とヨーロッパのAmazonにおいて、よりサステナブルな商品を差別化して紹介できるようサポートを受けています。レインフォレスト・アライアンス認証、国際フェアトレード認証、米国農務省(USDA)のオーガニック認証など、すでにお客様に馴染みのある認証も多くあります。

また、当社は独自の認証である「Compact by Design」を開発しました。これは、空気や水の使用量が少なく、梱包材が少なくて済み、最終的に出荷効率が高くなる商品をお客様が選択するのに役立つようにするものです。このような商品のサイズや重量のわずかな違いが積み重なり、大幅な二酸化炭素排出量の削減につながり、自然界の保護にも役立ちます。

新しいインサイト

その瞬間に出会う

2020年は紛れもなく変化の年でした。これにより、私たちの世界と自分自身に対する見方も変わりました。消費者は、デジタルデバイスの前で過ごす時間が多くなり、世界中のモノやサービスに簡単にアクセスできるようになりましたが、その一方で、過剰な露出により、よりリアルな人とのつながりを求めるようにもなりました。

モノと情報の世界に簡単にアクセスできるようになった現代の消費者は、距離や時差の制約を受けることはありません。実際、10人中6人の消費者が以下の考え方に同意しています。 「私たちは、いつでも好きなときに、誰とでも関わり合い、何でもすぐに手に入る時代に生きている。これは素晴らしいことだ1。」 たとえばスペインでは、約80%の消費者がこの感情に同意しています。(米国61%、ヨーロッパ60%、スペイン79%2

当然のことながら、消費者は、友人家族、そして同僚と社会的に距離を置くことを余儀なくされたため、現在は人とのつながりをより強く求めています。現在、消費者はテクノロジーとの適切な接し方、そしてテクノロジーがもたらす利点とそれにより失われる人と人とのつながりについて考えています。

調査対象となった消費者の半数近くが、デジタルでのつながりによって、人生で本当に大切なものや人から遠ざかっていると感じています(米国48%/ヨーロッパ45%が同意3)。米国とヨーロッパの消費者の75%は、最近価値のあるものにもっと集中するように生活様式を変えました。

主導権をもつ消費者

今、消費者にどのようにリーチすべきかというバランスが変わってきています。ブランドは、テクノロジーを活用して、消費者が最もメッセージを受け取りやすい瞬間に、消費者のいる場所でメッセージを届ける必要があります。そして、そのメッセージは、消費者の欲求、ニーズ、信念と同調していなければなりません。

圧倒的多数の消費者(米国95%/ヨーロッパ92%)は、いつ、どこでブランドと接するかを自ら決めたいと考えています4

消費者が人間中心の体験やつながりを求めるようになった今、ブランドは消費者の言葉で、消費者が住むデジタル空間で消費者に語りかけるような体験を通して、オーディエンスとつながるべきときが
来ています。

コミュニティとインパクトを重要視

ブランドは、自分たちが何を支持し、誰の味方であるかを明確にすることで、消費者とより大きな信頼関係を築くことができます。今、消費者は、企業が社会問題について発言し、世界をより良くするために役割を果たすことを、これまで以上に期待しています。

消費者は社会問題に取り組むブランドから商品を購入する傾向が高くなっています。

  • 83%メキシコ
  • 70%ヨーロッパ
  • 66%カナダ
  • 55%米国5
米国英国ドイツフランスイタリアスペインカナダメキシコ
特にこのような困難な時期こそ、より多くのブランドが、世の中の役に立つように自分たちにできることをすべきです。83%87%87%89%88%91%88%95%
持続可能なビジネス習慣を持つブランドを積極的に探している60%5975%73%72%77%67%89%
私が注目している社会問題のために戦うブランドには、もっとお金を使っても良いと考えています55%59%65%62%72%74%55%76%

地域社会の将来への懸念

今日では、気候変動、社会的貢献、責任ある事業慣行などが、消費者の関心事の上位を占めています。世界中の消費者は積極的に世界を支援するブランドを求めていますが、ヨーロッパとメキシコの消費者は、そのようなブランドを探し出すためにさらに一歩進んで、より多くを支払う用意があります。これは、ブランドが社会変革の代弁者となる機会です。

表現の必要性

デジタルメディアのおかげで、消費者はより簡単につながることができるようになり、新たなアイデンティティの感覚を生み出し、見て、聞いて、理解してもらうことが容易になりました。これは、広告の多様性と表現の向上を求める声につながっています(米国72%/ヨーロッパ67%)6

