スポンサープロダクト広告がMRC認定を受ける

2022年4月19日 | 投稿者:Rahul Uppal、Nicole Kocherov

スポンサープロダクト広告は、シンプルなセルフサービス広告を提供することにより、Amazonの販売パートナーが商品の見つけやすさを高め、ストアでの売上を伸ばすうえで役立ちます。スポンサープロダクト広告は、キャンペーン作成とターゲティングおよび入札額の最適化などの自動サポートを通じて、広告主様のマーケティング目標を支援するために設計されたクリック課金制(CPC)広告ソリューションです。スポンサープロダクト広告を使用すれば、広告主様は商品リストから数分で広告キャンペーンを開始できます。

広告主様のマーケティング費用に対する透明性および管理を提供するという取り組みの一環として、Amazonは最近、スポンサープロダクト広告に関するメディア・レイティング・カウンシル(MRC)によるクリック効果測定の独立監査と調査方法のレポートを完了しました。

MRCがAmazonストア全体の掲載枠について高度な無効トラフィックフィルタリングを含むスポンサープロダクト広告のクリック指標を認定したことを嬉しく思います。MRCは、クリックレポート業界標準への準拠が検証された広告サービスを認定します。

1960年代に設立されたMRCは、メディアおよび広告効果測定の最低基準を確立し、その基準への準拠を検証するための認定プロセスを管理する非営利団体です。MRCは独立CPA監査を活用します。これはMRCに代わって効果測定サービスプロバイダーをチェックするもので、MRCが関与しています。一度認定されると、効果測定サービスは認定を保持するために毎年監査を受ける必要があります。

「ストアでのお客様のショッピングおよび発見体験の向上に対する情熱を共有する広告主様と協力できるのは光栄なことです。私たちは、お客様のビジネスを成長させる能力を最大化するツール、サービス、指標を提供できるよう尽力しています。私たちはMRCに感謝しており、この認定につながった高い基準を維持するためにMRCと協力していきたいと思っています」と、Amazon Adsのスポンサープロダクト広告担当副社長であるMuthu Muthukrishnan氏は述べています。

MRCのエグゼクティブディレクター兼CEOであるGeorge W. Ivie氏は次のように述べています。「スポンサープロダクト広告の提供において、SIVTでフィルタリングされたディスプレイおよび検索クリック指標に関してAmazon AdsがMRC認定を取得したことは素晴らしいことです」とコメントしています。「MRC認定を受けるには、Amazon Adsが実施しているように、サービスが有効で透明性のある効果測定を提供していることを示す必要があります。広告効果測定商品の監査範囲が今後数か月にわたって拡大していくAmazonと今後も協力していきたいと思っています」。

スポンサープロダクト広告についての詳細はこちら