消費者が多様な文化や経験に触れる機会が増えるにつれ、その世界観は広がっていきます。消費者の大多数は、自分は特定の国の国民というよりも地球市民であると感じています(米国52%/ヨーロッパ60%)7

消費者が広告でより多様な表現を求めるのは、このような新しい自己意識や、より大きな地球全体の一部であると感じていることを反映しています。

商品のアップデート

    1.Amazon DSPレポートセンターの無効なトラフィック(IVT)指標

    Amazon DSPは、レポートセンターで無効なトラフィック指標をローンチしました。カスタムレポートに、総インプレッション、無効なインプレッション、無効なインプレッション率、総クリックスルー、無効なクリックスルー、および無効なクリックスルー率の指標を追加できるようになりました。これらの指標は、2021年7月1日からご利用いただけます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、メキシコ、南米: ブラジル、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、中東: アラブ首長国連邦、サウジアラビア、アジア太平洋: オーストラリア、日本、インド。

    2.購入リマーケティングとカスタムルックバックウィンドウによって、スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスが拡大

    「購入リマーケティング」によりスポンサーディスプレイ広告のカスタムビルドのオーディエンスが拡張され、広告主様がリピート購入を促進し、ブランドロイヤルティを高めることができるようになりました。購入リマーケティング戦略は、Amazonでの過去の購入行動に基づいて広告主様がオーディエンスにリーチするのに役立ちます。広告主様は、自社商品、関連商品および特定のリテールカテゴリーの商品を過去に購入したオーディエンスを対象にリマーケティングできるようになりました。他のカスタム構築されたオーディエンスと同様に、広告主様は価格やレビューの星の数などの商品インサイトに基づいてキャンペーンを調整できます。
    今回のローンチでは、閲覧と購入の両方のリマーケティングオーディエンスに対して、カスタマイズ可能な「ルックバックウィンドウ」も追加されました。広告主様は、ショッピングアクション(商品詳細ページの訪問、または商品の購入)を実行したユーザーを含めるために、オーディエンスごとに期間(最大30日間)を指定できます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、メキシコ、南米: ブラジル、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、中東: アラブ首長国連邦、アジア太平洋地域: オーストラリア、インド、日本。

    3.スウェーデンでスポンサー広告とストアが利用可能に

    Amazon.seスポンサープロダクト広告スポンサーブランド広告ストアをご利用いただけます。スウェーデンでのビジネスの成長をサポートするために、これらのソリューションを検討することをお勧めします。たとえば、商品の宣伝による多くの買い物客へのリーチ、ブランドの宣伝によるブランドの認知度の向上、また新商品発売のサポートがあります。

    スウェーデンで利用可能

    4.Amazon広告コンソールにAmazonアトリビューションを導入

    Amazonアトリビューション(ベータ版)が広告コンソール内に導入されたため、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告、ストアなどの他のセルフサービス広告プロダクトと一緒に、Amazon外のチャネルの効果測定が利用できるようになりました。

    Amazonアトリビューションの効果測定は、Amazonブランド登録に登録されている大口出品者様と、米国、英国、カナダ、フランス、イタリア、スペイン、およびドイツでAmazon内に商品を出品しているお取引会社様が利用できます。

    5.Amazon DSPがニュージーランドに展開

    Amazon DSPは、オーディエンスのリーチと在庫をニュージーランドに拡大しました。このサービス開始により、オーストラリアとニュージーランドのセルフサービスの広告主様や代理店様は、Amazon所有管理のサイトやアプリ(AmazonやTwitch Videoなど)、パブリッシャーとの直接的な関係やサードパーティのアドエクスチェンジを通じて、運用型広告を使用してオーディエンスにリーチできるようになりました。

    アジア太平洋地域で利用可能: オーストラリア、ニュージーランド

    6.レスポンシブなeコマースクリエイティブが、カスタム画像と商品名をサポート

    レスポンシブなeコマースクリエイティブ(REC)のカスタマイズ機能が拡張され、広告主様は、分かりやすく簡潔にするために、サポートされる掲載枠に独自の画像を追加したり、広告コピーの商品名を編集したりできるようになりました。これらの機能は、世界中のすべての広告主様が利用できます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、メキシコ、南米: ブラジル、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、中東: サウジアラビア、アラブ首長国連邦、アジア太平洋: オーストラリア、インド、日本。

    7.Amazon DSPがスウェーデンと北欧諸国で利用可能に

    セルフサービスのAmazon DSPが、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、およびスウェーデンで利用可能になりました。北欧の広告主様や代理店様は、Amazon.se、Twitch動画、IMDb TVなどのAmazonが所有するサイトやアプリでも、パブリッシャーとの直接の関係やサードパーティのアドエクスチェンジを通じてオーディエンスが時間を費やすあらゆる場所でリーチできます。また、広告主様はAmazon DSPコンソールを介して、運用型ディスプレイ広告キャンペーンと動画広告キャンペーンをセルフサービスで利用し、管理や最適化を行い、レポートを使用できます。

    スウェーデンで利用可能

    8.スポンサープロダクト広告での診断ツールの使用

    診断ツールを使用して、広告主様はセルフサービス方式で広告やキャンペーンに影響する問題を簡単にトラブルシューティングできるようになりました。問題の診断は、自動入力されたドロップダウンメニューからキャンペーンを選択して実行できます。広告主様は、キャンペーンの配信に影響を及ぼしている問題を1分未満で確認できます。診断ツールでは、問題の詳細な説明と、問題を解決するための推奨手順も表示されます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、メキシコ、南米: ブラジル、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、中東: アラブ首長国連邦、アジア太平洋地域: オーストラリア、インド、日本。

    9.ブランド指標がAmazonで利用可能に

    ブランド指標は、Amazonストア内におけるカスタマージャーニーの各段階で、ブランドの機会を数値化する新しい効果測定ソリューションです。また、ブランドがカスタマージャーニーの各段階に影響を与えるさまざまなショッピングエンゲージメントの価値を理解するのに役立ちます。検討と売上を予測するモデルを使用して、自社のパフォーマンスを同業他社と比較する認知と検討の指標を利用できるようになりました。

    ブランド指標は、認知と検討のマーケティングファネルの段階にいるお客様の数を数値化します。これは、広告に由来するエンゲージメントだけでなく、Amazon内でのブランドとのすべてのショッピングエンゲージメントを測定するために大規模に構築されています。さらに、ブランド指標はショッピングジャーニーの各段階における主要なショッピングエンゲージメントを、エンゲージメント収益率と合わせて分析することで、検討イベントや購入後の過去の売上を測定できます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、英国、アジア太平洋地域: 日本。

    10.買い物客がAmazonでブランドをフォローする新しい方法

    ブランドフォローが拡張され、買い物客がAmazonストアでお気に入りのブランドをフォローしやすくなりました。購入者は「フォロー」ボタンをタップするだけでブランドをフォローできます。この機能は、ストアPostsAmazon Liveなど、日常的なショッピング体験の一部として含まれています。買い物客がAmazonのトップページを訪問すると、フォローしているブランドのお得な情報が表示されるようになりました。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国。

    11.広告主様はAmazonブランドリフト(ベータ版)を使用して、ブランドマーケティングの効果測定が可能に

    広告主様は、Amazon DSPコンソール内からセルフサービスでAmazonブランドリフト調査を設計して開始し、そのレポートを確認できるようになりました。Amazonブランドリフトは、認知、購買意図、広告想起などのマーケティング目標が、Amazon Adsのキャンペーンによってどのように推進されているかを定量化するのに役立ちます。AmazonブランドリフトにはAmazon Shopper Panelが使用されています。これは、招待制のオプトインプログラムであり、参加者は、Amazon.com外での購入の領収書を共有するか、スタンドアロンのモバイルアプリ内から短いアンケートを完了するかを選択して、毎月の報酬を獲得できます。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国。

    12.Amazon Marketing Cloudで説明クエリが利用可能に

    広告主様はAmazon Marketing Cloud(AMC)WebベースUIで説明クエリライブラリにアクセスできるようになりました。このライブラリはSQLクエリのリポジトリであり、AMCユーザーが直接利用したり、一般的な測定や分析のユースケース用にカスタマイズしたりできます。各説明クエリには、ビジネスコンテキスト、使用指示、およびクエリ結果の解釈のガイダンスが含まれています。説明クエリの例としては、コンバージョンに至る過程などの一般的な測定ユースケースに対応するものから、正規表現を使用してテキストフィールドをフィルタリングする方法を広告主様に教えるテクニカルクエリまで多岐にわたります。

    利用可能な地域は以下のとおりです。北米: 米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ: ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、中東: アラブ首長国連邦、アジア太平洋地域: オーストラリア、日本、インド。

ソース

1~7「Higher Impact: The importance of value-driven marketing」、Amazon AdsおよびEnvironics Research、2021年